古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:クエンティン・タランティーノ ( 5 ) タグの人気記事
最近観た映画(2014.2.17)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_23502152.jpg『デス・プルーフ in グラインドハウス』
(2007/アメリカ)
【監督】クエンティン・タランティーノ
★★★★
アメリカ映画の良さが出た一本。 広大な荒野にはしる一本の道。 この道を車が疾走する。 この疾走感がたまらない! アメリカ映画の醍醐味が感じられる。 それと同時に、タランティーノ作品としての個性も存分に感じられる点も良い。 リーを演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッド。 いやぁ、ため息の出るスタイルとキュートな顔。 本作の雰囲気の中で浮いているだけに、余計にその魅力が引き立つ! 後半、殺人犯が容易に追い詰められてしまうところは残念。 ここはアメリカ映画としての悪い面が出た。 ワルモンがカカト落としでTHE END。 まあ爽快感はあるけど、ちと安易かな。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2014-02-17 23:51 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2011.4.19)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_2355643.jpg『ブルース・リー/死亡遊戯』(1978/香港・アメリカ)
【監督】ロバート・クローズ
★★★
ラストのブルース・リー本人によるアクションシーンのみが見所の映画。 黒人の巨人がとにかく印象的。 カリーム・アブドゥル=ジャバーという、伝説的バスケットボール選手らしい。 身長はなんと218cm!! でも、あの動き! 異常なほどの身体能力だ。 同じく、異常なほどの身体能力を持ったブルース・リー。 この二人の激突! だからこその迫力。 この二人に言えることだが、あの速さは超人的。 二人のスピード・スターによる競演こそが、この作品の最大の見所だ。


c0073737_23564360.jpg『フォー・ルームス』(1995/アメリカ)
【監督】アリソン・アンダース/アレクサンダー・ロックウェル/ロバート・ロドリゲス/クエンティン・タランティーノ
★★★
多数の出演陣の中では、やはりマドンナがインパクト大。 アントニオ・バンデラスも怖すぎる男が見事にはまっていた。 和田誠監督の『怖がる人々』を想起させる作品だった。 タランティーノの手腕がそれほど発揮されてはおらず、凡作のオムニバス映画という印象。


c0073737_00296.jpg『ラストタンゴ・イン・パリ』(1972/フランス・イタリア)
【監督】ベルナルド・ベルトルッチ
★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_021870.jpg『サボタージュ』(1936/イギリス)
【監督】アルフレッド・ヒッチコック
★★
ヒッチコックは、政治的なテーマを扱った作品には向いてない気がする。 刑事が好きになった女性のために、殺人をごまかすというのは、少し無理がある。 愛する人のために、涙を見せながら手錠をはめる、、なら、まだ分かるが。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-04-19 00:03 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2008.12.19)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_22152775.jpg『水俣 患者さんとその世界』(1971/日本)
【監督】土本典昭
★★★★
東京は池袋『新文芸坐』にて鑑賞。 レイトショーで、しかもマニアックな作品ということで、空席が目立った。 しかも、途中退席者がチラホラ。 イビキもチラホラ。 何たることだ!! そんなら最初から観にこなければいいのに・・・ いかにも、「水俣病に関心を持っているので観に来ました。でも映画は日頃観ていません」的なノリの人達だった。 日頃から映画を観ていない人に、こんなヘビーな3時間ドキュメンタリーなんて無理ってもんですよ! さて、作品そのものは、ただ事実を記録しただけの内容で、決して面白いとはいえない。 ドキュメンタリー作品は大好きな私でも、途中、飽きがきたほどだ。 しかし、風化しつつあるかつての四大公害問題を、ここまで分かりやすく訴える手段は他にはないであろう内容。 ほんと凄まじいし、残酷な内容だった。 仕事後にレイトショー3時間、しかもヘビーなドキュメンタリーということで、かなり疲れたが、観に来た甲斐はあった。 何しろ、とても貴重な作品なので。


