古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:浅野忠信 ( 44 ) タグの人気記事
最近観た映画(2013.1.26)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

『乱暴と待機c0073737_23481569.jpg(2010/日本)
【監督】冨永昌敬
★★★
4人の登場人物から成る物語で、舞台も非常に限定されている。 物語のほとんどは、古びた平屋で展開される。 そこに暮らしている男女は、恋人同士でもなく、家族でもない。 とても複雑な動機と成り行きで、二人は5年もの間、暮らし続けている。 その近くに引っ越してくる夫婦。 夫は無職でだらしなく、妻は腹ボテで怒りっぽい。 その夫婦が、先述の二人と絡み、物語はこれら4人を主軸にして進んでいく・・・ とても複雑で、不思議な人間関係が構築されている。 良い言い方をすれば奥が深い、悪い言い方をすれば分かりづらい。 これは好みの分かれる作品に違いない。 私的には、どれも理解に苦しむ登場人物達ばかりで、理解に苦しみながら鑑賞した末、いつの間にか終わってしまった、という感じ。 特に感慨深いものは感じられなかった。 つまり、ツボにはハマらなかった。 ツボにはまれば、この作品が持つ独特の異空間に吸い込まれたかもしれない。 そう思うと、何だか、恐ろしく潜在的能力の高い作品に感じられる。 いや、気のせいかもしれないが(笑)。


c0073737_23552553.jpg『呪怨』(1999/日本)
【監督】清水崇/高橋洋

確かに気味が悪い雰囲気は漂っているが、ホラー映画として怖いかといえば、怖くない。 おそらく“恐怖”というものの感性に関して、世代の違いがあるかもしれない。 私の子供の頃は、とにかく心霊写真が怖かった。 だから、本作よりも『女優霊』の方が怖い。 『女優霊』は、心霊写真を動画化したような趣向を持つ映画だからだ。 『リング』と比較すると、『リング』に何度もしつこく出てくる古井戸の画像が怖すぎるので、やはり本作の方が怖くない。 よって、ホラー映画として怖くないので、失格(笑)。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2013-01-26 23:56 | ◆映画関連 その他
最近観た映画(2011.12.31)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_23423948.jpg『SOUL RED 松田優作』(2009/日本)
【監督】御法川修
★★
時折挿入される松田優作自身の声、その発言が一番面白かった。 他の出演者達が、「優作さんは凄いんですよ」と連呼しているが、それほど興味を惹かれなかった。 このドキュメンタリーの内容構成は、過去の作品映像が大半と、他の出演者達のエピソードをつないだものであり、面白さという点において完成度は低い。 松田優作自身の声、発言、思想などに魅力を感じただけに、もっともっと、松田優作自身の映像や声を聴きたかった。 というか、そういう構成にして欲しかった。


c0073737_234721.jpg『活きる』(1994/中国)
【監督】チャン・イーモウ
★★★
1940年代から60年代を舞台に、中国のある家族の一代記を描いた作品。 博打で屋敷を手放し、戦争では死の淵を彷徨い、二人の子供は死んでしまう。 それでもなお人間は生き続けなければならない。 人間は弱くもあるが、時間を経るにつれ、辛い出来事を乗り越え逞しくまた生きていく。 その躍動感に満ちた人生を『活きる』と題し、描いて終わるのだが、どうも単調だし、尺も長いのがひっかかる。 チャン・イーモウはこの手の人情劇を撮らせると抜群に良い味を出せる監督だが、本作は変にスケールを大きくしてしまったせいで、初期の作品群に感じられた素朴な味わいが消えてしまっているように感じた。 後のワイヤーアクション大作で、それまでのファンを置き去りにしたチャン・イーモウが、その片鱗を見せた作品だと感じる。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-12-31 23:48 | ◆映画関連 その他
「浅野忠信 作品リスト」を更新(62作品目)
「浅野忠信 作品リスト」を更新しました。

