古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:ヴィム・ヴェンダース ( 10 ) タグの人気記事
台北の朝、僕は恋をする(2009/台湾・アメリカ・ドイツ)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_9331460.jpg『台北の朝、僕は恋をする』
(2009/台湾・アメリカ・ドイツ)
【監督】アーヴィン・チェン
★★★★
悪くないね、うん、悪くない。 恋愛は最高。 ヒロインのコも、自然でカワイイなんの。 色んな人間模様もからんでいて、脇役も個性的でよい。 台北の夜市も出てくるし、台北の雰囲気もよく伝わってくる。 作品としては小粒なんだけど、その小粒さがまた良いのかも。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2016-07-04 09:33 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
ニックス・ムービー/水上の稲妻(1980/西ドイツ・スウェーデン)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_23422883.png『ニックス・ムービー/水上の稲妻』
(1980/西ドイツ・スウェーデン)
【監督】ヴィム・ヴェンダース/ニコラス・レイ
★★★
決して心地良い映画ではない。 死に直面する人間を、直視する内容。 目をそむけたくなる様な気分になる。 だがこれが現実。 人間が病でもって死にゆく様は、有名人であろうが、無名の人間だろうが、およそこんな感じだろう。 ただ、それを捉えて何になるんだろうか? ヴィム・ヴェンダース自身も、それを自問自答したに違いない。 ヴィム・ヴェンダース自身が迷いながら撮っているから、観ているこちらも困惑せざるを得ない。 確固たる信念を持って、ニコラス・レイをカメラに収めたなら、それを観ている人間(観させられている人間?)も、もっと覚悟をもってこの作品を観られただろうに相違ない。 でも、そのヴィム・ヴェンダースの素直さに、人間らしさを感じる。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2015-09-13 23:43 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
ハメット(1982/アメリカ)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_2351870.png『ハメット』(1982/アメリカ)
【監督】ヴィム・ヴェンダース
★★★
ハードボイルト作品ではあるが、その演出がイマイチ。 アメリカとヨーロッパスタイルが喧嘩している感じ。 良い方向に融合できたとは言い難い。 一昔前に深夜放送枠でよく放映されていたB級洋画を、何となく観た時の気分に近い、鑑賞後の満足度。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2015-07-23 23:53 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2013.1.13)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_039375.jpg『限りなき舗道』(1934/日本)
【監督】成瀬巳喜男
★★★
なんだろう・・・これは物語の進行具合いに、悪い意味での時代を感じさせる。 非常に突飛な展開。 要するに、人は身の丈に合った生き方が幸せなのだ、と主張したいのだと思われるが、その表現の仕方がいささか乱暴だ。 いくら弱い男でも、一度愛した男のことなら、死に際くらいもう少し優しくしてあげてもよかろうに・・・ 苦笑せざるを得ない、主人公の女性の冷たさよ。 さすがにあの突き放し方はないだろうに、と思う(笑)。 一番冷たいのは、主人公の女性じゃないだろうか?! 時代背景を感じられたのと、銀座の当時の風景を観ることができたのは良かったが、いかんせん、物語の進行具合になじめなかった。 成瀬巳喜男作品としては、失敗作の部類に入るんじゃなかろうか。


c0073737_0415836.jpg『666号室』(1982/フランス・西ドイツ)
【監督】ヴィム・ヴェンダース
★★★
何人もの著名な監督に対し、「映画の危機」についてインタビューを試みたドキュメンタリー。 監督は、ヴィム・ヴェンダース。 中でもミケランジェロ・アントニオーニヴェルナー・ヘルツォークのインタビューが心に残った。 アントニオーニは、おそらくこの作品の出演者の中で一番の高齢であるのに、何度も「時代に対応する」という言葉を発していたのが、非常に興味深い。 まるで今のデジタル化時代をも見通していたかのような発言には、ドキっとさせられた。 いつまでも若さを保っていた秘訣を、そこに感じた気がする。 ヘルツォークは、断じて「映画の衰退など在り得ない!」と主張。 まるで叫ぶがごとく、彼のスピリッツを感じた。 このヘルツォークの盲目たる自信は、彼の作品からも十分に感じとることができる。 一人あたりのインタビュー尺は短いので、それほど重厚なつくりのドキュメンタリーではないが、様々な成功者たちの心の内が聞けて、非常にためになる作品だった。 最後に、「目先のことばかり考えないで、永遠と続く将来のことを考えよう」という言葉。 誰が言ったかわからなかった(名前が表示されないので)が、これもまた心に残る言葉だった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2013-01-13 00:44 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
都内レンタルビデオ屋の雄「ヴイ・レックス」閉店
当ブログでお世話になっている、かっぱ太郎さんから教えて頂いたばかりのレンタルビデオ屋さん、「ヴイ・レックス」さんが、今月いっぱいで閉店というニュースを知りました。

