古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:椋木美羽 ( 4 ) タグの人気記事
椋木美羽さんから子供の名前を頂きました!
椋木美羽さんへご報告です。

去年、私の娘が産まれましたが、椋木美羽さんからお名前を頂戴しました。

是非、一度で良いので、コメント頂けると有りがたいです。

よろしくお願い致します。


管理人
にじばぶ
[PR]
by nijibabu | 2009-05-07 23:20
当ブログへアクセスされた方の検索キーワード
当ブログに辿り着いた沢山の方々。
特に初めての方。
どんなキーワードで検索した人達がこのブログに辿り着いているのだろう。

多い順に、「1ヶ月毎の検索キーワード」と「アクセス数」を参考ばかりにアップしてみます。


【2008年9月】
香川京子 150
彼岸花 83
狂い咲きサンダーロード 60
若尾文子 56
にっぽん昆虫記 44
浅野忠信 42
中島ゆたか 33
木暮実千代 30
内野聖陽 27

【2008年10月】
香川京子 135
狂い咲きサンダーロード 67
浅野忠信 38
にっぽん昆虫記 25
若尾文子 23
椋木美羽 21
木暮実千代 20
芦川いづみ 19
市川雷蔵 19

【2008年11月】
香川京子 76
南田陽子 62
狂い咲きサンダーロード 59
浅野忠信 29
アンナ・ガリエナ 26
中島ゆたか 25
晩菊 25
虞美人草 24
椋木美羽 19
三池崇史 オーディション 16

【2008年12月】
香川京子 37
三池崇史 オーディション 30
レスリー・チャン 28
狂い咲きサンダーロード 26
内野聖陽 24
河内山宗俊 21
佐藤友美 19
地獄門 16

【2009年1月】
地獄門 45
三池崇史 オーディション 42
狂い咲きサンダーロード 39
椋木美羽 30
ペネロペ・クルス 21
香川京子 21
田畑智子 21
浅野忠信 20

【2009年2月】
香川京子 82
地獄門 57
内野聖陽 46
椋木美羽 43
狂い咲きサンダーロード 37
虞美人草 29
運命じゃない人 28
三池崇史 オーディション 27
中島ゆたか 27
浅野忠信 23

【2009年3月】
香川京子 302
三池崇史 オーディション 80
内野聖陽 70
いとうまいこ 31
狂い咲きサンダーロード 28
浅野忠信 25

【2009年4月】※途中経過
椋木美羽 52
香川京子 25
三國連太郎 23
内野聖陽 18
あにいもうと 15
若尾文子 13
浅野忠信 13
長澤まさみ 12
三池崇史 オーディション 10


とまぁ、こんな感じです。

内野聖陽」氏にそれほど興味はないのですが、やたらアクセスがきているようです(苦笑)。

浅野忠信」はしぶとくトップ10入りをほぼ毎月果たしているようです。

三池崇史 オーディション」の複合キーワードで当ブログにいらっしゃる人は昔から多く、“三池監督のオーディションという作品のことならにじばぶの映画”みたいになってくれてるみたいで嬉しいです。

「いとうまいこ」は結婚されたということが理由の一時的なアクセスのようです。

香川京子」は、ここ半年で4連覇も含め、当ブログにおける検索キーワードで最強のようです。

椋木美羽」この結果は嬉しい限りです。google検索では、当ブログが“椋木美羽”キーワード検索でなんと1ページ目にヒットします!個人のサイトとしては1位になります。これは私が日本一の椋木美羽ファンという証拠でしょうか?(違いますネ)

狂い咲きサンダーロード」の記事って、書いたの1回きりなんですが、いかに熱狂的なファンがいらっしゃるかが伺われる結果となっています。


以上。
あんまりこういった手前ミソ的な記事って書かないんですが、たまにはいいですかね(笑)。
 
 
[PR]
by nijibabu | 2009-04-21 20:01
BLUE FAKE ブルーフェイク
c0073737_00146.jpgBLUE FAKE ブルーフェイク』(1998)