c0073737_22182859.jpg『女優と名探偵』(1950/日本)
【監督】川島雄三
★★★★
フィルムセンターにて鑑賞。 川島風ドタバタ喜劇だが、他の川島喜劇に比べて格段と面白かった。 チャップリンを確実にパクった日守新一が、チョビヒゲにステッキで暴れまわる。 そして本作の見所は、「特別出演」と銘打ったその出演陣の豪華さ。 いわゆる「カメオ」出演ではあるが、とにかく豪華。 記憶しているだけでも、木暮実千代、田中絹代、佐野周二、佐田啓二、津島恵子が出てくる。 その出演陣を観ているだけでも面白いのに、ドタバタ喜劇も面白い。 なかなかの傑作喜劇である。


c0073737_22213995.jpg『天使も夢を見る』(1951/日本)
【監督】川島雄三
★★★★★
フィルムセンターにて鑑賞。 若かりし頃の鶴田浩二と佐田啓二の二枚看板による、川島風味ただよう恋愛喜劇。 鶴田浩二がとにかく素晴らしい。 理路整然ととにかく語る語る鶴田浩二が素晴らしい。 鶴田浩二出演作の中で、個人的には彼の魅力が最も出ていると感じた。 やや濃いキャラクターなのだが、熱血的でもあり、でもどこかトボけている。 そしてとにかく痛快な理屈を吐き散らす。 一サラリーマンでありながら、社長に対しても全く臆せず、思っていることを全て吐きまくるその横暴とも言える振る舞いに、観ているこちらは胸がすく快感を覚えた。 対する佐田啓二は、いつもの軽い調子。 濃い目のキャラを演じた鶴田浩二とうまくバランスがとれていた。 ヒロインに津島恵子。 ちょっとウザ目のキャラだったが、女らしいところもあり、なかなか魅力的であった。 サラリーマンものの喜劇といった部分も持ちながら、川島雄三監督独特のスピード感もあり、又、若き鶴田浩二と佐田啓二、そして津島恵子が織り成す恋愛ドラマもまた楽しい。 そして、社長が若い頃に女に産ませた子供の悲劇を描いたという部分においては、しんみりとさせる悲劇的要素も含んでいるのだ。 実に色んな要素がからんだ傑作だが、川島雄三監督のそれまでの様々な作品の要素がふんだんに取り入れられた集大成的な意味も感じた作品であった。


c0073737_22252190.jpg『グラマ島の誘惑』(1959/日本)
【監督】川島雄三
★★★
フィルムセンターにて鑑賞。 尺の割にとても長く感じた。 近くにいた他のお客からも「長く感じた」の一言が。 川島作品の中でも、こういったワイルドな作品はどうも苦手で、そういった印象は本作でも同じだった。 変に戦争批判や皇族批判、そして原水爆批判などを喜劇の中に織り込んだもんだから、シリアスなのか喜劇なのか分からない中途半端な出来となっている。 つまり、シリアスさと喜劇がうまく融合していないのだ。 笑える部分も、他の川島喜劇に比べて少なかった気がする。 本作を観て、「川島監督の疲れ」のようなものを感じてしまった。 なんか、作り手である監督も疲れているし、そこで演じさせられている森繁やフランキー堺も疲れてしまっているような気がした。 その疲れが、観ているこちらまで伝わってきて、観た後もどこか爽快になれない。 そんな印象が残った作品であった。


c0073737_22264345.jpg『夜の流れ』(1960/日本)
【監督】成瀬巳喜男/川島雄三
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_2239249.jpg『暖簾』(1958/日本)
【監督】川島雄三
★★
なんだか分からないが最後まで集中できず。 体調が悪いせいか、精神状態が悪いせいか、それともただ単に作品との相性が悪かったのか・・・ 理由はさておき、とても苦痛に感じた2時間だった。 もしかすると、原作の山崎豊子が肌に合わなかったのかもしれない。 それと、山田五十鈴と乙羽信子という女優が苦手だったせいもあるかも。 この作品を豊田四郎あたりに撮らせたら、もっと良くなかったかもしれない・・・と個人的に勝手に思うのであった。


c0073737_2235308.jpg『ジャッキー・ブラウン』(1997/アメリカ)
【監督】クエンティン・タランティーノ
★★★★
オープニングタイトルが出る時の雰囲気が良い。 そして音楽の使い方がうまい! 登場人物達がそれぞれ異なるBGMを流しながら車を運転する入れ替わりシーン。 これがとても良かった。 話自体はやや分かりづらく、入り込みづらさがあった。 しかし、いつ誰が殺されるかまったく予想のつかない展開は楽しむことができた。 タランティーノ作品の中でみれば並といえるのではないだろうか。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-12-19 22:37 | ◆映画関連 その他 | Comments(4)
レザボアドッグス
c0073737_10151295.jpgレザボアドッグス』(1991)

