古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
都内レンタルビデオ屋の雄「ヴイ・レックス」閉店(PART2)
今日も昨日に続き行ってきました。

今日こそは大量に買って帰ろうと意気込んで入店しましたが、結局19本どまりでした。

山手線を経由して1時間かけてビデオテープを持ち帰るには、物量的に19本辺りが限界と知った次第です・・・


c0073737_2335134.jpg

こんな感じです。

部屋が中古ビデオの山になりました。
まあ、貴重な機会ですから、こんな部屋の風景もたまには良いでしょう。



・機械じかけのピアノための未完成の戯曲(ニキータ・ミハルコフ)
・黄色い大地(チェン・カイコー)
・ルージュ(レスリー・チャン主演)
・園子温ファンタ・ジア
・花の影(チェン・カイコー)
・大地のうた
・大河のうた
・大樹のうた
・インドシナ
・Uボート
・野獣死すべし
・はつ恋(田中麗奈主演)
・ふたり(大林宣彦)
・日本のいちばん長い日
・魅せられて四月
・成功の甘き香り
・巌窟の野獣
・シルビーの帰郷
・血と砂(岡本喜八)

の19本です。

 
[PR]
by nijibabu | 2012-02-27 23:43 | ◆映画関連 その他 | Comments(8)
都内レンタルビデオ屋の雄「ヴイ・レックス」閉店
当ブログでお世話になっている、かっぱ太郎さんから教えて頂いたばかりのレンタルビデオ屋さん、「ヴイ・レックス」さんが、今月いっぱいで閉店というニュースを知りました。

ツタヤ全盛の時代において、これだけのマニアックで貴重なビデオ在庫を誇るレンタルビデオ屋さんも、都内広しと言えど、そう簡単に存在するものではありません。

そんな「ヴイ・レックス」さんを知って3週間。
足しげく毎週通っていましたが、あまり早すぎるお別れとなってしまいました。

閉店処分セールをやっていましたので、とりあえず手に持てるだけ買ってきました。
19本を購入しました。

c0073737_2313257.jpg

針の眼(リチャード・マーカンド)
殺し屋たちの挽歌(スティーヴン・フリアーズ)
花火降る夏(フルーツ・チャン)
ドリアン ドリアン(フルーツ・チャン)
美しすぎて(ベルトラン・ブリエ)
アナとオットー(フリオ・メデム)
ミュージックボックス(コンスタンタン・コスタ=ガヴラス)
インディア(ロベルト・ロッセリーニ)
春の惑い(ティエン・チュアンチュアン)
ハメット(ヴィム・ヴェンダース)
ニックス・ムービー/水上の稲妻(ヴィム・ヴェンダース)
友よ、静かに瞑れ(崔洋一)
黒いドレスの女(崔洋一)
蜜の味(トニー・リチャードソン)

この三人(ウィリアム・ワイラー)
穴(市川崑)
マダムと泥棒(アレクサンダー・マッケンドリック)
ビバ!マリア(ルイ・マル)
欲望の翼(ウォン・カーウァイ)


以上の19本です。


 
[PR]
by nijibabu | 2012-02-26 23:41 | ◆映画関連 その他 | Comments(6)
最近観た映画(2012.2.23)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_5313813.jpg『ジャンヌ・ダルク裁判』(1962/フランス)
【監督】ロベール・ブレッソン
★★★
ジャンヌ・ダルクに関する話なので、内容は既に知っていた。 興味は、ロベール・ブレッソンが、その題材をどう料理するかであった。 結果として、ジャンヌに関する裁判が中心テーマになっており、史実に極めて忠実なる内容だった。 又、火刑に処せられるシーンは、間接的な描写に留まり、むごたらしさはそれほど感じられない。 ブレッソンは、ジャンヌという人物にまつわる伝記を、映像に残したかった。 ただ、それだけだったように思う。 それが賛否を分けると考えるが、個人的にはただ観流した感じに終わってしまった。 裁判のシーンが断続的にただ流れるのを観るのは、正直、退屈感があり、決して面白いとは言えない。 というより、この題材自体が面白いものではない。 楽しむために観る作品ではなく、ブレッソンスタイルそのままに、有名なジャンヌ・ダルクの最期を、映像として観るというスタンスが、正しい観方のような気がする。


