古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:アルフレッド・ヒッチコック ( 26 ) タグの人気記事
最近観た映画(2007.11.21)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作中の傑作
★★★★・・・十分に満足できた傑作
★★★・・・しっかりと楽しめた良作
★★・・・やや問題アリも、それなりに楽しめた作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_1049289.jpg『ジュノーと孔雀』(1929/イギリス)
【監督】アルフレッド・ヒッチコック
★★
主人公夫婦の奥さんが「ジュノー」で、夫の方が「孔雀」ということになっています。 要するに夫婦の物語ですが、これがとるに足らない上に、終り方もよく分かりません。 はっきり言って面白くはないです。 ただし、ヒッチコックを全制覇したい方には通らなくてはならない作品です(笑)。


c0073737_10522028.jpg『未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~』(2007/日本)
【監督】蝶野博
★★★★
にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_1055233.jpg『ハヴァ、ナイスデー』(2006/日本)
【監督】 長澤雅彦/本田隆一/安里麻里/飯塚健/村松正浩/矢部浩也/富永まい/緒方明/矢崎仁司/筧昌也/日向朝子/山内健司/永田琴/柿本ケンサク/タナダユキ/本田昌広/福岡芳穂/中野裕之
★★★★★
にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_10583316.jpg『華岡青洲の妻』(1967/日本)
【監督】増村保造
★★★
にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_1102554.jpg『イル・ポスティーノ』(1994/イタリア/フランス)
【監督】マイケル・ラドフォード
★★★
あまりにヒューマン臭が強く、乗り切れず。 最後はハッとさせられたが、それまでがやや退屈した。


c0073737_1121416.jpg『永遠(とわ)の語らい』(2003/ポルトガル/フランス/イタリア)
【監督】マノエル・デ・オリヴェイラ
★★
テオ・アンゲロプロスと似た感じなんですね、オリヴェイラって。 いや、テオがオリヴェイラ的なのかな? とにかく苦手な作風だ。 ただし、少女はとても可愛らしかった。 そして話題のラストも凄い。 とても悲しいラストだ。


c0073737_1165774.jpg『怪談』(1965/日本)
【監督】小林正樹
★★★
第一話が一番良かった。 後は全体的に冗長気味。 特に『耳無し芳一』は退屈であった。 しかしながら色彩美と空前のスケールで造られたセットは見事だった。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2007-11-21 11:05 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
マンクスマン
c0073737_0171412.jpgマンクスマン』(1929)

上映時間: 90分
製作国: イギリス
ジャンル: ドラマ

監督: アルフレッド・ヒッチコック

脚本: エリオット・スタナード
撮影: ジャック・E・コックス

出演: カール・ブリッソン
マルコム・キーン
アニー・オンドラ
ランドル・エアートン

***********************************************
 出稼ぎで死んだはずの婚約者が、ケイトの前に現れる。二人は即座に結婚するが、ケイトの体には別の男の新しい生命が宿っていた・・・。アイルランドが舞台の不倫の顛末。ヒッチコック最期のサイレント映画。
(「TSUTAYA online」より)
***********************************************

本作ですが、ヒッチコックという名とは裏腹にラブストーリーなのです。

とは言っても、そもそもサイレント時代のヒッチコック作品は、サスペンスやミステリーは少ないんですけどもね。


他のヒッチコックのサイレント作品と比べても、比較的面白い部類に入る作品です。

少し進み具合が緩慢なのは我慢のしどころですが、ストーリーが面白いので何とか耐えられます。


ヒロインの女性ですが、ヒッチコックのサイレント作品に出ている他の女優達とは一線を画す美しさです。

c0073737_0251029.jpgというのも、他のヒッチコックのサイレント作品に出てくるヒロインさんたちは、どれもプックリ顔ばかりで、お世辞にも魅力的とはいえません。

それに対し、本作のヒロインを演じた女優さんは、脚もスラリとして綺麗ですし、お顔も可愛らしいです。

その違いこそが、他のヒッチコックのサイレント作品と最も異なるポイントかもしれませんね。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2007-11-06 00:26 | ◆映画レビュー | Comments(5)
最近観た映画(2007.10.18)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作中の傑作
★★★★・・・十分に満足できた傑作
★★★・・・しっかりと楽しめた良作
★★・・・やや問題アリも、それなりに楽しめた作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_1954159.jpg『大学は出たけれど』(1929/日本)
【監督】小津安二郎
★★★
短いが、物語に見事引き込まれた。 愛する人の影響を受けて職を探す・・・まさに今の自分に合致するので、とても共感できた。


c0073737_1953492.jpg『夜ごとの夢』(1933/日本)
【監督】成瀬巳喜男
★★
全体的にダルい作品だった。 最後も強引に終わらせすぎ。 DVD化されていない理由が分かった気がした。だけど、貴重な作品なので、それだけで観るに値する。成瀬監督の作品は、映画館で上映されない限り鑑賞不可能な作品が多く、それが残念。


