古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:緒方明 ( 3 ) タグの人気記事
のんちゃんのり弁(2008/日本)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_091395.png『のんちゃんのり弁』(2008/日本)
【監督】緒方明
★★★
リアルな東京、現実的な現代劇といった感じなのに、どこか平和な風が作品全体に吹いていて、結構好みな日本映画。ロケーションも良くて、東京の下町を主体にしている。実際に行ったことのある場所が沢山出てきたのも、リアルさを感じられた要因かもしれない。これはおそらく、東京を良く知っている人がロケの場所を厳選したから出来たことで、偶然ではない。現代の東京をリアルに描こうというコンセプトが感じられる。随所に出てくる様々な登場人物達も個性があって、なかなか良い。就職活動の厳しい現実の描き方、採用面接の業界ごとの違いなども、良く描かれていた。小西真奈美の魅力も堪能できた。フォトにおさめられた、スーツを着た小西真奈美の振り返る姿が、とても素敵だった。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2015-11-04 00:11 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2008.5.18)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_8195517.jpg『狂い咲きサンダーロード』(1980/日本)
【監督】石井聰亙
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_8223240.jpg『独立少年合唱団』(2000/日本)
【監督】緒方明
★★★
大林宣彦監督の『青春デンデケデケデケ』を好きな人なら楽しめるはず。 私は苦手なジャンルの作品だ。


c0073737_8233840.jpg『イタリア麦の帽子』(1927/フランス)
【監督】ルネ・クレール
★★
なんか、おそろしくつまらないサイレント作品でした^^; というか、観ていても内容がつかめない。 致命的です。 字幕を排除しても、内容が把握しやすいサイレントなら結構なんですが、本作はとてもわかりづらいのです。


c0073737_829586.jpg『一人息子』(1936/日本)
【監督】小津安二郎
★★★
後の小津代表作『東京物語』の原型ともいえる小津の王道的作品。 つまりは、私の苦手な系統の小津作品である。 やっぱり小津の魅力はコミカルさにあるんではないか。 本作は終始淡々と進み、コミカルさは成りを潜めている。


c0073737_8302585.jpg『かげろう笠』(1959/日本)
【監督】三隅研次
★★★
香川京子を目当てで本作を鑑賞。 とても静かな女性を演じており、香川京子の可憐な魅力には欠ける作品である。 逆に長谷川一夫は、なかなかの男気を見せていて良かった。 今まではナヨナヨした女形のイメージが強く、あまり好きな俳優ではなかったが、本作でそのイメージが消え去った。 長谷川一夫という役者は、どんな役柄でもこなせる役者なんだと感心した。


c0073737_8314617.jpg『まぼろしの市街戦』(1967/フランス/イギリス)
【監督】フィリップ・ド・ブロカ
★★★
シリアス・コメディ・ラブロマンス・戦争モノ・アクション・風刺劇。 色んな要素を併せ持つ作品。 しかし、どうもコメディセンスが自分に合わない。 楽しさより苛立ちが先に立った。


c0073737_834221.jpg『有りがたうさん』(1936/日本)
【監督】清水宏
★★★★
最初はゆっくり過ぎるセリフ回しにイライラしたが、次第に慣れていった。 上原謙の演じる二枚目長距離バス運転手。 これが大モテ。 道中のうら若き女性達に親しげに話しかけられ、話しかける。 こりゃ羨ましい。 画面を通して、まるで自分がモテモテになったかの様な感覚をおぼえることができて楽しい。 ヒゲの初老男性と桑野通子が演ずる毒気のある女性との会話が面白い。 その女性がお酒をバス内で他の客にふるまう。 しかし文句ばかり言ってきた初老の男性にはお酒をあげない。 それを見たヒゲ男性は当然面白くなく、「バスの中でお酒は禁止じゃないのか」と文句一つ。 それに対し、その女性はそのヒゲ男性にも「じゃあ、お酒をいかが」とすすめる。 それを受けて、ヒゲ男性は少し迷った挙句、「じゃ、せっかくの好意だから頂くとするか」と欲求に負けてしまう。 ここでその女性の一言が最高! 「あら、バスの中でお酒は禁止じゃなかったのかしら」。 そして、最後までお酒をそのヒゲ男性にあげない(笑)。 こりゃ凄い!酷い! 普通、そこまで皮肉言ったら、一杯くらいあげるだろ! やるなぁ(^_^)


c0073737_8361474.jpg『Z』(1969/フランス/アルジェリア)
【監督】コンスタンタン・コスタ=ガヴラス
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-05-18 08:38 | ◆映画関連 その他 | Comments(30)
ハヴァ、ナイスデー
c0073737_1726222.jpgハヴァ、ナイスデー』(2006)