c0073737_5333837.jpg『おとうと』(2009/日本)
【監督】山田洋次
★★★★★
素直に感動した! 吉永小百合の演技が素晴らしい。 単なる綺麗な女優さんではなくなっていた。 そしていつまでも美しい。 山田洋次監督作品を観るのはこれで60本目。 山田監督の名だたる作品群の中でも、本作は決して劣らない1本だと思う。 一人の人間の荘厳な死を見届ける。 実に身に迫るテーマ。 いずれ私も誰かを看取り、私自身もいずれは看取られる。 誰にでも必ずや起こる当たり前の出来事。 それを真っ向から演出した山田監督の力量は、流石だと言わざるを得ない。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2012-02-23 05:34 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2012.2.18)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_9362211.jpg『裸の十九才』(1970/日本)
【監督】新藤兼人
★★★★
新藤兼人監督の作品はそれなりに観てきたが、本作が個人的には一番。 主人公の生い立ちを丁寧に描くことで、暴発する要因となった背景が浮き彫りにされている。 集団就職で東京に出てきたが、仕事から何から全てがうまくいかず、歯車が狂う。 だがそれはきっかけに過ぎない。 主人公が暴走し、連続殺人を犯すに至った根本的要因は、その生い立ちにあった。 不遇な生い立ちを経て大人になった人間は、一生、その不幸な生い立ちを背負い続けねばならない。 それを、監督の新藤兼人は訴えたかったのだと思われる。 勿論、不幸な生い立ちを経験した全ての人間が殺人を犯すわけではない。 だが、大なり小なり、社会で疎外感を感じるであろうことは、想像に難くない。 ただその一方で、目を覆いたくなるほど凄惨なシーンが、主人公の生い立ちを描く部分において沢山出てくる。 これにはさすがに暗い気持ちになった。 暗い気持ちになる映画は、あまり好きではないが、作品の重厚さとメッセージ性の強さが秀でているので、映画として十分に楽しむことができた。


c0073737_9381682.jpg『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』
(2008/アメリカ・シンガポール)
【監督】デイヴ・フィローニ
★★★★
いつも映画鑑賞のご参考にさせて頂いている用心棒さんが絶賛されていたので観てみた。 これがおっしゃる通り、素晴らしい出来。 新3部作は、元々CG部分が多いので、違和感なく観ることができた。 話としては、おそらくエピソード2と3の間、すなわち「クローン戦争」を題材にしていると思われるが、2と3をつなぐ作品として、有意義な内容となっている。 アナキンがアナキンに見えないのはご愛嬌としても、SW好きの私からすると、おまけをひょんなことから観ることができた感覚で、嬉しさ倍増。 SW好きの体が反応してしまった。 また、SWシリーズを観返したいと思ったほど、SW魂に火がついた格好だ。 例えば、本作のようなCGアニメで良いので、エピソード7以降も作品にしてくれたら有難い。 勿論、実写の方が良いに決まっているが、実写が無理なら全然CGアニメでOK! いやー、それにしても良かった! 久しぶりにSWの世界に引き戻された感覚だ。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2012-02-18 09:40 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
【訃報】女優の淡島千景さんが死去
日本映画黄金期に活躍し、近年でも尚、ご活躍されていた数少ない女優の一人、淡島千景さんが2月16日、膵臓がんでお亡くなりになられました。
享年87歳でした。

どんどん往年の俳優・女優さんが、お亡くなりになっていきます。
特に淡島千景さんは、最近まで現役でテレビなどにも出演されていた方なので、余計に寂しい思いがします。

謹んで哀悼の意を表します。



管理人
にじばぶ


 
[PR]
by nijibabu | 2012-02-17 10:13 | ◆映画関連 その他 | Comments(2)
【訃報】女優の三﨑千恵子さんが死去
映画『男はつらいよ』で、寅さんのおばちゃん役でお馴染み、女優の三﨑千恵子さんが、2月13日にお亡くなりになられました。
享年92歳でした。