c0073737_19533751.jpg『シャンパーニュ』(1928/イギリス)
【監督】アルフレッド・ヒッチコック
★★
サイレント期のヒッチコック作品を全制覇しようと躍起になって鑑賞中。 本作はその貴重なサイレント作品の一つ。 ヒッチコックのサイレント作品ものとしては、比較的つまらない、というか分かりづらいかも。 船酔いを表現するシーンやシャンパングラスからのぞく船内などにヒッチコックらしさがうかがえる。


c0073737_1946086.jpg『荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻』(1952/日本)
【監督】森一生
★★★★★
にじばぶのレビューをご参照下さい。



c0073737_19483599.jpg『ビッグ・スウィンドル!』(2004/韓国)
【監督】チェ・ドンフン
★★★★
『オールド・ボーイ』以来の韓国映画。自身としては韓国映画は二本目(多分)。本作は評判通りの傑作であった!少し、というか、かなりハリウッド映画を意識した作りになっているのがネックではあるが、面白いので許容範囲。韓国映画アレルギーの方に敢えてオススメしたい作品!



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2007-10-18 19:55 | ◆映画関連 その他 | Comments(4)
最近観た映画(2007.10.10)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作中の傑作
★★★★・・・十分に満足できた傑作
★★★・・・しっかりと楽しめた良作
★★・・・やや問題アリも、それなりに楽しめた作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_8191265.jpg『農夫の妻』(1928/イギリス)
【監督】アルフレッド・ヒッチコック
★★
ヒッチコックのサイレント作品を連チャンで鑑賞中。『リング』は面白かったが、それ以外は苦痛をともなう作品が多い。本作も途中で飽きてしまった。


c0073737_8213642.jpg『メトロポリス』(1926/ドイツ)
【監督】フリッツ・ラング

もっと近未来的なものがテーマだと思っていたが・・・ 単なる“資本家と労働者階級の争い”がテーマではないか。 最後まで観ることが、かなり苦痛であった。


c0073737_8244693.jpg『理想の女』(2004/イギリス/スペイン/イタリア/アメリカ/ルクセンブルグ)
【監督】マイク・バーカー
★★★★
ハッピーエンドながらも、なかなかスパイスが効いていてよい。 ウィンダミア夫妻は、互いに一つの大きな秘密を持ちながら、本当に愛している人と幸せに暮らすという終り方。 本当の幸せの裏には、大きな秘密があり、実はお互いの本当のところを知らなかったりもする。 幸せとは何か? 幸せとはどうあるべきか? 幸せを獲得する為にはどういう選択をすべきか? そして、男女がお互いを分かり合うことは可能なのか? いや、男女はお互いの全てを知る必要はないのではないか? 、、、と、色々考えさせてくれる。 ハッピーエンドでありながら、人生の皮肉さ、男女の何たるかを訴えてくる。 なかなかよく出来た作品でした・・・ と、言いながらも、ご都合主義的な綺麗過ぎる終わらせ方に、どこか不満を感じてしまう私^^;


c0073737_8262530.jpg『ウェディング・バンケット』(1993/台湾/アメリカ)
【監督】アン・リー
★★★
同性愛というテーマを偏見なく描いており、同性愛という複雑なテーマを周知させる上で、とてもよく出来た作品。 ただし、少し優等生すぎるというかベタというか、その辺の不満も感じた。


c0073737_8283734.jpg『アラビアのロレンス/完全版』(1988/イギリス)
【監督】デヴィッド・リーン
★★★
1962年に撮られたものを1988年に修復し、“完全版”として復活させた本作。映像と音楽は素晴らしいの一言。 いくら修復されたとはいえ、これが元々は60年代の作品とは到底思えない程だ。 ただし、長い長い。 こんだけ長いとさすがに途中で嫌気もさしてくる。 ただし、観た後の気持ちは不思議と穏やかだ。


c0073737_8293050.jpg『麗しのサブリナ』(1954/アメリカ)
【監督】ビリー・ワイルダー
★★★★
とてもいい話なんだけどな~・・・ 特に後半になるにつれよくなる。 しかしどうもビリー・ワイルダー的演出が鼻につく。 作り手を観る者に意識させてしまう演出。 これが良いのか悪いのかは別にして、個人的には苦手な作風だ。 ただ、終り方はなかなか良い。 あのひっかけた傘が何を意味していたのか瞬時には分からなかった。 でもしばらくして意味が分かり、「う~ん、鼻につくけど巧いなぁ・・・」と言わざるを得なかった。 二人の間をいったりきたりしてしまう恋愛真っ最中の不安定な心情は、個人的には経験があり、とても共感できた。 これら、ラストの傘のシーンと共感できた部分を考慮して★★★★を献上したい。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2007-10-10 08:30 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2007.9.23)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作中の傑作
★★★★・・・十分に満足できた傑作
★★★・・・しっかりと楽しめた良作
★★・・・やや問題アリも、それなりに楽しめた作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_1565739.jpg『リング』(1927/イギリス)
【監督】アルフレッド・ヒッチコック
★★★
随所に小技がきいて、「さすがだなぁ」と唸らされること、しばしば。 最後の一戦は本当にワクワクした。