ツタヤ全盛の時代において、これだけのマニアックで貴重なビデオ在庫を誇るレンタルビデオ屋さんも、都内広しと言えど、そう簡単に存在するものではありません。

そんな「ヴイ・レックス」さんを知って3週間。
足しげく毎週通っていましたが、あまり早すぎるお別れとなってしまいました。

閉店処分セールをやっていましたので、とりあえず手に持てるだけ買ってきました。
19本を購入しました。

c0073737_2313257.jpg

針の眼(リチャード・マーカンド)
殺し屋たちの挽歌(スティーヴン・フリアーズ)
花火降る夏(フルーツ・チャン)
ドリアン ドリアン(フルーツ・チャン)
美しすぎて(ベルトラン・ブリエ)
アナとオットー(フリオ・メデム)
ミュージックボックス(コンスタンタン・コスタ=ガヴラス)
インディア(ロベルト・ロッセリーニ)
春の惑い(ティエン・チュアンチュアン)
ハメット(ヴィム・ヴェンダース)
ニックス・ムービー/水上の稲妻(ヴィム・ヴェンダース)
友よ、静かに瞑れ(崔洋一)
黒いドレスの女(崔洋一)
蜜の味(トニー・リチャードソン)

この三人(ウィリアム・ワイラー)
穴(市川崑)
マダムと泥棒(アレクサンダー・マッケンドリック)
ビバ!マリア(ルイ・マル)
欲望の翼(ウォン・カーウァイ)


以上の19本です。


 
[PR]
by nijibabu | 2012-02-26 23:41 | ◆映画関連 その他 | Comments(6)
最近観た映画(2011.1.16)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_1335926.jpg『スラム砦の伝説』(1984/ソ連)
【監督】セルゲイ・パラジャーノフ

寓話めいたというか、宗教がテーマになった呪術的な内容で、パゾリーニの描く世界を想起させるが、パゾリーニの映画ほどに刺激も面白味もない。 “セルゲイ・パラジャーノフの映像魔術”とかいう謳い文句の書いてあるビデオテープをレンタルしてきたが、特に映像面での芸術的な感動も得られず。 これで未見の『ざくろの色』に対する期待度も、一気に降下した気がする。


c0073737_135257.jpg『和製喧嘩友達』(1929/日本)
【監督】小津安二郎
★★★
短い断片のフィルムだが、人間ドラマがその分ギュギュっと凝縮されている。 惚れた女のコを複雑な想いで見送る“和製喧嘩友達”の二人。 十分ストーリーは理解できるし、人生の悲喜こもごもが巧く表現されている、小津サイレントらしい逸品だ。


c0073737_1365223.jpg『アメリカの友人』(1977/フランス・西ドイツ)
【監督】ヴィム・ヴェンダース
★★★★
初期の頃に作られたヴィム・ヴェンダース作品だけあって、自分には十分楽しめた。 死を宣告された男が、目に見えない“時間”というものと闘いながら、それでいて自分では分からないうちに大きな事件へと巻き込まれていくという流れは、独特で面白い。 特に、電車内での殺しの一部始終は、手に汗握る緊張感! サスペンスとしての魅力も存分に発揮しながらも、死に直面した男の生き様を描いた人間ドラマとしての深みも加わり、現在のヴェンダースには作れないであろう、個性のある優れた作品である。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-01-16 01:38 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
ベロニカ・フォスのあこがれ
c0073737_985237.jpgベロニカ・フォスのあこがれ』(1982)