『男はつらいよ』全48作の全てに出演した、数少ない出演者の一人でした。

謹んで哀悼の意を表します。



管理人
にじばぶ


[PR]
by nijibabu | 2012-02-17 10:10 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
【訃報】元大相撲力士、久島海啓太氏死去
久島海啓太氏が2月13日に急死されました。
享年47歳でした。

私は映画好きであると同時に、大の大相撲ファンでして、久島海啓太氏の急死のニュースは大変ショックでした。
元々、心臓が弱かったそうです。


久島海啓太氏は、学生相撲出身の方の中では、最も偉大な記録を残された方です。

高校時代に3年連続高校横綱。
更には、アマチュア横綱(略してアマ横綱)のタイトルも獲得。

高校生でアマ横綱になるためには、高校生でありながら、大学生や社会人などに混じって、トーナメントで優勝する必要があります。
これがいかに凄いことか。
ちなみに、高校生でのアマ横綱は史上初の快挙でした。

その後、大学生になった久島海啓太氏は、3年連続学生横綱という、これまた快挙を成し遂げます。
大学4年間で、凄い人でも普通、学生横綱に1回輝けば、十分な実績で、大相撲の世界で優遇処置がなされます。
それを久島海啓太氏は、3年連続で成し遂げたのです。
大学時代に獲得したタイトル(優勝したトーナメント)は、合計で28個。
これまた史上初の快挙です。

こうして“快挙”、“史上初”を連発し、文字通り鳴り物入りで大相撲界にデビューした久島海啓太氏。

残念ながら、大相撲界では大きな実績を残せませんでしたが、こうした偉大な実績を残した方が、大相撲界にデビューしたニュース自体がセンセーショナルな出来事でした。

47歳という、あまりにも早すぎる死。
久島海という名をよく知る人にとっては、あまりに哀しい訃報でした。

謹んで、哀悼の意を表します。



管理人
にじばぶ
 
[PR]
by nijibabu | 2012-02-17 10:05 | Comments(0)
最近観た映画(2012.2.12)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_9324532.jpg『アンナ・カレーニナ』(1997/イギリス・アメリカ)
【監督】バーナード・ローズ
★★★
実に14年ぶりに再見。 よっぽどのお気に入り作品でない限り、基本、二度は同じ映画を観ないのだが、これはどうしても気になって再見するにいたった。 それはやはりソフィー・マルソーの魅力に尽きる。 この時30歳を超えていたはずだが、妖艶な魅力と同時に、幼ささえも感じるから素晴らしい。 実に悲劇的なお話で、目を背けたくなる内容。 だが、命をかけた愛というものの凄みを堪能できた。 全てを捨てて愛に走るというのは、言葉ではたやすいが、実際にはこの映画の内容の様に、過酷であり残酷な結末をたどるのだろう。 そういった内容を絶妙に表現した内容は、原作の素晴らしさに起因するところだろう。 トルストイなんて、名前しか聞いたことがないが、この映画を通して、その凄さを知ることができた。


c0073737_9345976.jpg『スミス都へ行く』(1939/日本)
【監督】フランク・キャプラ
★★★
いかにもアメリカのクラシック映画という感じで、最初は嫌気がさしたが、観てみると意外にも入り込みやすく、普通に楽しめた。 お気楽アメリカ人が描く、理想物語の範疇からは逃れられないものの、純粋たる人間の根性と意気込みを観た気がして、悪い気分にはならない。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2012-02-12 09:35 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2012.2.9)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_9545165.jpg『ゲルマニウムの夜』(2005/日本)
【監督】大森立嗣
★★★
元々、暗めのトーンでカメラが引き気味の映像って好みじゃないのだが、それ以上に内容が生理的に合わなかった。 ただグロテスクだけならともかく、生理的に合わない。 むしろ、はっちゃけたグロ映像ならそれはそれで刺激的で楽しめるが、本作のそれは地味にグロテスクな描写を間接的に映しているだけで、面白みや刺激性に欠けるのである。 退屈はしない内容だが、確実に観る人を選ぶ映画であり、私にとってはストーリーうんぬんより、クドイようだが生理的に合わなかった。