c0073737_1594222.jpg『女優須磨子の恋』(1947/日本)
【監督】溝口健二
★★★
これは田中絹代に執着し、特別な感情を持つ溝口健二監督が、自己の感情と映画というものを混同した結果生まれた作品なのではないだろうか。



c0073737_232682.jpg『黄色い風土』(1961/日本)
【監督】石井輝男
★★
石井輝男監督は大好きな監督の一人である。 しかし、この作品はいただけない。 個人的には、石井作品の中ではワースト。



c0073737_275731.jpg『現金に体を張れ』(1956/アメリカ)
【監督】スタンリー・キューブリック
★★★★★
キューブリックの前作『非情の罠』と似たテイストの作品だが、それを上回る出来。



c0073737_281633.jpg『風櫃の少年』(1983/台湾)
【監督】ホウ・シャオシェン
★★
観た直後の感想としては、「退屈だったなぁ・・・」という印象。




c0073737_2185088.jpg『青い山脈/続・青い山脈』(1949/日本)
【監督】今井正
★★★
全編に渡りとても爽やかな風が吹いており、戦後から数年経ったその当時の開放感が、画面いっぱいに現れていて素晴らしかった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2007-09-23 02:18 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
バルカン超特急
c0073737_16451869.jpgバルカン超特急』(1938)

上映時間: 98分
製作国: イギリス
ジャンル: サスペンス/ミステリー

監督: アルフレッド・ヒッチコック

製作: エドワード・ブラック
原作: エセル・リナ・ホワイト
脚本: シドニー・ギリアット
撮影: ジャック・コックス
音楽: ルイス・レヴィ

 
出演: マーガレット・ロックウッド
マイケル・レッドグレーヴ
ポール・ルーカス
グーギー・ウィザース
リンデン・トラヴァース
メイ・ウィッティ

***********************************************
 ロンドンへ向かう国際列車が東欧の田舎駅で雪崩のため立ち往生、乗客は小さなホテルに閉じ込められる。翌朝、列車が発車すると、アメリカ人の富豪令嬢は、穏和な人柄の貴婦人が姿を消したことに気づく。ほかの乗客は口を揃えてそんな女性は最初からいなかったと主張する。謎は謎を呼び、思いがけないどんでん返しの連続へ。
(「TSUTAYA online」より)
***********************************************

ヒッチコック作品は何作か観ているが、作品レビューをアップするのは初めてかもしれない。

ところで本作『バルカン超特急』は、相当数あるヒッチ作品の中でも、とりわけ人気のある作品だ。


今まで観てきたヒッチ作品の中では、『サイコ』が個人的には一番好き。

何故かっていうと、『サイコ』はミステリー作品の様な謎解きがメインではなく、ハラハラする様なサスペンス的作品だから。

特に、お金を盗んだ女性が雨の中を車で逃走する場面がハラハラして最高だった。


一方、ミステリーは少し苦手で、ハラハラ系のサスペンス重視型の作品が好きなのだが、本作『バルカン超特急』は、どちらかというとミステリー寄り。(もちろん、多少はサスペンス的な部分もあるが。)

その意味では、少し身構えて観た感はあったが、内容的には冒険活劇、いや、“旅行”活劇的な内容だったので、意外と気楽に楽しむことができた。

***********************************************

最後の方で、武装兵隊たちと一般人が唐突に銃撃戦を始めたりと、相変わらずのヒッチ的な“飛躍し過ぎ”の大詰め展開には閉口させられたが、全体的にみれば傑作であることは間違いない。

さすがはヒッチ作品の中で人気があるだけのことはあった。

特に、“超特急な電車内で忽然と消えた女性を探せ!”的な状況設定が秀逸。

又、「消えた女性が実はまぼろしだったのでは?」と観ているこっちまで思わせておいて、「その女性が窓に書いた指文字」が発見され、「物理的な証拠がその女性の存在を証明する」とした流れには脱帽した。

この「窓に指で書いた文字がその者の存在を証明する」という演出は、本作がオリジナルなんだろうか?

もし本作が「窓に書いた指文字」の元祖なら、もっと評価すべきかもしれないが・・・



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2007-05-08 17:45 | ◆映画レビュー | Comments(4)