上映時間: 100分
製作国: アメリカ
ジャンル: アクション/犯罪/バイオレンス

監督: クエンティン・タランティーノ

製作: ローレンス・ベンダー
製作総指揮: リチャード・N・グラッドスタイン
ロンナ・B・ウォーレス
モンテ・ヘルマン
脚本: クエンティン・タランティーノ
撮影: アンジェイ・セクラ
編集: サリー・メンケ
 
出演: ハーヴェイ・カイテル(Mr.ホワイト)
ティム・ロス(Mr.オレンジ)
マイケル・マドセン(Mr.ブロンド)
クリストファー・ペン(ナイスガイ・エディー)
スティーヴ・ブシェミ(Mr.ピンク)
ローレンス・ティアニー(ジョー)
エディ・バンカー(Mr.ブルー)
クエンティン・タランティーノ(Mr.ブラウン)

***********************************************
 仲間を色で呼び合う強盗グループが宝石強奪を計画するが失敗。裏切り者は誰かという探り合いが凄絶な殺し合いへと発展していくタランティーノ監督のデビュー作。スピード感にあふれ、生々しい痛みの伝わる壮絶で血生臭いバイオレンス・シーンが新鮮。
(「TSUTAYA online」より) 

宝石店襲撃に失敗した強盗たちの確執をタイトに描いた傑作バイオレンス・アクション。描きこまれたキャラクター、縦横無尽に時間軸を越えた構成、緩急自在の演出とどれもが素晴らしく、脚本・監督(おまけに出演も)の異才タランティーノの名を一躍世に知らしめた。
(「allcinema」より)
***********************************************

タランティーノの作品を観るのは、『パルプ・フィクション』『キル・ビルVol.1』『キル・ビルVol.2』に続いて4作品目。

『キル・ビル』についてはまあまあ程度だったが、『パルプ・フィクション』はかなり自分的にヒットした。

そんな『パルプ・フィクション』と同じ、タランティーノの初期作品の一つである本作。
それだけに期待は膨らんだ。

そして、その期待に応える傑作だった。

***********************************************

本作の見所はなんといっても、その多彩“男ばかり”の登場人物。
なんと、総勢8人!

彼らは、強盗集団を結成するのだが、それぞれをカラーネームで呼んでいる。
「ホワイト」とか「ブルー」とか。

そんな魅力あふれる8人を、画像を交えて簡単ながらレビューしていきたい。

***********************************************

まずは、ハーヴェイ・カイテルが演じたホワイト。

ハーヴェイ・カイテルの出演作品は相当数観たが、その中で、本作における彼はそれほどハマり役という感じはしなかったが、それでも重要な役どころを演じており、最後の最後まで活躍する。【下:ハーヴェイ・カイテル(ホワイト)】
c0073737_10283333.jpg

