古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
【訃報】新藤兼人監督、100歳にて大往生。
新藤兼人監督が100歳にて大往生されました。

長い映画人生を通した、多大なる日本映画界への貢献に、頭が下がる思いです。


新藤兼人氏と言えば、監督というより、脚本家ですね。
何より、その書き残した脚本の数が凄いです。

溝口健二監督について、生々しく語る、生き証人でもありました。
『ある映画監督の生涯』なぞは、日本映画史に残る傑作ドキュメンタリーでもあります。

決して、悲壮な死ではないですね。
映画について、やりにやりまくったという印象です。
本当に分厚いキャリアでした。

謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。



管理人
にじばぶ
 
[PR]
by nijibabu | 2012-05-31 22:51 | ◆映画関連 その他 | Comments(2)
PLASTIC CITY プラスティック・シティ
c0073737_0314821.jpgPLASTIC CITY プラスティック・シティ
(2008)

上映時間:95分
製作国:中国/ブラジル/日本/香港
ジャンル:サスペンス/犯罪/ドラマ
PG-12

監督:ユー・リクウァイ

製作:ジャ・ジャンクー/ファビアノ・グラーネ/カイオ・グラーネ/チョウ・キョン/定井勇二/ツイ・シウミン/デボラ・イワノフ/ガブリエル・ラセルダ

脚本:ユー・リクウァイ/フェルナンド・ボナシ
撮影監督:ライ・イウファイ
音楽:フェルナンド・コロナ/半野喜弘

出演:オダギリジョーアンソニー・ウォン/チェン・チャオロン/ホァン・イー/タイナ・ミューレル

*****************************************************
 アジアの才能たちが結集し、ブラジルを舞台に描くクライム・ドラマ。オダギリジョーがポルトガル語&中国語のセリフをこなし、サンパウロの裏社会で生きる青年を演じる。(「Movie Walker」より。)

c0073737_0383013.jpg 「天上の恋歌」のユー・リクウァイ監督が、オダギリ ジョーを主演に迎え、ブラジルのアジア系移民街を舞台に撮り上げたクライム・ドラマ。幼い頃に裏社会の顔役に拾われ育てられた日系ブラジル人の青年が、次第に裏社会の勢力争いを巡る抗争に巻き込まれていくさまを、幻想的なタッチを織り交ぜ綴る。共演は「インファナル・アフェア」のアンソニー・ウォン。
 幼い頃にアマゾンのジャングルでアジア系ブラジル人のユダに拾われ、息子のように育てられた日系ブラジル人のキリン。青年となった今では、ユダの右腕としてショッピングモールの闇家業に従事する日々。そんな中、裏社会を仕切るユダの失脚を狙う勢力が台頭、ユダはハメられ投獄されてしまう。命の危険が迫るユダを救い出すため、自ら激しい抗争の渦に身を投じていくキリンだったが…。(「allcinema」より。)
*****************************************************

c0073737_0395053.jpg映像的な面で、非常に個性を感じた。

ただ、個性があることと、映像センスがあることとは別。

本作の映像センスが優れているか、私には何とも判別し難いものがあった。


c0073737_045740.jpgあらゆる映像表現に挑戦し、更には、香港とブラジルの要素も入り混じっており、映像面において、見所が多い。


ただ、少しファンタジックな映像を格闘シーンなどで使ったのはどうだろうか。

チャレンジマインドは感じられたが、浮いた感は否めないだろう。


c0073737_0364144.jpgアジア特有の美しさも随所に感じられる。

特に、オチョを演じたホァン・イーが美しかった。


又、闇社会のボスとして成り上がったアンソニー・ウォンの凋落、そして死に至るまでの顛末。

人間ドラマとして楽しめる。




c0073737_037073.jpgオダギリジョーの、ボスとの絆の深さもよく描かれており、映像面だけではない、人間と人間との精神面でのつながりをも描いているのは評価に値する。