上映時間: 94分
製作国: 日本

監督: 出馬康成
脚本: 出馬康成
撮影: 鍋島淳裕
美術: 佐原敦史
編集: 矢船陽介
音楽: 高橋KAZ
 
出演: 有森也実
椋木美羽
山本シュウ

黒沢あすか
金澤あかね
平沢草
りりィ
山崎廣明

*****************************************************
 六本木で探偵を生業としている綾香とエチカ。そんな2人に舞い込んだ仕事は、ラジオの人気DJ郷田から、ストーカーめいた電話をかけてくる女・美奈子を探してくれというものだった。その依頼を引き受けた矢先に、交通事故死してしまう美奈子。不可解な結末に疑惑を抱いた綾香は、独自に郷田の身辺を探ると、郷田の周囲で過去に3人も交通事故死していることが明らかに。しかし、綾香は事実を知れば知るほど郷田に惹かれていく。やがて郷田は、自分の過去を打ち明けようとするが…。
*****************************************************

椋木美羽の二本しかない映画出演作の残りの一つを鑑賞。

ツタヤ新宿店にすら在庫がなく、執念の“取り寄せリクエスト”にてやっとレンタル成功。

キャスト的にも不安が多いし、内容とレベルについては覚悟していたが、いやー予想通りヤバかった(汗)。


全体的に作りが雑だし、出演者の大半は棒読みを繰り返し、ほんとにヒドイ有様。

これが溝口健二没後50年経った進化したはずの日本映画かと思うと、泣けてくるがそれは言うまい。

何しろ、本作を観ようと思った動機は不純なのだから。(笑)

椋木美羽という女優を愛してやまない私は、それを覚悟で本作を観ようと決心したのだから・・・

*****************************************************

椋木美羽のもう一つの出演作である『Go!』の方が、作品としては上だと思うが、“椋木美羽がどれだけ魅力的に頻繁に画面に出てくるか”という観点でみれば、本作の方が圧倒的に上。

特に、中盤の浅草でのハッピを着てはしゃぐシーンは最高だった。

あまりにキュート過ぎて、改めて惚れ直したほど。(笑)

劇中の女性がレズ心でもって椋木美羽が演じる女性に惚れるのは心底理解できた。(笑)

*****************************************************

さて作品自体に軽く触れておくとしよう(爆)。

有森也実と椋木美羽は二人とも探偵的な役回りで活躍。

その中、有森也実は必要以上に露出が高い。
なんか肩を出しすぎだ。


ストーリー的には前述したように取るに足らない内容。

しかしそんな中、山本シュウ演じる“人気DJ”とやらが、劇中のラジオ番組の中で“都会に住む孤独な女性”からの電話相談に応じるシーンが何度となく出てくるのだが、これが最高に面白かった。

シモネタ的な相談やら、精神病的な深刻なものやら、はたまたストーカー的なものやら、DJに食ってかかる好戦的な女性やら、バラエティに富んでいるし、相談内容もとても面白い。

この電話相談シーンだけで映画1本撮った方がかえって面白くなったんじゃないかという皮肉な出色の出来栄え(笑)。

*****************************************************

この作品のレビュー関連の情報を調べたが、一つしか見つからなかった。

この作品のレビューをここで書いたところで、誰も観たことがないだろうし、興味も持ってくれないだろう。

だけどよく考えたら、ここでレビューをアップしておけば、Googleで上位にくる確率は大。(→現在の順位はコチラ。何位かな?)

あとは椋木美羽さんをはじめ、この作品の関係者の方々に読んで頂ける日を待ち望むだけです。(やや批判的なレビューだからマズイかな。笑)



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2007-03-05 00:27 | ◆映画レビュー
Go!
c0073737_16463584.jpgGo!』(2001)

上映時間: 108分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ/青春

監督: 矢崎充彦
製作: 酒井治盛
製作総指揮: 中村雅哉
脚本: 矢崎充彦
撮影: 栗山修司
音楽: 中尾淳
 


出演:
高田宏太郎(西野康助)
山崎努(謎のハーレー男)
椋木美羽(飯塚令子)
美保純(母/西野尚美)
伊集院光(細村店長)
松重豊(尚美の恋人/真木)
山崎裕太(親友/明)
光石研(尾道の警官)
寺田農(ヤクザの親分)
苅谷俊介(黒岩大介)
大河内奈々子(黒岩恵美)
渡辺裕之(白バイ警官)
川島郭志(健児)