***********************************************
次にティム・ロスが演じたオレンジ。

この人もカイテルと同じく、最後の最後まで重要な役割を演じた。
しかし、どうもクサすぎるキライが・・・

まあ、役回り的には妥当なのかもしれないけども。【下:ティム・ロス(オレンジ)】
c0073737_10332564.jpg

***********************************************
そしてマイケル・マドセンが演じたブロンド、これが一番カッコ良かった!

このマイケル・マドセンという俳優、『キル・ビルVol.2』でも印象的な役を演じていて素晴らしかったけど、本作でもそれに優るとも劣らない魅力を発揮していた。

口元に笑みを浮かべながら、ウイスキー・グラスを傾けてドスの効いた声で語るところなんぞ、キマり過ぎ。カッコよすぎ。

アメリカ人らしい魅力を持った俳優で、本作で一気にファンになったね。
【下:マイケル・マドセン(ブロンド)】
c0073737_10421592.jpg

***********************************************
そして、ボスの息子であるエディーを演じたクリストファー・ペン。
残念ながら、去年亡くなられたとのこと。

本作では、マイケル・マドセンの次にカッコ良かった。

ボスの前でマドセンとふざけた取っ組みあいをするんだけど、大柄二人がジャレ合うこのシーンは迫力もあり、それでいて和み感のあるいいシーンだった。

こんな俳優が早くに亡くなってしまったのは、まことに残念である。
【下:クリストファー・ペン(エディー)】
c0073737_10475438.jpg

***********************************************
そして最初から最後まで“異端児”を演じ続けたピンク役のスティーヴ・ブシェミ。

決してカッコのいい役ではなかったけど、屈強な男達の間に入って、なかなかの個性を発揮していた。【下:スティーヴ・ブシェミ(ピンク)】
c0073737_1049313.jpg

***********************************************
残りの3人は簡単に。(笑)

ローレンス・ティアニーが演じたボス(ジョー)。
言ってみれば、『西部警察』の石原裕次郎みたいな感じの存在。
【下:ローレンス・ティアニー(ジョー)】
c0073737_10535768.jpg

エディ・バンカーが演じたブルー。
ほとんど出番ナシ。
【下:エディ・バンカー(ブルー)】
c0073737_10542892.jpg

監督のクエンティン・タランティーノも出演しており、演じた役がブラウン。
前半であっさり殺される。
しかも不自然な笑顔がどうも・・・
【下:クエンティン・タランティーノ(ブラウン)】
c0073737_1055579.jpg



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2007-06-21 10:56 | ◆映画レビュー | Comments(8)
キル・ビル Vol. 1/Vol.2
c0073737_15512863.jpgc0073737_15514464.jpgキル・ビル Vol.1』(2003)
キル・ビル Vol.2』(2004)

上映時間:
Vol.1(113分)
Vol.2(136分)

製作国: アメリカ
ジャンル: バイオレンス/アクション/サスペンス
映倫: R-15

監督:
クエンティン・タランティーノ

脚本: クエンティン・タランティーノ
撮影: ロバート・リチャードソン
音楽: RZA/ラーズ・ウルリッヒ
アニメーションキャラクターデザイン: 石井克人/田島昭宇
 
出演: ユマ・サーマン
デヴィッド・キャラダイン/ダリル・ハンナ/ルーシー・リュー/千葉真一/栗山千明/ヴィヴィカ・A・フォックス/ジュリー・ドレフュス/マイケル・マドセン/マイケル・パークス/ゴードン・リュウ/麿赤兒/國村隼/北村一輝/田中要次/風祭ゆき/大葉健二/サミュエル・L・ジャクソン/パーラ・ヘイニー=ジャーディン/ボー・スヴェンソン/ラリー・ビショップ/シド・ヘイグほか

***********************************************
 【Vol.1】鬼才クエンティン・タランティーノ監督の6年ぶりの新作アクション!3時間を超える膨大な内容から2部作にわけられて公開された第1部は、チャンバラ、カンフー、ウエスタンを融合したゲーム的世界観が斬新な、2003年の話題作となった。8分のシーンに8週間をかけたという瞠目のアクションシーンをはじめ、驚天動地の活劇ワールドがスクリーンに次々と展開される! ユマ・サーマン、ルーシー・リューといった貫禄ある豪華主演陣をはじめ、往年のスター、サニー千葉や『バトル・ロワイアル』の栗山千明らの熱演も見所。絶妙の配役に多彩な見せ場が用意されている。 次回作への期待がやまない、観る者の度肝を抜く新感覚アクションだ!