今回は62作品目となる『劔岳 点の記』を追加しました。
リンク先をご参照下さいませ。


管理人
[PR]
by nijibabu | 2011-01-22 09:52 | ◆映画関連 その他
「浅野忠信 作品リスト」を更新(61作品目)
「浅野忠信 作品リスト」を更新しました。

今回は61作品目となる『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』を追加しました。
リンク先をご参照下さいませ。


管理人
[PR]
by nijibabu | 2011-01-17 22:15 | ◆映画関連 その他
最近観た映画(2009.9.21)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_1319330.jpg『女は二度生まれる』(1961/日本)
【監督】川島雄三
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_13212579.jpg『M』(1931/ドイツ)
【監督】フリッツ・ラング
★★★
1930年代にしては犯罪モノとしての完成度は高い。 そこはさすがF・ラング。 しかし、やはりどうも古臭さを感じる。 ただし、その古臭さを、サイレント作品を楽しむような感覚で堪能できれば、また別の面白味が出てくるかもしれない。


c0073737_13223234.jpg『我が家の楽園』(1938/アメリカ)
【監督】フランク・キャプラ

いかにもアメリカ映画的な欺瞞に満ちた内容。 アメリカが豊かな国であるからこそ、語られるその内容たるは観ていて苦痛。 金もうけ、軍事的優位、領土的優位、あらゆる面においてアメリカという国が豊かであるがゆえに、この物語は非常に都合良く、その物語を進行していく。 大体、楽園とやらの家主であるあのおじいさんとやら。 金がなかったら、あんなに沢山の人間を養い、自分の好きなことだけをやって暮していけるはずがない。 なのに、一方では、銀行家が最後は金よりも友情を買うというオチが待っている。 あの銀行家もまた、余裕があればこそ、土地買収をやめて、あの楽園に落ち着いたのだ。 これが貧しい国ならどうだろう。 そもそもあの楽園とやらも存在し得ない。 つまりは、平和ぼけした偽善的なアメリカという国が舞台だからこそ、成り立つ世界なのだ。 独善的なアメリカ的自由主義の嫌な部分をヘドが出るほど見せ付けられた2時間。 これほど自己中心的で、無邪気に過った正義を語る映画を作れるのは、やはりアメリカという国しかありえない。


c0073737_13241239.jpg『224466』(2008/日本)
【監督】浅野忠信
★★
DVDはバラ売りで、単品仕様。 そんな中で、浅野忠信監督作品『224466』のみを鑑賞した。 浅野忠信が頭の中に描くイメージをそのまま映像化した様な短編で、意味は分からない。 俳優としての浅野忠信ではなく、アーティストとしての浅野忠信に興味がある方なら楽しめる作品だろう。


c0073737_13255578.jpg『バウンス ko GALS』(1997/日本)
【監督】原田眞人
★★
コギャルという生態を色物的に描いた前半から、まともな青春モノとなる後半まで、実にアンバランスな一品。 はっきり言って、賞味期限切れな作品なのだが、今となってみると一つの時代を描いた作品として貴重とも言える内容となっている。 残念なのは、作品としての全体的な印象が、どこにでもありそうな適当な邦画のように感じられるところだ。 こういう軽いノリの作品なら、最後はあそこまでマトモにしめることなく、最初から最後まで軽いノリでいってほしかった。 もしくは、最初から最後まで社会派的な作風にして、重厚にまとめ上げるとか。 ただし、この作品の素晴らしいところは、コギャルや援助交際といった、当時社会的問題となったネタを、余すところ無くストレートに映像に残しているところだろう。 そういう点では、その時代を映した他にはない貴重な作品として、後世に残る可能性も秘めた作品である。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2009-09-21 13:26 | ◆映画関連 その他
当ブログへアクセスされた方の検索キーワード
当ブログに辿り着いた沢山の方々。
特に初めての方。
どんなキーワードで検索した人達がこのブログに辿り着いているのだろう。