上映時間: 115分
製作国: 西ドイツ

監督: ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー

脚本: ペーター・メルテシャイマー
ペア・フレーリッヒ
撮影: クサファー・シュヴァルツェンベルガー
音楽: ペール・ラーベン
 
出演: ローゼル・ツュヒ
ヒルマール・ターテ
コーネリア・フロベス
アーミン・ミューラー=スタール


ベルリン国際映画祭(1982年) 金熊賞(最高賞)

***********************************************
 かつてのウーファー映画のスター、ジュビレ・シュミッツの伝記に基づいた物語。ファスビンダーは、この人々の記憶から忘れ去られた麻薬漬けの女優と観客の間に、彼女の過去に関心を持つジャーナリストを設定し、暗いメロドラマ的興趣を盛り込むことに成功している。'55年、ミュンヘン。大女優だった過去を繰り返し言うベロニカという女を知ったスポーツ記者は、彼女の身辺を洗う……。シュヴァルツェンベルカーのコントラストの効いた、モノクロ撮影が素晴らしく、作品全体の幻想的雰囲気を高めている。
(「allcinema」より)
***********************************************

 ドイツ“ニュー・ジャーマン・シネマ”の旗手の一人であるライナー・ヴェルナー・ファスビンダーの作品を初めて観ることができた。

“ニュー・ジャーマン・シネマ”といえば、ヴェルナー・ヘルツォークヴィム・ヴェンダースが思い浮かぶが、この二人はいずれも個性が抜群に強かった。

そんな中、次に私が観ようと選んだのが、ファスビンダー。
“ニュー・ジャーマン・シネマの天才”と呼ばれる監督だ。


そんな彼の代表作ともいわれる本作『ベロニカ・フォスのあこがれ』は、ベルリン国際映画祭で金熊賞(最高賞)をとった作品。

ただ、ベルリン国際映画祭の受賞作品については、個人的にはイマイチ相性が悪い。

それに加えて、上記二人と比べたファスビンダーの知名度の低さを考たりすると、“嫌な予感”も無きにしもあらずだったが・・・

***********************************************

本作の主人公は、かつての名女優という設定。

それがどんなわけかモルヒネ中毒となっている。

しかも、やや多重人格な傾向があり、いまだにかつての栄光を忘れられないでいる。

たまに女優業としてのオファーもくるが、それは端役ばかり。
しかも、彼女はその事実をなかなか素直には受け入れることができないでいる。

そして撮影中も、モルヒネの禁断症状が出るとまずいので、常に薬漬け状態。

一体、何が彼女をそうまでさせてしまったのか?
どういう流れでモルヒネにまで手を染めるようになったのか?


、、、といったようなサスペンス的な展開で物語は進行していく。

どうやらそこには犯罪の陰があり、彼女自身がモルヒネを打っているのではなさそうなのだ。

偶然、主人公と知り合った中年の男性は、そんな彼女の暗い過去に興味を持つ。

そして彼女の身辺を洗う。

すると、そこには凄まじいまでに残酷な物語が隠されていたのだ・・・

***********************************************

と、まあ粗筋を語ればこんな感じなのだが、独特なスローなリズムがあって、かなり退屈したのは事実。

別にスローな展開が嫌いなわけじゃないけども、妙に大人のメロドラマ的な様相とも相まって、自分には馴染めなかった。

例えてみれば、昼間の“退屈”な時間に偶然テレビで観てしまった“退屈”な昼メロといった感じか。

***********************************************

むろん、これは言いすぎです。(笑)
そんなにレベルは低くはないです。

だけど、その様な系統の作品であるように感じたことは事実。

そこに人間の残酷さ、人生の儚さなどが巧みに描き足されてパワーアップした感じ。
そして栄華を極めた者が、その後に陥る絶望が浮き彫りにされている。

そこら辺りの描かれた方はさすがの一言で、ファスビンダーの凄さを垣間見た気がした。

***********************************************

ファスビンダーという監督は、37歳の若さで夭折したこともあって、過大に評価されすぎなのではないか?

