古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:豊田四郎 ( 14 ) タグの人気記事
最近観た映画(2011.2.18)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_6341468.jpg『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』(2009/日本)
【監督】根岸吉太郎
★★★
堕落した男についていく女。 この構図をシンプルに描いている。 浅野忠信と松たか子が初めて組んだ主演作というだけで、もう両者のファンにとってはそれだけで十分なわけだが、両者共に持ち味を発揮しているのが更に良い。


c0073737_6364667.jpg『竜馬暗殺』(1974/日本)
【監督】黒木和雄
★★★
なんか最初は「気取ったモノクロ映像だなぁ・・・」と、げんなりモードで観ていたが、途中から不思議と、このザラついたモノクロ映像の世界に浸っていた。 そして、終わる頃には、むしろ心地よいとさえ感じていた。 モノクロの映像世界に浸っていたら、いつの間にか「完」の文字・・・という不思議なATG作品だった。


c0073737_6404266.jpg『明日ある限り』(1962/日本)
【監督】豊田四郎
★★★
豊田四郎監督、香川京子主演の組み合わせ。 これが理由で本作を鑑賞した。 豊田四郎監督作品として観ても、それほど突出した作品ではないし、香川京子の魅力が出ているかといえば、そうでもない。 ただ、手堅い演出とストーリーで、それなりに満足できるレベルではある。 真面目すぎるストーリーと、香川京子がやたらに感情的になってばかりいる部分が難点で、決して楽しい気分になれる作品ではない。 しかし、家族としての絆がいかに大切であるかを感じることができるという点において、どこか小津安二郎作品に通ずるものも感じた。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2011-02-18 06:41 | ◆映画関連 その他 | Comments(2)
花のれん
c0073737_14234964.jpg花のれん』(1959)

上映時間: 129分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ

監督: 豊田四郎


原作: 山崎豊子
脚本: 八住利雄
撮影: 安本淳
音楽: 芥川也寸志

出演: 淡島千景/花菱アチャコ/司葉子森繁久彌石浜朗/佐分利信/乙羽信子/飯田蝶子/浪花千栄子/万代峯子

*****************************************************
 昭和初期の大阪。船場の呉服屋に嫁いだ多加は頼りない夫・吉三郎を盛り立てて奮闘するが、寄席道楽にふける夫は店をつぶしてしまう。「いっそ道楽を本業に」と、場末の寄席を買い取るが・・・。大阪女の強さと哀しさを描いた作品。全篇にわたり淡島千景の堂々たる演技を味わうことができる。
(「宝塚映画祭」作品解説より。)
*****************************************************

豊田四郎監督作品らしい重厚な作品。

戦争の焼け跡や空襲のシーンなど、かなり大掛かりな作りとなっている大作。


c0073737_14293174.jpg淡島千景と森繁久彌の前半のやりとりは、同監督の『夫婦善哉』を彷彿とさせる面白さ。

中盤は、淡島千景が金の亡者となって、大阪商人をひた走り、やがては大成功を成し遂げる。


そんな淡島千景の母親ぶりに、石浜朗演ずる息子は疑問を投げかける。

お金に何でも換算したがる母親に対し、もっと人間らしい感情と生き方を持ってほしい、と。


仕事やお金って、生活を豊かにするための手段あって、それが目的になってしまうのはいかがなものか。

そんな生き方は、目的と手段が本末転倒した間違えた生き方なのではないだろうか。


幸せな生活を送るには、もちろんお金が必要だし、それを得るためには仕事が必要なわけだが、最低限の文化的な人間らしい生活ができるお金があれば十分であって、まして、仕事が生き甲斐の人生なんてつまらない。

それがまさしく本作のテーマであって、本作のそのテーマに対するスタンスに、とても同感できた気がする。


人情劇を描かせると、頭一つ出た実力をみせる豊田四郎監督。

この監督ならではの持ち味が存分に発揮された見応えのある力作である。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2010-06-13 14:30 | ◆映画レビュー | Comments(0)
最近観た映画(2009.9.6)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_034652.jpg『たそがれの女心』(1953/フランス・イタリア)
【監督】マックス・オフュルス
★★★
残念ながら観た直後でも大した印象が残っていない。 DVDまで購入して観たのに、これは残念無念。 シャルル・ボワイエやダニエル・ダリューといった出演陣に古臭さを感じてしまったのも、その一因かもしれない。