多い順に、「1ヶ月毎の検索キーワード」と「アクセス数」を参考ばかりにアップしてみます。


【2008年9月】
香川京子 150
彼岸花 83
狂い咲きサンダーロード 60
若尾文子 56
にっぽん昆虫記 44
浅野忠信 42
中島ゆたか 33
木暮実千代 30
内野聖陽 27

【2008年10月】
香川京子 135
狂い咲きサンダーロード 67
浅野忠信 38
にっぽん昆虫記 25
若尾文子 23
椋木美羽 21
木暮実千代 20
芦川いづみ 19
市川雷蔵 19

【2008年11月】
香川京子 76
南田陽子 62
狂い咲きサンダーロード 59
浅野忠信 29
アンナ・ガリエナ 26
中島ゆたか 25
晩菊 25
虞美人草 24
椋木美羽 19
三池崇史 オーディション 16

【2008年12月】
香川京子 37
三池崇史 オーディション 30
レスリー・チャン 28
狂い咲きサンダーロード 26
内野聖陽 24
河内山宗俊 21
佐藤友美 19
地獄門 16

【2009年1月】
地獄門 45
三池崇史 オーディション 42
狂い咲きサンダーロード 39
椋木美羽 30
ペネロペ・クルス 21
香川京子 21
田畑智子 21
浅野忠信 20

【2009年2月】
香川京子 82
地獄門 57
内野聖陽 46
椋木美羽 43
狂い咲きサンダーロード 37
虞美人草 29
運命じゃない人 28
三池崇史 オーディション 27
中島ゆたか 27
浅野忠信 23

【2009年3月】
香川京子 302
三池崇史 オーディション 80
内野聖陽 70
いとうまいこ 31
狂い咲きサンダーロード 28
浅野忠信 25

【2009年4月】※途中経過
椋木美羽 52
香川京子 25
三國連太郎 23
内野聖陽 18
あにいもうと 15
若尾文子 13
浅野忠信 13
長澤まさみ 12
三池崇史 オーディション 10


とまぁ、こんな感じです。

内野聖陽」氏にそれほど興味はないのですが、やたらアクセスがきているようです(苦笑)。

浅野忠信」はしぶとくトップ10入りをほぼ毎月果たしているようです。

三池崇史 オーディション」の複合キーワードで当ブログにいらっしゃる人は昔から多く、“三池監督のオーディションという作品のことならにじばぶの映画”みたいになってくれてるみたいで嬉しいです。

「いとうまいこ」は結婚されたということが理由の一時的なアクセスのようです。

香川京子」は、ここ半年で4連覇も含め、当ブログにおける検索キーワードで最強のようです。

椋木美羽」この結果は嬉しい限りです。google検索では、当ブログが“椋木美羽”キーワード検索でなんと1ページ目にヒットします!個人のサイトとしては1位になります。これは私が日本一の椋木美羽ファンという証拠でしょうか?(違いますネ)

狂い咲きサンダーロード」の記事って、書いたの1回きりなんですが、いかに熱狂的なファンがいらっしゃるかが伺われる結果となっています。


以上。
あんまりこういった手前ミソ的な記事って書かないんですが、たまにはいいですかね(笑)。
 
 
[PR]
by nijibabu | 2009-04-21 20:01
サッド ヴァケイション
c0073737_22323737.jpgサッド ヴァケイション』(2007)