 【Vol.2】『Vol.1』で映画の中に新たな革命をもたらしたクエンティン・タランティーノ監督は、この続編を“ラブ・ストーリー”という副題を銘打った。今作ではテキサスの荒野、中国大陸、そしてメキシコを舞台に前作を凌ぐほどのスケールと疾走感でド派手なアクションを展開!加えて今作では、主人公のサラ・ブライドの内面を同時に描くことで、ストーリーに新たな一面をもたらした。“復讐を駆り立てるものは憎悪か?それとも愛か?”クライマックスという局面を迎えるにつれて、すべての謎が明らかになる。
(「TSUTAYA online」より)
***********************************************

当ブログにしては珍しく、比較的新しめでしかもメジャーな作品のレビューを。

ただ、巷には本作のレビューは多数存在するので、簡単に書いてみたいと思います。


ところで、本作は“Vol.1”と“Vol.2”に分かれています。

Vol.1の方はアクション主体、Vol.2はラブストーリー的な要素が主体となっています。

Vol.1とVol.2とではかなり趣きが異なるため、Vol.1を楽しめたが為に、その勢いでVol.2を観た人はもれなく楽しめないという内容になっています。(笑)

そしてVol.1をつまらないと思った人は、Vol.2を観ない可能性もあるわけで、両方とも観た人で且つ両方とも楽しめた人って少ないんじゃないでしょうか?

私はといいますと、“両方とも少しだけ楽しめた”感じです^^;

***********************************************

c0073737_1620380.jpg主演はハリウッド金髪女優ユマ・サーマン
(上のジャケットの人です。かっこいいっす!右にもちょっとエレガントな彼女を載せてみました。)

あんまりハリウッド映画を観ないので、初めて知った女優。

金髪が印象的で、しかもタフな感じも印象的。
そしてセクシーで、美人。

ただ30歳を超えているせいか、アップになると多少・・・な感じがあるにはある。(爆)

だけど、とにかくカッコいい!

特にVol.2のラストで部屋着になり、ボスと語り合っている時が素晴らしい。

セクシーでいてカッコよい。
個性的で素晴らしい女優さんだった。

***********************************************

本作ではVol.1、Vol.2通してアクションシーンが盛りだくさん。
それについて簡単にレビュー。


まずは、Vol.1の中盤からラストまでずっと続くレストランの様な場所でのアクションシーン。
これはつまらなかった。

Vol.1のメインな部分だけにうーん。
Vol.1の冒頭の黒人女性とのアクションシーンの方がよっぽど楽しめた。


そしてVol.2。

Vol.1とはうって変わって、スローな展開。
Vol.1より人間ドラマで魅せる内容。


c0073737_1617280.jpg特筆すべきはマイケル・マドセン
この俳優さんの演技はかなり印象的。

渋みが凄い!
レザボアドッグス』で活躍しているらしいので、早くそちらを観てみたい。

c0073737_16423694.jpgVol.2のアクションシーンの中で一番良かったのは、ダリル・ハンナ演じる片目女性とのガチンコ対決シーン。

Vol.1の冒頭の黒人女性との対決シーンと同じく、女性同士のガチンコ対決シーンだが、両方ともスピード感という点でかなり楽しめた。

本作では“多数対一人”というアクションシーンよりも、これらのガチンコ対決(1対1)の方が出来が良かったように思う。


c0073737_1632742.jpgただし例外アリ。

中国でゴードン・リュウ演じるパイ・メイという伝説のカンフー達人との修行シーンや対決シーンがあるのだが、これは最低。

全く面白くない。
特に小さい頃から全盛期の少林寺映画を観てきた私の世代からすると辛い限り。

c0073737_16341772.jpgしかし、パイ・メイを演じていたゴードン・リュウという俳優さんが、小さい頃よく観た少林寺映画の傑作中の傑作『少林寺三十六房』のあの主人公と同一人物とは最後まで気付かなかった。(特殊メイクだったんで、ある意味当然だが)

ちょっとショックだけど、久しぶりに観れたのは嬉しい限り。
久しぶりにあの頃の少林寺モノを観てみたくなった次第。

少林寺映画は、女性映画ファンには鬼門のジャンルだと思われる。

素朴な疑問として、女性映画ファンで少林寺モノを好きだった人っているんだろうか・・・



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2007-06-01 16:35 | ◆映画レビュー | Comments(4)