c0073737_035127.jpg『駅前旅館』(1958/日本)
【監督】豊田四郎
★★
大型シリーズとして有名な『駅前シリーズ』の記念すべき第一作ということで、さぞかし面白いのだろう、と期待してからの鑑賞。 ハードルが高かったとかではなく、単純に面白くなかった。 なんというか、自分の好きな喜劇のリズムに合ってない。 しかも、ギャグもそのほとんどが、今の私の感覚からすればスベっていて、笑いたくても笑えないのだ。 エネルギッシュな流れで進行し、終始ハイテンションなのは良いのだが、ある程度メリハリをつけてくれないと、息切れしてしまう。 それでも爆笑できるシーンがいくつもあれば大丈夫なのだが、そんな爆笑シーンも見当たらず。 『駅前シリーズ』は大型で有名な喜劇シリーズだけに、ずっと前からこの第一作『駅前旅館』から観ようと心に決めていた。 そしてようやく今回レンタルに至り、鑑賞したのだが、正直とても残念な内容だった。 この一作目で感触が良ければ、あわよくば『駅前シリーズ』を全て観てやろう!くらいの気概があったんだが・・・


c0073737_0362239.jpg『キムチを売る女』(2005/韓国・中国)
【監督】チャン・リュル
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_0381227.jpg『按摩と女』(1938/日本)
【監督】清水宏
★★★★
清水宏監督作品としては『有りがたうさん』を更に超える素晴らしさ。 温泉宿の旅情、高峰三枝子の妖艶たる美しさ、盲目の人に対する等身大の表現、日本映画的な素朴さ、その全てが実に良い。 これだけのものを1時間という短い尺の中で表現できるのが凄い。 ムダに長い映画はこの作品を見習うべきだ。 按摩の高峰三枝子に対する恋心。 これが痛いくらいに伝わってくる。 盲目というハンディキャップは間違いなくそこに存在する。 それをあるがままに描いた本作は、1930年代という時代だからこその成せる業であり、そういう意味でも貴重な作品である。 本作の様に、盲目の人のハンディキャップをあるがままに描いたら、現代では間違いなくバッシングされるだろう。 現代とは、いかに息苦しく、そして制約が多く、つまらない世の中だろうか。 綺麗ごとや、決まりきった常識やらが偉そうに闊歩する現代において、更に輝きを増す作品なのではないだろうか。


c0073737_0405526.jpg『カノン』(1998/フランス)
【監督】ギャスパー・ノエ
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2009-09-06 00:42 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2009.6.17)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_20133195.jpg『宮本武蔵』(1961/日本)
【監督】内田吐夢
★★
内田吐夢監督の代表的シリーズ作品。 そして、日本映画を代表するシリーズ大作。 それだけに、不満。 これなら、まだ溝口健二の撮った『宮本武蔵』の方が良い。 シリーズ大作って、『仁義なき戦い』シリーズにしてもそうだけど、評価が高い割に、自分的にはそれほど凄いとは感じられないことも多く、本シリーズもその例にもれないんじゃないかと、ちと不安になった。 次回作以降に期待。


c0073737_20133987.jpg『宮本武蔵 般若坂の決斗』(1962/日本)
【監督】内田吐夢
★★
まったりまったりと観ているうちに、いつの間にかラストの般若坂のシーンへ。 錦之助の立ち回りは斬新さと躍動感があり、さすがの素晴らしさだった。 しかし、それ以外に心を動かされたり、興奮したり、感情移入できたりしたシーンなどはなく、これまた一作目に続き、自分の中で名前負けの部類に入ってしまった。 今回も残念だった。 次回の三作目に期待。


c0073737_20155345.jpg『ペイル・ライダー』(1985/アメリカ)
【監督】クリント・イーストウッド
★★
イーストウッド好きにはたまらない作品だろう。 何しろ、肉弾戦でも強い、銃を扱わせても速い、15歳の少女には告白され、熟女には熱いキスを受けての親子ドンブリ状態、最後は一人で悪役連をなぎたおし、善良な村人達を救ったヒーローはひとり去っていく・・・のだから。 だけど、私のようなイーストウッドに対して特別な興味を持っていない人間がこの作品を観たら、どうだろう。 監督して製作して主演をはって、やりたい放題。 大体、人間、歳をとればどんな人間でも反射神経は鈍り、早撃ちは無理になるはず。 男が50過ぎて、15歳の少女から告白を受けるなんてことはありえないし、仮にあったとしても、それを男が断るはずはない。 それに多勢に無勢という言葉があるように、いくら強くても多人数を相手に回して勝てるワケがない。 少女がレイプされようとしているその瞬間に助けにくるタイミングは、リアリティを欠く都合よすぎるタイミングで興ざめ。 まあ、それらはともかく、イーストウッドのやりたい放題にどこまで陶酔できるか、これが本作を楽しめるか否かの分かれ目であることだけは間違いない。