上映時間: 136分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ/犯罪

監督: 青山真治

原作: 青山真治
脚本: 青山真治
撮影: たむらまさき
音楽: 長嶌寛幸

出演: 浅野忠信/石田えり/宮崎あおい/板谷由夏/中村嘉葎雄/オダギリジョー光石研斉藤陽一郎/辻香緒里/川津祐介/とよた真帆/嶋田久作/豊原功補/山口美也子

*****************************************************
c0073737_22375927.jpg「レイクサイド マーダーケース」の青山真治監督が、「Helpless」「EUREKA ユリイカ」に続く“北九州サーガ”の集大成として撮り上げた人間ドラマ。行き場を失った者たちを寛容に受け入れる小さな運送会社を舞台に、そこに暮らす男女の人間模様と、偶然の再会を果たした母と息子の愛憎の行方を、ユーモアを交えつつ鋭い人間洞察で綴る。浅野忠信、宮崎あおい、光石研、斉藤陽一郎ら前2作の出演陣に、新たに石田えり、中村嘉葎雄、オダギリジョーらが加わり、実力派豪華キャストによるアンサンブルが繰り広げられる。
(「allcinema」より。)
*****************************************************

c0073737_22365363.jpg前作にあたる『Helpless』ほどの出来ではないにしろ、なかなか楽しめました。

青山監督の作品は、最近不作続きでしたが、やはりこの『Helpless』が良かっただけに、ここは外れませんでしたね。


キャストがなかなか豪華で、それも楽しめました。

又、斉藤陽一郎を出してくれたのが嬉しかったですね。
c0073737_22371134.jpg
光石研との掛け合いもサイコーでした。

ああいう力の抜けたやり取り、会話のシーンは自分好みです。

浅野忠信にそういう会話シーンをさせるピカイチなんですが、本作でのキャラがそれを許さなかったのが残念です。

c0073737_22373233.jpg
それにしても『ユリイカ』まで混ぜてしまう脚本はどうなんでしょうか?

やり過ぎの様な気もしましたが・・・

青山監督だから仕方ないですけどね(笑)。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-06-27 22:39 | ◆映画レビュー
wkw/tk/1996@7'55''hk.net
c0073737_5311965.jpgwkw/tk/1996@7'55''hk.net』(1996)

上映時間: 10分
製作国: 香港/日本
ジャンル: バイオレンス/ショート(短篇)

監督: ウォン・カーウァイ

撮影: クリストファー・ドイル
音楽/美術/編集: ウィリアム・チャン
衣装/エグゼクティヴ・プロデューサー: 菊池武夫

出演: 浅野忠信/カレン・モク

************************************
 世紀末の香港に生きる日本人青年のある日常を、モノローグでスタイリッシュに切り取った短編。監督は90年代を代表する映画作家ウォン・カーウァイ。かねてファンだったファッション・デザイナー菊池武夫の打診を受け、彼をエグゼクティヴ・プロデューサーに迎え、短期間で脚本もない状態で即興的に撮り上げた。撮影のクリストファー・ドイル、美術・編集のウィリアム・チャンは「天使の涙」などでおなじみのカーウァイ組の常連スタッフ。出演は「ACRI」の浅野忠信、「天使の涙」のカレン・モク。一部がテレビ各局でワールドのCMとしても放映された。
(「goo 映画」より)
***********************************************

ウォン・カーウァイ監督の幻の短篇をついに観ることができた!


この頃のカーウァイとドイルが生み出す映像は、やっぱりかっこよすぎ!

c0073737_533672.jpg浅野忠信も、まだキレ味の鋭さが残っており、これまた負けず劣らずかっこよかった。


『恋する惑星』などの、油の乗り切った頃のウォン・カーウァイが送り出した作品だけあって、あの頃の雰囲気をそのまま感じることができる。

なかなか観る機会はないかもしれないが、どこかで上映された際には、お見逃しなく!

言うまでもなく、ウォン・カーウァイと浅野忠信ファンの方は、必見の短篇映画だ!



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-03-01 05:33 | ◆映画レビュー
「浅野忠信 作品リスト」を更新(57作品目)
「浅野忠信 作品リスト」を更新しました。

今回は57作品目となる『wkw/tk/1996@7'55"hk.net』を追加しました。
リンク先をご参照下さいませ。


管理人


(追伸)
長年追い求めてきた、ウォン・カーウァイ監督の幻の短篇をついに観ることができました!この頃のカーウァイとドイルが生み出す映像は、やっぱりかっこよすぎでした!この頃の浅野忠信も、まだキレ味の鋭さが残っており、これまた負けず劣らずかっこよかったです!
 