敢えて苦言を呈すれば、中国・香港・ブラジル・日本の4か国が製作に参画したことにより、映画全体が悪い意味で混沌とし、バラバラした感を否めないのが惜しい。

その点が、観る人によっては、わけの分けらなさにつながるやもしれない。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2012-05-24 00:39 | ◆映画レビュー | Comments(0)
七つの大罪
c0073737_0392050.jpg七つの大罪』(1952)

上映時間:148分
製作国:フランス
ジャンル:ドラマ/オムニバス


監督:
エドゥアルド・デ・フィリッポ
第1話 貪欲と憤怒
ジャン・ドレヴィル
第2話 怠惰
イヴ・アレグレ
第3話 淫欲
ロベルト・ロッセリーニ
第4話 嫉妬
カルロ=リム
第5話 美食
クロード・オータン=ララ
第6話 高慢
ジョルジュ・ラコンブ
第7話 第八の大罪

音楽:ジョルジュ・オーリック/ルネ・クロエレック

出演:
パオロ・ストッパ/エドゥアルド・デ・フィリッポ/イザ・ミランダ
第1話 貪欲と憤怒

ジャクリーヌ・プレシス/ノエル=ノエル
第2話 怠惰

フランク・ヴィラール/ヴィヴィアーヌ・ロマンス
第3話 淫欲

オルフェ・タンブリ/アンドレ・ドバール
第4話 嫉妬

アンリ・ヴィダル/クローディヌ・デュビュイ
第5話 美食

フランソワーズ・ロゼー/ミシェル・モルガン
第6話 高慢

ジェラール・フィリップ
第7話 第八の大罪

*****************************************************
 フランスとイタリアの映画人が、聖書で説かれている“七つの大罪”を下敷きに、現代風俗を軽妙なタッチで描いたオムニバス映画である。ジェラール・フィリップは各挿話をつなぐ狂言まわしを演じ、ラスト“第八の大罪”の挿話ではアッとビックリのオチをつける。遊園地の球投げ遊技場で客引きをする彼の軽快な演技が楽しい。(「HMV ONLINE」より。)
*****************************************************

イタリア、フランス人監督が競演するオムニバス。

進行役に“貴公子”ジェラール・フィリップ。


◆第一話/貪欲と憤怒
ドケチ主人も凄いが、身勝手な妻も凄い。

ある意味、似た者夫婦。


◆第二話/怠惰
SFコメディで、今観るとさすがに白けてしまった。


◆第三話/淫欲
スカートめくれまくりでテンション高め。13歳の少女の想像妊娠騒ぎの顛末は、何とも微笑ましく印象的。


◆第四話/嫉妬
猫に嫉妬する妻。金髪女優選びのセンスと趣味、そして、その女優の心の内を描く術は、さすがロベルト・ロッセリーニ。


◆第5話/美食
観ている男子をあざ笑うかの様な、“美食”なオチは、かなりエスプリが効いていて、上質なチーズさながらにスパイシー。


◆第6話/高慢
新旧女優対決、フランソワーズ・ロゼーとミシェル・モルガン。この二人が演じた毒気たっぷりで、息の合った母娘の演技が素晴らしい。


c0073737_046432.png◆第七話/第八の大罪
進行役ジェラール・フィリップ自らが出陣!観客の心の裏をかいてみせるラストに唖然。しまりが良い。



オムニバス映画が元々好きなので、全体的にかなり楽しめた。

この様な良質なオムニバス映画が、あまり陽の目を見ていないのは残念なことである。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2012-05-17 00:50 | ◆映画レビュー | Comments(4)
最近観た映画(2012.5.12)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_2381396.jpg『ビフォア・ザ・レイン』(1994/フランス・イギリス)
【監督】ミルチョ・マンチェフスキー

