古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
最近観た映画(2011.12.31)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_23423948.jpg『SOUL RED 松田優作』(2009/日本)
【監督】御法川修
★★
時折挿入される松田優作自身の声、その発言が一番面白かった。 他の出演者達が、「優作さんは凄いんですよ」と連呼しているが、それほど興味を惹かれなかった。 このドキュメンタリーの内容構成は、過去の作品映像が大半と、他の出演者達のエピソードをつないだものであり、面白さという点において完成度は低い。 松田優作自身の声、発言、思想などに魅力を感じただけに、もっともっと、松田優作自身の映像や声を聴きたかった。 というか、そういう構成にして欲しかった。


c0073737_234721.jpg『活きる』(1994/中国)
【監督】チャン・イーモウ
★★★
1940年代から60年代を舞台に、中国のある家族の一代記を描いた作品。 博打で屋敷を手放し、戦争では死の淵を彷徨い、二人の子供は死んでしまう。 それでもなお人間は生き続けなければならない。 人間は弱くもあるが、時間を経るにつれ、辛い出来事を乗り越え逞しくまた生きていく。 その躍動感に満ちた人生を『活きる』と題し、描いて終わるのだが、どうも単調だし、尺も長いのがひっかかる。 チャン・イーモウはこの手の人情劇を撮らせると抜群に良い味を出せる監督だが、本作は変にスケールを大きくしてしまったせいで、初期の作品群に感じられた素朴な味わいが消えてしまっているように感じた。 後のワイヤーアクション大作で、それまでのファンを置き去りにしたチャン・イーモウが、その片鱗を見せた作品だと感じる。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-12-31 23:48 | ◆映画関連 その他
最近観た映画(2011.12.29)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_8333028.jpg『ココダケノハナシ ~短篇.jpルーキーズ第3弾~』
(2008/日本)
【監督】夏目大一朗/吉村真悟/瀬川浩志/真壁幸紀/浅野晋康/真田幹也
★★★
オムニバス映画だが、元々はWEBで配信された作品らしい。 軽い作りはいかにもWEB配信作品という感じだが、かえってそれが短編オムニバスのテンポの良さに一躍かっている。 全部で6話あり、一本あたり10分程度の尺。 その中で一番気に入ったのが、第5話の『キッスがしたい』だ。 話自体もピュアで良いが、キスをする二人に熱く意見をはさむ女性の演技が素晴らしかった。 実に熱のこもった演技で、それなりの作品でこの演技を見せていたら、助演女優賞とか獲れるんじゃないか、と思わせる素晴らしい演技だった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-12-29 08:38 | ◆映画関連 その他
森田芳光監督急死!
『家族ゲーム』で名を馳せ、1980年代から1990年代の最強日本人監督、森田芳光氏が2011年12月20日、肝不全の為、お亡くなりになられました。

『の・ようなもの』で天才の片鱗を見せつけ、代表作『家族ゲーム』で世間を驚かせ、『(ハル)』で時代を先取りした名監督が急死したのは、非常にショックでした。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。



管理人
にじばぶ
 
[PR]
by nijibabu | 2011-12-22 12:25 | ◆映画関連 その他
最近観た映画(2011.12.17)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_5241695.jpg『悪人』(2010/日本)
【監督】李相日
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_5261517.jpg『魚座』(2000/韓国)
【監督】キム・ヒョンテ
★★★
ある女性がある男を好きになったが、その愛は実らず、片思い。 その片思いは次第にエスカレートしていき、ついには悲恋の道を辿る・・・ およそ、こんな内容だが、どうにも猟奇的で恐ろしい。 しかし、恐ろしいのに、同時に清々しさまで感じてしまうという内容で、最後まで目が離せなかった。 女性特有の一途な愛の形というか、男の私には理解しきれない凄みがあった。 これは女性向けの映画だろうと個人的には思うが、「女性とはこんな生き物なのか?」という観点において、男が観ても別の意味で楽しめるかもしれない。 だけど、自分がこの男の立場に置かれたらどうだろうか? とてもじゃないが、生きた心地がしないだろうし、迷惑極まりない。 一方通行な愛は、単なるエゴで愛の強要である。 腑に落ちないのは、ラストで男が女の持つ店に車で駆けつけるところ。 いくら自分のことを誰よりも愛してくれる女性の存在に気づかされたとしても、こんなストーカー行為をされた男が、果たしてこの女に歩み寄るだろうか? いや、男は決して歩み寄らない。 それどころか、ますます逃げることだろう。 少なくとも私ならそうだ。 そういった点においても、男の特性を無視した内容で、とことん女性の為の映画だなぁ、と一種の感心に近い気持ちにさせられた。 猟奇的なまでの女性の片思いを徹底的に描ききったという意味において、極めてシンプルな内容の恋愛映画だ。