c0073737_20193344.jpg『濹東綺譚』(1960/日本)
【監督】豊田四郎
★★★
新藤兼人監督のリメイク版を先に見ていたが、脚本はかなり異なった趣で、ストーリーは新鮮味をもって楽しむことができた。芥川比呂志の演技も控えめな味わいがあって素晴らしく、隅田川べりにあった「玉ノ井」の娼婦街も、場末な雰囲気が出ていた。街の風景描写を楽しみ、昭和初期の東京下町風情を楽しめる作品に仕上がっている。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2009-06-17 20:18 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2009.5.7)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_19534632.jpg『死の十字路』(1956/日本)
【監督】井上梅次
★★★★
三國連太郎の老け役が凄い。 この作品から50年以上経つ現在においても、三國連太郎が現役であるというのが信じられない老け役ぶり。 前半の、風がざわざわと吹く山あいで、二人の人間を古井戸に沈めるシーンは、本作においては一番の見所ではないだろうか。 あの不気味さの演出は素晴らしい。


c0073737_19544596.jpg『イヴの総て』(1950/アメリカ)
【監督】ジョセフ・L・マンキウィッツ
★★★★
完成度の高い作品。 脚本が実に緻密。 役者陣の演技も巧い。 難を言えば前半のつまらなさ。 終盤の盛り上がりがあるとは言え、早送りしたくなるほどの退屈さ。 それと映像。 技術的な意味では素晴らしい映像だが、芸術的な意味では何もない。 又、女優陣も魅力に欠ける。 マリリン・モンローが端役で出ていたが、やはり彼女が一番輝いていた。


c0073737_19565698.jpg『大列車強盗』(1903/アメリカ)
【監督】エドウィン・S・ポーター
★★
やっと観れた。 面白くはないが、1903年製作の映画で、違和感なく観れたのは凄い。


c0073737_19584357.jpg『OK牧場の決斗』(1957/アメリカ)
【監督】ジョン・スタージェス
★★★
最後の決斗は盛り上がるにしても、それまでがダラダラと長すぎる。 「退屈極まりないのは最後に決斗があるから我慢しろ」、と言わんばかりの長たらしさ。 それに加え、最後の決斗で6対4と頭数で不利であるにも関わらず、メイン二人は生き残り、残り二人も軽症、だけど相手は全滅という、あっけにとられるような都合の良さが決定的マイナス。 映像も綺麗だし、音楽も味があってよいが、やっぱりアメリカ映画はなぁ・・・という印象。 ただし、それとは別に、主演二人の演技は素晴らしい。 男としての魅力も存分に出ていた。


c0073737_2044753.jpg『若い人』(1937/日本)
【監督】豊田四郎
★★
後のリメイク版、市川崑監督、池部良主演の『若い人』を観たことがあったので、ストーリー的に何ら興味を持てなかったのが、私にとって致命傷となり、退屈極まりなかった。 しかも、市川崑監督版の方が良かったし。 それでも、元祖の『若い人』を観るという価値はあるだろうけど。 それにしても、この時代の豊田四郎監督は、いまいちな作品が多い。 後年に味わい深い名作を残した監督とはとても思えない。


c0073737_20142193.jpg『大日向村』(1940/日本)
【監督】豊田四郎
★★
過疎どころか、人口が増えすぎて、村の生産高では賄いきれない状態となった大日向村。 そんな村の新村長が打ち出した画期的企画案が、満州に150人ばかりを移住させて、満州に「満州大日向村」を作ってしまおうというものだった。 それで村の人口が減れば、急場がしのげるという案で、その後の歴史を知る現代人から見ると、悲劇意外の何物でもない内容だ。 これが結果として、中国残留孤児(邦人)という被害者を生んだわけであるし。 そんな村人達の行動を、何の疑いもなく描いたのが、この作品。 だけど、当時はこういう考えが斬新でいて、革命的な解決案だったという背景を考えると、非常に興味深く観ることができた。 その時代時代で何が正しいと信じられていたか。 そしてそれは、その当時としては間違った選択ではなかったと信じられていた。 かくいう現代においても、それは同じことが言えるわけで、今、私達が常識だと信じて実行していることが、何十年後からしたら、えらく馬鹿げた非常識な行動かもしれないからだ。 日本の歴史上のある時点において、大陸に出れば何とかなると信じられていた事実。 それをありのままに示した本作の価値は評価に値するし、そういった視点で観れば面白味も増してくる。 だけど、単純に映画の面白さとして考えると、そうはいかず、退屈感は否めなかった。 最後に、あの河原崎長十郎と中村翫右衛門の名コンビが、現代劇で活躍する姿を観られたという事自体は楽しかったのだが、彼らの良さが時代劇ほどには出ていなかったのが残念である。