しかし本作を観ただけで、そう決めつけるのは早合点が過ぎる。

他の彼の作品をもう少し観た上で、その是非を判断していきたい。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2007-06-18 09:37 | ◆映画レビュー | Comments(0)
東京画
c0073737_1335614.jpg東京画』(1985)

上映時間: 93分
製作国: 西ドイツ/アメリカ
ジャンル: ドキュメンタリー

監督: ヴィム・ヴェンダース

製作: クリス・ジーヴァニッヒ
脚本: ヴィム・ヴェンダース
撮影: エド・ラッハマン
音楽: ローリー・ペッチガンド
ミーシュ・マルセー
チコ・ロイ・オルテガ

出演: 厚田雄春
笠智衆
ヴェルナー・ヘルツォーク


*****************************************************
【解説】
 小津安二郎に影響を受けたというヴェンダースが、鎌倉にある小津の墓を訪ねる旅に、様々な東京の情景をからめて構成された、私的なドキュメンタリーである。道が風景を切り開かない日本での旅(ロード)は、静的で、まるで映像による俳句を見ているかのようだ。挿入される“画”は、列車の車窓、パチンコ、竹の子族……、そして、小津ゆかりの人々へのインタビュー・シーン。長廻しの小津作品を支える撮影の原田雄春や、俳優・笠智衆との対話は、散文の叙述の迫力というものをまざまざと見せつける。なおこれは、今となっては、実に貴重な両名の記録となった。
(allcinema ONLINEより)
*****************************************************

ヴィム・ヴェンダースが1983年に東京を訪れ、その際に彼自身が撮影した映像を元に、ドキュメンタリータッチで当時の東京を描いた作品。

ヴェンダース作品群の中にあっても、とりわけマニアック度の高い作品である。

ヴェンダースは小津安二郎を心底、敬愛しているらしい。
それはこの作品を通して強く感じることができる。

又、小津作品の常連であった俳優・笠智衆へのインタビューがこの作品の見所の一つでもある。

*****************************************************

1983年と言えば私はまだ9歳であり、当時の東京の風俗を直に体感した世代ではない。

ただ何となくならば、当時の東京の風景も覚えているので、非常に興味深く観ることができた。

*****************************************************

ヴェンダースが本作で訴えたかったことと言えば・・・

敗戦後、アメリカによって文化を支配され国民性を奪われただけでなく、国民一人一人のアイデンティティまでも見失ってしまった日本。

流行の遊び、映画への価値観、人々の服装等、それら全てがアメリカ的価値観によって侵略され、日本人はアメリカ文化を世界へ広める為の道具となっている。

といった様な感じであろう。

ヴェンダースが小津の『東京物語』で観た東京の風景は、全てどこかに消え去ってしまっていたのだ。

又、パチンコや野球放送の垂れ流し等もかなり痛烈に皮肉を込めて映し出されている。

下らないテレビの放送内容を指摘した上で、“強制的に流れる暴力的ですらある映像”と評し、タモリ倶楽部のオープニング映像を流していたのには笑えた。

他にもパチンコという遊戯に対し、“人々はパチンコをして束の間の現実逃避を行っている。しかし、このパチンコというものから得られるものはほとんどない。”という痛烈な批評を行っていた。

多少ドイツ人から観た偏りのある“東京画”であることは否めない。
しかし、ヴェンダースが嘆き主張したかったことについては、非常に共感できた。

特に、アイデンティティの欠落した現代日本人の典型的な遊び(パチンコ、ゴルフ等)を指摘するくだりは、観ていて愉快痛快であった。(笑)

ヴェンダース作品の中ではかなり地味な部類に入る作品なので、期待しないで適当にレンタルしてきたのだが、これがなかなかの秀作であった。

*****************************************************

そうだ、肝心なことを書き忘れていた。

本作には唐突にヴェルナー・ヘルツォークが登場する。
これが“偶然にも出会った”的に登場するのだが、いかにも嘘クサイ。(笑)

それはそれとして、ヘルツォークだが・・・

彼の創り出す作品も恐ろしいが、彼自身が何と言っても一番コワイ!!