c0073737_528161.jpg『告白』(2010/日本)
【監督】中島哲也
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_5302459.jpg『ハッシュ!』(2001/日本)
【監督】橋口亮輔
★★★★
同性愛ものという時点で既に自分にとってNGだし、高橋和也の演技も気色悪いのだが、それでもなお且つ楽しめたのだから不思議だ。 なんというか、世の中のはみ出し者同士が、傷を舐め合うような内容で、どちらかというと弱者を描いている。 そこに傲慢さは感じられず、何だか謙虚で繊細な映画だなぁ、と感じ入った。 人間的な優しさを感じさせる映画である。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-12-17 05:31 | ◆映画関連 その他
現在、私が抱えている宿題映画の一部を公開!!
「現在、私が抱えている宿題映画の一部を公開!!」

というわけで、長年、リストに「宿題映画」をメモってきましたが、その一部を公開したいと思います。


(順不同)
友よ、静かに瞑れ
好き
卒業
Happy! School Days!
血と砂
遊び
好色一代男
刺青
赤い天使
夢のまにまに
鈍獣
オアシス
シークレット・サンシャイン
太平洋ひとりぼっち
復讐するは我にあり
ふたり
はなれ瞽女おりん
魚影の群れ
それから
ハワイ・マレー沖海戦
オール・アバウト・マイ・マザー
ランブルフィッシュ
ロング・グッドバイ
ノーカントリー
輝ける青春
鏡の女たち
黒薔薇昇天
祭りの準備
カナリア
パリの大泥棒
ビバ!マリア!
アラモベイ
天使の眼、野獣の街
SPL/狼よ静かに死ね
春との旅
愛の予感
ワカラナイ
太平洋奇跡の作戦 キスカ
鬼が来た!
劇場版 フランダースの犬
パイラン
キサラギ
絶対の愛
アパートメント
ジャッカルの日
女番長 野良猫ロック
Sweet Rain 死神の精度
セリーヌとジュリーは舟でゆく
4ヶ月、3週と2日
ミスター・ロンリー
グミ・チョコレート・パイン
赤い文化住宅の初子
水の中の八月
愛の奴隷
ルー・サロメ
水の中のナイフ
風の丘を越えて/西便制
誰かがあなたを愛してる
PLASTIC CITY プラスティック・シティ
カップルズ
黄色い大地
すべての些細な事柄
いのちの食べかた
愛さずにいられない
エブリデイ・イズ・バレンタイン
息子のまなざし
子猫をお願い
エグザイル/絆
機械じかけのピアノのための未完成の戯曲
ルート225
エロティックな関係
夜の上海
四川のうた
あの日、欲望の大地で
バンコック・デンジャラス
パピヨン
ガルシアの首
ドラゴン危機一発
ばかのハコ船
素直な悪女
気まぐれな唇
母たちの村
迷子の警察音楽隊
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
眼下の敵
パプリカ
悪い男
母なる証明
リミッツ・オブ・コントロール
狙った恋の落とし方。
人斬り
ジャガーノート
女囚701号 さそり
大殺陣
薔薇の葬列
ブラック・レイン
餌食
華氏451
大地のうた
不倫純愛
ヒズ・ガール・フライデー
はつ恋
上意討ち 拝領妻始末
ヒロシマナガサキ
IP5/愛を探す旅人たち
日本暗殺秘録
1000の瞬き
暗黒街の弾痕
現代人
昭和残侠伝 死んで貰います
神様の言うとおり ~短篇.jpルーキーズ第1弾~
スイッチ! ~短篇.jpルーキーズ第2弾~
芙蓉鎮
カリートの道
痴漢ドワーフ
汚れた顔の天使
ボーン・アルティメイタム
極道戦国志 不動
八日目の蝉
BIUTIFUL ビューティフル
一命