c0073737_20183494.jpg『王将一代』(1955/日本)
【監督】伊藤大輔
★★★
ナンミョーホーレンゲーキョーナンミョーホーレンゲーキョーナンミョーホンレンゲーキョー・・・ しまった! またリメイク観てもうたー! ストーリーを楽しめないからリメイク系は楽しめない気質なのに・・・ でもあのブラックなラストにはビックリ。 なかなか最後にくわせてくれます。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2009-05-07 20:17 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2009.3.19)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_0541011.jpg『小島の春』(1940/日本)
【監督】豊田四郎

いやー、これも酷い。 偶然にも、1940年製作の日本映画を3本連続して観てしまった! 1940年度の日本映画にはロクなのがない。 どうにもこうにも救い難い内容。 癩病(ハンセン病)患者を強制収用していた歴史を持つ国は、世界広しと言えど日本だけだそうだ。 そんな実態を「イタイ」くらいに大真面目にうたっている本作。 無知が産んだ、日本の恥ずかしい過去を全力で見せてつけてくれる90分のお話。 癩病患者の人権を無視し、療養所に強制隔離した歴史の汚点を、爽やかに綴った、まさに恥ずべき映画。 無知な人間や社会は、ただ存在するだけで罪悪である。 「悪気はなかった」。 こんな言葉は絶対許されるべきではないのだ。 真面目だったからと言って、許してはならないのだ。 「真面目だが無知」な人間と「不真面目だが知識を持った」人間。 後者の方がまだマシだということを、本作を観れば分かるに違いない。 日本の恥ずべき汚点を雄弁に語った、日本映画史に残る問題作である。


c0073737_055435.jpg『天然コケッコー』(2007/日本)
【監督】山下敦弘
★★★
爽やかな学園青春モノ。 好きなジャンルだが、いまいち乗り切れず。 原因を考えてみる。 まず第一に、「都会より田舎が良い」という価値観が根っこにあること。 都会が好きな自分にとって、ここまで決め付けられると乗り切れない。 しかも、修学旅行先が私の大好きな街「新宿」であり、悪き都会の象徴として「新宿」が出てくるところが好かない。 そして真面目さ。 「田舎の中学生はすれてない」。 これが果たして合っているのか。 現代はインターネットも普及し、都会の文化なども田舎に流入しているはず。 田舎中学生といえども、流行に敏感な世代であるし、ここまで真面目な中学生ばかりだろうか? そこにリアリズムを感じない。 それと映像の凡庸さ。 ストーリーの薄さ。 こういった技術面においても満足できるものではなかった。


c0073737_0571481.jpg『サンダカン八番娼館 望郷』(1974/日本)
【監督】熊井啓
★★★
これは田中絹代の名演技に尽きる。 数々の名監督と数百たる作品に出演してきた貫禄の経験、ここに極まれり。 田中絹代の女優人生の集大成を目の当たりにすることができた。 とにかく凄い。 一方、栗原小巻は今みてもモダンな美しさを発揮していた。 栗原小巻が最も美しかった頃の作品で、スレンダーな体型と相まって、美しさを存分に発揮している。 いやらしい目つきで栗原小巻に近づく村の男の気持ちが良く分かる。 私も、この男の様にフルチンで夜這いしたいくらいだ。 、、いかん、この様な力作を、こんなふざけたコメントで終わらせるわけにはいかな・・・


c0073737_058296.jpg『本日休診』(1952/日本)
【監督】渋谷実
★★★★

こちらのレビューをご参照下さい。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2009-03-19 00:59 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
最近観た映画(2009.2.18)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_21522657.jpg『オルフェ』(1949/フランス)
【監督】ジャン・コクトー