時折挿入される気分を害するグロテスクな映像。 痰を吐いたり、ゲップしたり、とにかく下品な演出のオンパレード。 ひげ面のジジイが主人公なのも頂けない。 いや、そういった理由以前に、とにかく映像・音楽・演出などの全ての面において、生理的に合わなかった。


c0073737_23103158.jpg『ミミ』(1996/フランス)
【監督】ルシール・アザリロヴィック
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_2312247.jpg『ばかのハコ船』(2002/日本)
【監督】山下敦弘
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_2313195.jpg『魅せられて四月』(1992/イギリス)
【監督】マイク・ニューウェル
★★
イタリアのとある城。 そこに集まった人々は皆結ばれる。 そんな運命的な話。 いい話だが、途中かなり退屈。 偶然すぎる登場人物達の集結も少し違和感があった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2012-05-12 23:14 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
ばかのハコ船
c0073737_471626.jpgばかのハコ船』(2002)

上映時間:111分
製作国:日本
ジャンル:ドラマ/コメディ
R-18

監督:山下敦弘

脚本:山下敦弘/向井康介
撮影:近藤龍人
音楽:赤犬
照明:向井康介

出演:山本浩司/小寺智子/山本剛史/細江祐子/田中暁子/松江哲明/今枝真紀/木野花/笹野高史

*****************************************************
 バンクーバー国際映画祭をはじめ、世界各国の映画祭で好評を博した脱力感漂うコメディ・ドラマ。東京での事業に失敗した冴えないカップルが、再起を期して帰った地元でも思うように行かず空回りばかりしている姿を、アンニュイかつ悲哀を込めたタッチで描く。監督・脚本は「どんてん生活」の山下敦弘。
 東京に住む酒井大輔とその恋人・島田久子は、自分たちで開発した健康飲料“あかじる”の自主販売を始める。だが商品はさっぱり売れず、2人はついに500万の借金を作ってしまった。それでもこの事業をあきらめきれない彼らは、心機一転、大輔の故郷での再起を図る。さっそく大輔の実家に帰ってきた2人は、地元のコネを頼りに起死回生を狙うが、両親や親類、同級生たちからことごとく反対され、逆に行き場を失ってしまった。2人は途方に暮れ、いつしか無為に日々をやり過ごすだけの生活が続くようになり…。(「allcinema」より。)
*****************************************************

山下敦弘監督の味わいが実によく出た一本。


山本浩司が着ている服のダサさ加減も全開。

その彼女の微妙さ加減も絶妙。


c0073737_451438.jpg夢を追うツール“赤じる”ってのは、単に象徴であって、そのツールが何であれ、若者は夢を追いかけて突っ走るものだ。

それが成功する確率っておそらく低いけど、若者は夢を追う。

それが周りから見たら、“バカ”げていて無謀であっても、当の若者本人は気にもしない。


そして、その夢が破れた時、更にどん底まで落ちていく若者もいれば、普通に社会に復帰する若者もいるだろう。

そんな顛末はどうでもよくて、本作で山下敦弘監督は、そんな夢を追いかける若者の、良くも悪くも“バカ”な姿をフィルムで表現したかったに違いない。


c0073737_453470.jpg田舎では人間関係が限定されていて、例えば風俗で働いていれば、当然知り合いが客としてやってくることだってある。

又、狭い人間関係だからこそ、誰かと誰かが深い関係になっていてもおかしくないし、そういう複雑で乱れた繋がりが田舎には存在する。


その辺りの田舎の人間模様も、丁寧に描かれていて、リアリズムを感じる。


チープな線を意図的に、そしてリアルに表現しており、山下敦弘監督の描く世界観ってのは、庶民的日本的なリアリズムに満ちていて好感が持てる。

そして、若者の持つイタさがよく伝わってくる。


c0073737_46699.jpgこのような点において、楽しく、そして時には切ない気持ちになったりする。

地味ながら、実に人間的で、愛すべき作品だ。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2012-05-02 04:06 | ◆映画レビュー | Comments(2)