って感じで、ほんの一部です。
ほとんど手元に焼いてあるか、HDDに保存してありますが、時間が無くてなかなか観れません。
 
[PR]
by nijibabu | 2011-12-09 22:58 | ◆映画関連 その他
告白(2010)
c0073737_2344099.jpg告白』(2010)

上映時間:106分
製作国:日本
ジャンル:サスペンス/ドラマ/学園

監督:中島哲也

原作:湊かなえ『告白』(双葉社刊)
脚本:中島哲也
撮影:阿藤正一/尾澤篤史
美術:桑島十和子
主題歌:レディオヘッド『Last Flowers』


出演:松たか子木村佳乃岡田将生/西井幸人/藤原薫/橋本愛/天見樹力/一井直樹/伊藤優衣/井之脇海/岩田宇/大倉裕真/大迫葵/沖高美結/加川ゆり/柿原未友/加藤果林/奏音/樺澤力也/佳代/刈谷友衣子/草川拓弥/倉田伊織/栗城亜衣/近藤真彩/斉藤みのり/清水元揮/清水尚弥/田中雄土/中島広稀/根本一輝/能年玲奈/野本ほたる/知花/古橋美菜/前田輝/三村和敬/三吉彩花/山谷花純/吉永アユリ/新井浩文/山口馬木也/黒田育世/芦田愛菜/山田キヌヲ/鈴木惣一朗/二宮弘子/高橋努/金井勇太/野村信次/ヘイデル龍生/吉川拳生/成島有騎/小野孝弘/三浦由衣/前田想太/

◆香港電影金像奨(香港アカデミー賞):アジア映画賞
◆日本アカデミー賞:作品賞/監督賞/脚本賞/編集賞
◆ブルーリボン賞:作品賞/助演女優賞(木村佳乃)


*****************************************************
c0073737_03417100.jpg 2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督、「ヴィヨンの妻」の松たか子主演で映画化した戦慄のエンタテインメント復讐劇。とある中学校の終業日。1年B組の担任・森口悠子は、ある告白を始める。数ヵ月前、シングルマザーの森口が学校に連れてきていた一人娘の愛美がプールで死亡した事件は、警察が断定した事故などではなく、このクラスの生徒、犯人Aと犯人Bによる殺人だったと。そして、少年法に守られた彼らを警察に委ねるのではなく、自分の手で処罰すると宣言するのだった。その後、森口は学校を辞め、事情を知らない熱血教師のウェルテルこと寺田良輝が新担任としてクラスにやってくるが…。(「TSUTAYA online」より。)
*****************************************************

c0073737_0255128.jpg冒頭でいきなり、殺された幼児の母親である松たか子が、殺人事件の顛末を「告白」し、それから関連人物が次々に事件にまつわる枝葉を「告白」していくという、異色の構成。


何人もの「告白」がなされ、次第に明かされていく殺人事件の真相。

映像的に暗めのトーンで展開される、このシリアスな物語は、終盤に向かって息つく暇もなく展開していく。


この展開の仕方が見事で、全く飽きさせない。

物語の構成と暗い色合いの映像とがマッチして、独特の雰囲気を醸し出しているのも良い。


c0073737_0262187.jpgただどうだろう、とびぬけて傑作かと聞かれたら、そうでもないと答えてしまうだろう。

生悪説を前提に、中学生という「少年」が残虐な行為をするという決めつけが少し極端な気がする。

確かに、人の心の痛みを十分には知らない少年が、相手の痛みを理解できず、残虐な行為をするパターンというのはよくある話だけれど、松たか子が担任していたクラスの少年たちは、全員が皆同じように残虐であり、同じような行動パターンをとる。

それが何だか、作り物的な風合いを感じてしまう。


そして無能な他の教師たちの描き方も極端。

熱血教師に恨みでもあるのかと思ってしまう。


c0073737_027735.jpg総じて面白く、同年に製作された「悪人」と賞を競り合っただけのことはあった。

だが、「悪人」にしてもそうだが、胸がすくような、心が打ちのめされるような突き抜けた何かが感じられないのだ。


中島哲也監督は、現在において、間違いなくトップクラスの監督だと思うが、期待が大きいだけに、この程度の作品でまとまって欲しくない。

もっともの凄い作品を、今後に期待したい。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2011-12-05 00:33 | ◆映画レビュー