「素材を求める為なら、私は宇宙にでも行く」

とか言ってる時の、彼の気合いに圧倒された。

やっぱりヘルツォークは奇人だった。(汗)

ドイツ人は変人が多いのか?!
という様な偏見に陥るくらい強烈な人物であった。(笑)



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-07-22 13:42 | ◆映画レビュー | Comments(0)
都会のアリス
c0073737_20412261.jpg都会のアリス』(1973年)
上映時間: 111 分
製作国: 西ドイツ
ジャンル: ドラマ

監督: ヴィム・ヴェンダース
脚本: ヴィム・ヴェンダース、ファイト・フォン・フェルステンベルク
撮影: ロビー・ミューラー

出演: リュディガー・フォグラー
イエラ・ロットレンダー
リサ・クロイツァー
エッダ・ケッヒェル

*****************************************************

ヴィム・ヴェンダースの「ロードムービー三部作」の一作目にあたる作品。
全編モノクロ画像。

主人公がひたすらさすらい行くお話で、道中、少女を連れた女性と出会い、その女性と一夜を共にし、夜が明けてみるとその女性はおらず、仕方なく主人公はその少女と旅を続ける・・・という展開。

この物語における主人公の、「ちゅうぶらりんな精神状態の中での癒しの旅」みたいな設定が、その時の私の精神状態と酷似していた。

それと、主人公が31歳ってのもあり、思わず映画の中の主人公に自分を投影してしまった。
ロードムービーでその主人公に自分が投影された時・・・
まるで自分の分身が、映画の中でその時を体感している様な感覚に襲われたのだ。

あと、撮影監督が『ダウン・バイ・ロー』の「ロビー・ミューラー」ということで、これもばっちりツボ。
なんか話が出来すぎの感は否めないストーリー展開ではあったが、それを補って余りあるほどの素晴らしいロードムービーであった。


(以前、暫定的にUPした「都会のアリス」に関する記事を、加筆修正して再UPした。)



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2005-10-04 20:55 | ◆映画レビュー | Comments(2)
「これから観てみたい映画」リスト
“監督別”に
「これから観てみたい映画」
を挙げてみた。

まだ観てないわけでネタバレはできる限りなしでお願いしたいんですが、もし下の中で観たことがある作品がありましたら、オススメのポイントや注意点(?)などなど、何でも結構ですので、アドバイス下さい。よろしくお願いします。


【ヴィクトル・エリセ】
(監督プロフィール)
プロフィール[allcinema ONLINE]
プロフィール[JTNEWS]

(観てみたい作品)
『ミツバチのささやき』
『エル・スール』



【アンドレイ・タルコフスキー】
(監督プロフィール)
プロフィール[allcinema ONLINE]
プロフィール[JTNEWS]

(観てみたい作品)
『ローラーとバイオリン』
『僕の村は戦場だった』
『惑星ソラリス』
『鏡』
『ストーカー』
『ノスタルジア』



【ヴィム・ヴェンダース】
(監督プロフィール)
プロフィール[allcinema ONLINE]
プロフィール[JTNEWS]

(観てみたい作品)
『パリ、テキサス』
『都会のアリス』



【フェデリコ・フェリーニ】
(監督プロフィール)
プロフィール[allcinema ONLINE]
プロフィール[JTNEWS]

(観てみたい作品)
『道』
『カビリアの夜』
『甘い生活』
『フェリーニの8 1/2』
『魂のジュリエッタ』
『インテルビスタ』
『ボイス・オブ・ムーン』



【ロバート・アルトマン】
(監督プロフィール)
プロフィール[allcinema ONLINE]
プロフィール[JTNEWS]

(観てみたい作品)
『マッシュ』
『ザ・プレーヤー』
『ショート・カッツ』
『プレタポルテ』
『クッキー・フォーチュン』
『ゴスフォード・パーク』



☆人気blogランキング☆
[PR]
by nijibabu | 2005-07-04 13:44 | ◆映画関連 その他 | Comments(7)