上映時間: 206分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ/短篇オムニバス


監督:
長澤雅彦 「birthday girl」
本田隆一 「お別れのバラード」
安里麻里 「夕凪」
飯塚健 「wonderful swim」
村松正浩 「橘くんのバカ。」
矢部浩也 「宇宙のはじまりとおわり」
富永まい 「風見鶏と煙突男」
緒方明 「その山を崩せ」
矢崎仁司 「大安吉日」
筧昌也 「35度の彼女」
日向朝子 「WAITER」
山内健司 「プリーズ、ウェイク・アップ」
永田琴 「初恋のてんまつ」
柿本ケンサク 「バリガー」
タナダユキ 「世田谷リンダちゃん」
本田昌広 「世界でいちばん身体にいいこと」
福岡芳穂 「ピンポンッ」
中野裕之 「全速力海岸」

***********************************************
 インターネット・サイト“短編.jp”から生まれたオムニバス映画。フレッシュな映像クリエイター18人を起用し、「一日」をテーマに制限時間24時間で撮り上げられた18編の多彩な物語が綴られる。劇場公開に際しては、それぞれ“SIDE-A”“SIDE-B”と題して、各9編ずつをまとめて上映。
(「allcinema」より)                  ⇒公式HP
***********************************************

10分ちょっとの短篇映画が18本集まってできたオムニバス映画。
合計上映時間なんと206分!

邦画の短篇映画が好物の私にとって、これはまたとないご馳走となった。

どれも個性的な作品ばかりでかなりの満足。

その中でも特に気に入った作品をピックアップしてみよう。

***********************************************

まずは18篇中、一番良かった作品を選出してみる。

それは、 緒方明監督の『その山を崩せ』だ。

青山真治監督作品の常連俳優である斉藤陽一郎がメインキャストの傑作。

斉藤陽一郎という俳優は、今まであまり好きでなかった。
いや、正確には苦手な俳優だった。

だけど、本作でその印象は180度回転した。

個性が強いが、それがうまくハマれば好きになれる。
そんな俳優だ。

そして本作の監督である緒方明。

恥ずかしながら、今回初めて知った監督だ。

顔はいかつい監督だけど、繊細で幸せになれる素晴らしい映画を作る人だなぁ。

この機会に同監督の長編作品も観てみようかな。


c0073737_10355915.jpg『その山を崩せ』
監督:緒方明 脚本:川田雅子+緒方明
出演 今井祐子 斉藤陽一郎





***********************************************

さて、その次に良かった作品が、村松正浩監督の『橘くんのバカ。』長澤雅彦監督の『birthday girl』

両方とも映像が素晴らしい!
とっても綺麗なのだ。

『橘くんのバカ。』の方は、主演女優をとにかく美しく撮っていた。

しかし、脚を執拗に撮っているのは、監督の個人的好みによるものだろうか?(笑)


そして『birthday girl』も負けず劣らず映像が綺麗で、18作品のトップを飾った作品。

ストーリー自体も面白かったし、東京を美しく映像化しているところも良かった。


他の短篇と比べて、「映像の美しさ」という点で、頭一つ出たレベルの作品を披露してくれたこの二人の監督。

これまたこれらの監督の長編が観たくなった。


c0073737_10364999.jpg『橘くんのバカ。』
脚本・監督 村松正浩
出演 芳野ゆみ 服部竜三郎 坪内守 酒瀬川真世


c0073737_10372037.jpg『birthday girl』
脚本・監督 長澤雅彦
出演 JOSI 渡辺海弓 山岸拓生





***********************************************

さて18作品中3作品を上に挙げてみた。

良かった作品を追加するなら、矢崎仁司監督の『大安吉日』かな。

矢崎監督は『ストロベリーショートケイクス』を観たけど、かなり素晴らしかった。

今回の短篇も、さすが矢崎監督といった卒のない出来栄え。

安心して楽しむことができた。


そして、この18作品から成るオムニバス映画『ハヴァ、ナイスデー』を観ようと思ったきっかけとなった中野裕之監督について。

中野裕之監督は『全速力海岸』という短篇を撮っている。
本オムニバスのトリを飾る作品だ。

特別よくはなかったが、中野監督らしさは出ていた気がする。
期待していたので、少し物足りなさはあったが。


c0073737_10375136.jpg『大安吉日』
監督 矢崎仁司 
脚本 狗飼恭子+矢崎仁司
出演 宮下ともみ 河井青葉 諏訪太朗  風見章子


c0073737_1038119.jpg『全速力海岸』
監督・脚本 中野裕之
出演 村上淳 渡辺真起子 綾野剛 細井ゆめの 森下能幸




***********************************************

18作品の全てについてレビューを書くはわけにはいかないので、ここまで。

つまらないなぁ、と感じたのは二つか三つほどで、ほぼ全部良かった。


意外とレベルの高いオムニバス邦画だった。

“自分だけのお気に入り監督”を見つけたいという様な、貪欲な映画好きの方に、是非オススメしたい作品である。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2007-10-23 17:59 | ◆映画レビュー | Comments(0)