[PR]
by nijibabu | 2007-09-20 19:42 | ◆映画関連 その他
ウォン・カーウァイ監督の幻の短篇映画が11年振りに公開
シネマート六本木で先日『wkw/tk/1996@7'55"hk.net』という、ウォン・カーウァイ監督の幻の短篇作品が11年振りに上映されました。

主演に浅野忠信、監督はウォン・カーウァイ、そして撮影はクリストファー・ドイルというメンバーにより撮られた幻の短篇映画です。

製作年は1996年で、直前に『恋する惑星』や『天使の涙』という傑作をカーウァイは撮っており、あの頃のテイストが凝縮された短篇らしいです。


そして本作は、『浅野忠信出演作、全制覇』をもくろみ、又、ウォン・カーウァイ監督のファンでもある私が、ずっと観てみたいと思い続けてきた作品でした。

しかも大好きなクリストファー・ドイルによる撮影で、しかもあの『恋する惑星』的な雰囲気と映像の中で、浅野忠信が主演を演じた作品。

ノドから手が出るほど、観てみたい作品でした。


しかし・・・

見逃しました。

この短篇が上映されることを知ったのは、六本木での上映期間が終わった後でした。

『インビジブル・ウェーブ』の上映終了後にセットで上映されたらしいのですが、『インビジブル・ウェーブ』自体は新宿の映画館で観ました。

もし六本木の方で観ていれば、この短篇が併映されることは偶然にも知ることができたと思うんですが・・・


これは言葉に言い現せないほど、残念です。

次はいつ上映されるやら。(23日から梅田や心斎橋で上映されるらしいですが、私が住んでいるのは関東なものですから・・・)


もしまた奇跡的に上映される日が来たり、DVDが何かの付録で出るかしたら、是非こちらに情報をお寄せ頂けると嬉しいです。

ウォン・カーウァイ監督の『wkw/tk/1996@7'55"hk.net』という短篇映画です。

よろしくお願い致します。<m(__)m>


*********************************************
(以下は、上映された映画館のホームページよりコピーしたものです。)


c0073737_12331380.jpg幻のショートムービー『wkw/tk/1996@7’55”hk.net』 6月23日より上映決定 !!

 浅野忠信×クリストファー・ドイル×TAKEO KIKUCHI…『インビジブル・ウェーブ』の3強が参加した幻のショートムービー『wkw/tk/1996@7’55”hk.net』。
TAKEO KIKUCHIのプロモーション映画としてウォン・カーウァイ監督により製作され、その後ファンの間で幻の名作として語り継がれてきた秘蔵作が、たくさんのリクエストに応え、『インビジブル・ウェーブ』上映時のスペシャル特典としてシネマート心斎橋でも上映することとなりました。
この企画のため、倉庫の奥深くに眠っていた映像素材を、実に数多くの方々のご協力をいただいて、やっと見つけ出しました。ベッドの上でマシンガンを乱射する格好良くすぎる浅野忠信をスクリーンで味わえるまたとないチャンス!絶対にお見逃しなく!

■『wkw/tk/1996@7’55”hk.net』
(1996年/香港=日本/8分)
出演:浅野忠信、カレン・モク 監督:ウォン・カーウァイ/撮影:クリストファー・ドイル/衣裳:TAKEO KIKUCHI
■上映劇場:シネマート心斎橋 6/23(土)~7/6(金)
『インビジブル・ウェーブ』最終回のみに併映




★参照★
作品レビュー目次
浅野忠信 作品リスト

お気に入り映画一覧
映画採点表
宿題映画リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2007-06-24 12:35 | ◆映画関連 その他