*****************************************************
 なんとなく学校へ行き宅配ピザのバイトをしている茶髪の高校二年生・康助はある日、宅配用スクーターで年上の女性カメラマン・令子をひっかけてしまい大切なカメラを壊してしまう。弁償しようにも金はなく、有り金はたいて詫びに向かうが弁償金は返され、「そのかわり、今度ビザ持ってきて。あなたの焼いたやつね」と言い残して彼女は去ってしまう。康助はバイト先の店に忍び込み何とか満足のいく一枚を焼き上げ令子の元へ行くのだが、彼女は田舎の長崎に帰ってしまっていた。令子に惚れてしまった康助は長崎までビザを届ける事を決意する……。ロバート・レッドフォード率いるサンダンス・NHK国際映像作家賞日本部門'99を受賞した脚本を、矢崎充彦が自らを映画化した熱血ポジティブ青春映画。元カリスマ高校生、高田宏太郎の活躍と個性的な脇役陣が見どころ。
(allcinemaより)
*****************************************************

椋木美羽が目的でレンタルして鑑賞。

「椋木美羽ってだれ??」

という方がほぼ全員かなと。


昔、TVドラマで『ナースのお仕事』というシリーズがあったと思うが、あれの一番最初のに出演していた女優。

観月ありさを含む3人組ナースが、寮に住んでいたと思うが、そのうちの一人(足立美紀役)だ。

あんまり出番はなかったけど、その時、一気に好きになってしまった。

当時はまだ彼女も若くて、おそらく20代前半だったと思う。

その椋木美羽が、20代半ばに出演した数少ない“貴重な”作品が、この『Go!』である。

*****************************************************

“ロバート・レッドフォードが認めた”脚本の映画化というフレコミだが、そんなことは私にとってはどうでもよかった。

目当てはただひたすら、ナースのお仕事から5年、大人になった椋木美羽との、銀幕上での“再会”である。


ところが、彼女の出番はとても少なかった。

最初の10分ちょいと、最後の10分ちょい。

しかもセリフの話し方がヘタだし、あまり美しく撮られていない。
(それともただ単に、“老けて”しまっただけなのか?!)


というわけで、当初の目的はアッサリ裏切られたわけだが・・・

*****************************************************

しかしながら、この作品自体は十分に楽しめる内容で、満足。

脇役陣も何気に充実していて、映画俳優が勢ぞろい。

話題の邦画なんかは、テレビタレントとかアイドルとかがでまくっていて、興ざめなものも多いが、本作はキャストからして秀逸。


内容は“青春ロード・ムービー”。
まさしくそんな感じの内容。

一目ぼれしてしまった彼女の為に、高校2年生の主人公が、“ピザーラ”の原付三輪車で長崎までかっ飛ぶという内容。

お決まりのように、道中色んなイベントに遭遇するわけだが、それを突破する度、「おーーーーっ!!」と雄たけびを上げて再出発する。

これが何とも爽快。

くじけず負けずアクシデントをもろともせず前向きにエネルギッシュに突き進む。

青春の生み出す躍動感が上手に表現されていて、こちらも興奮してくる。

*****************************************************

ただし、リアリティを欠く設定や場面が多すぎるのは、ちと難点。

住所が分からないまま勢いで出かけたのはまだあり得るとしても、長崎県に入って、その辺の「ピザーラ」で彼女の住所を探し出すのは、さすがに無理が・・・^^;

その他、リアリティを完全に無視した展開が目立ち、世界に入り込むのが難しい面があった。

ただ、そういった面を勘案したとしても、間違いなく“マイナー邦画の傑作”であろう。


原付とかで、無帽にどこかへ旅に出かけたり、遠出して疲れまくった経験をお持ちの男性諸君には、特にオススメの青春ロード・ムーヴィ!


c0073737_0164224.jpg




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2007-02-14 16:48 | ◆映画レビュー