c0073737_1012557.jpg『ヘッドショット』(2011/タイ・フランス)
【監督】ぺンエーグ・ラッタナルアーン
★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_1061587.png『二百萬人還る(人生への回帰)』(1949/フランス)
【監督】アンドレ・カイヤット/アンリ=ジョルジュ・クルーゾー他
★★★
5話からなるオムニバス映画。 第二次大戦後、大量の捕虜がフランスへと帰還した。 戦勝国とはいえ、5年も町を離れていた帰還兵たちにとって、種類は違えど、様々な苦悩が彼らを待ち受けていた。 5話の中で、4話目と5話目を撮ったジャン・ドレヴィル監督の作品が素晴らしかった。 全く知らない監督だが、素晴らしい短編を撮る監督だ。 この監督の撮った長編映画を観てみたいものだ。 逆に期待していたアンドレ・カイヤットとアンリ=ジョルジュ・クルーゾーの作品は普通の出来で残念。 こういう何人もの監督が競作する形で作られたオムニバス映画って、短編でこそ力を発揮したりする監督がいたりして、意外性があって面白いという見方もある。 やはり、オムニバス映画はなんだかんだ言って好きだ。 次は同じくオムニバス映画の『七つの大罪』でも観よう!




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2012-02-09 10:08 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
ヘッドショット
c0073737_18263673.jpgヘッドショット』(2011)

上映時間:105分
製作国:タイ/フランス
ジャンル:ドラマ/犯罪もの


監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン

脚本:ペンエーグ・ラッタナルアーン






第24回東京国際映画祭コンペティション参加作品

*****************************************************
 実力派ラッタナルアーン監督(『地球で最後のふたり』)の新作は、警官からヒットマンに転向した男の命運をダークな画質で描くハードボイルド・スリラー。善と悪の境目にいる男を通じ、価値観の逆転を奇抜な発想で問う監督の才気が光る。(「タイランドハイパーリンクス」より。)
*****************************************************

c0073737_18351071.jpg私の一番好きな監督であるペンエーグ・ラッタナルアーンの最新作が、東京国際映画祭のコンペ部門で上映されるときき、観に行った。


月曜日の夜9時過ぎから六本木ヒルズで上映という、まことに過酷なタイムスケジュール。

それでも観に行くだけの魅力を感じる監督なので、次の日の撃沈を覚悟して足を運んだ。


本作は、ペンエーグ・ラッタナルアーンが得意とするサスペンスものである。

ハズレは無いと確信しつつも、期待が大きいだけに一抹の不安も。


c0073737_18353618.jpg時間軸が複雑に前後する構成だが、やや分かりにくい。

得意とするサスペンスもので、東京国際映画祭のコンペ出品ということで、賞も狙えるかと思ったが、やや厳しい分かりづらさ。

ただ、こういった時間軸の交錯するサスペンスものって、一般受けもいいので、私の好みとは別に高い評価を受ける可能性はもちろんあるだろう。


結論としては、ペンエーグ・ラッタナルアーン監督作品で今まで観た中では、最下位という私的な評価だ。

c0073737_1836934.jpg映像はやはりペンエーグ・ラッタナルアーンらしさが抜群に出ていて、特に薄暗い森林でのシーンは、ペンエーグ・ラッタナルアーンにしか撮れないであろう特別な魅力を感じ、わくわくした。


しかし、それ以上に話がくどくて飽きがきてしまった。

話が堂々巡りというか、何が正義で何が悪かをしつこく追い過ぎている。

正義と悪の価値観の逆転に継ぐ逆転を、めまぐるしく描いたという意味で、評価される可能性はあるが、どうにもくどさが目立ち、最後にいつ終わるのか?という致命的な状態になった。


ストーリーテーラーとしてのペンエーグ・ラッタナルアーンの才能には、やや疑問を持ち始めてしまった。

でもこれは決してペンエーグ・ラッタナルアーンを嫌いになったとかではない。

ペンエーグ・ラッタナルアーン監督に私が期待することが明確になっただけである。


c0073737_18364184.jpgペンエーグ・ラッタナルアーン監督は、飛びぬけたセンスと個性を映像から感じることのできる稀有な監督である。

脚本は平凡な内容でいいので、その独自の映像美を、全面に押し出した作品を観てみたいと思った次第である。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2012-02-05 18:36 | ◆映画レビュー | Comments(0)