私にはかなり辛い作品であった。 リアリティどころか、ファンタジックにぶっ飛んだ作品。 これについていけるか否かで、極端に評価が別れるであろう内容。 私には苦笑しっぱなしの、何か時間を失ったかのような錯覚に陥るほどに、入り込めない作品だった。


c0073737_21563215.jpg『泣蟲小僧』(1938/日本)
【監督】豊田四郎
★★
泣き虫小僧をとりまく、ほのぼのとした家庭劇。 内容は平和そのもので、後年の男女のもつれや女の情念を描くことを得意とした豊田四郎からはちょっと想像できない内容。 やはり、豊田四郎には大人の女をとことん描いてもらいたい。


c0073737_21582399.jpg『歌行燈』(1943/日本)
【監督】成瀬巳喜男
★★
神保町シアター、山田五十鈴特集にて鑑賞。 念願かなって、やっと観ることができた作品。 しかし退屈だった。 上映中、天井を見上げてしまうくらい退屈だった。 芸道モノ、山田五十鈴のねぇちゃん、下膨れ章太郎、、と個人的に苦手な要素がてんこ盛り! 都合よすぎる展開と、お約束のようなハッピーエンド。 成瀬作品の中では、最もつまらなかった作品となってしまった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2009-02-18 21:59 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
c0073737_1943195.jpg』(1953)

上映時間: 104分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ

監督: 豊田四郎

原作: 森鴎外

脚本: 成沢昌茂
撮影: 三浦光雄
美術: 木村威夫
美術監督: 伊藤憙朔
音楽: 團伊玖磨

出演: 高峰秀子/芥川比呂志/宇野重吉/東野英治郎/浦辺粂子/飯田蝶子/小田切みき/田中栄三/三宅邦子/姫路リエ子/宮田悦子/山田禅二/町田博子

*****************************************************
 森鴎外の小説を豊田四郎が映画化した。舞台は明治時代の東京。貧しく育ったお玉は高利貸しの妾になり、無縁坂に家をもらって住んでいる。毎日坂を散歩しにやって来る大学生に憧れるようになったお玉は、ある日心を打ち明けようとするが、折しも大学生は海外留学に出発するところだった。彼は去り、また単調な生活が始まる……。人生の不遇に耐えながらもシンの強い女を高峰秀子が好演。戦中から戦後にかけて長いスランプにあった豊田監督は、この1作で久々に本領を発揮した。特に明治の情緒たっぷりの美術とカメラワークが素晴らしい。1966年、大映の池広一夫監督によるリメイク作品がある。
(「eiga.com」より。)
*****************************************************

c0073737_19433470.jpg高峰秀子の映画っていうより、豊田四郎色がより強くでた作品。

豊田四郎作品らしく、いかにも力作である。

なかなか貴重な作品なので、今まで鑑賞機会に恵まれなかったが、この度、めでたく東京は神保町にある「神保町シアター」で鑑賞することができた。

豊田四郎作品で好きな作品は、『猫と庄造と二人のをんな』と『雪国』。

豊田作品としては、その2作品に次いで良かった。

c0073737_19441236.jpgこれでますます豊田四郎監督が好きになってきた。

力作が多く、極端なハズレがない。

それでいて、毒ッ気もある。


そして、何と言っても、大女優にハレンチなことをさせてしまうその実力がすごい。

『猫と庄造と二人のをんな』では、香川京子に水着を着させ、森繁久彌に脚をスリスリさせられる。

c0073737_19423371.jpg本作では、高峰秀子のオッパイ割れ目全開であった。

豊田四郎って、女優口説きの天才なんじゃないだろうか?

じゃなかったら、こんな大女優たちに大胆な演出を施せるハズもない。


「豊田四郎」マイ・ブーム到来!

それを予感させる力作であった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-12-11 19:46 | ◆映画レビュー | Comments(8)
最近観た映画(2008.8.8)
【評点基準】
★★★★★★・・・以前の評点基準9点以上に相当する超お気に入り作品
★★★★★・・・以前の評点基準8点に相当する傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_0513492.jpg『川の流れに草は青々』(1982/台湾)
【監督】ホウ・シャオシェン
★★★★
内容はベタだし、最後は都合良くまとめ過ぎだし、題名通り「青臭い」内容なんですが、これがまた心がとても和む作品です。 まるで『男はつらいよ』シリーズを観ている時の様な、落ち着いた良い気分になれます。 やはりホウ監督の作品は音楽が良いです。 台湾の田舎を舞台に爽やかな人々の日常風景が映し出され、そこに爽やかな音楽がタイミング良く流れます。 ホウ監督は後に作風を変えますが、ホウ監督初期のこういった作品群もまた別の意味で良いですね。


c0073737_0522295.jpg『私は貝になりたい』(1959/日本)
【監督】橋本忍
★★★★
これは真に迫った物凄い作品だ。 日本軍の末端たる二等兵が、上官からの命令により人を殺し、その罪が問われて死刑に処せられる。 縦社会の日本軍内で、上官に逆らうことなどできようはずもない。 つまり、フランキー堺演ずる主人公は、死刑というものから逃れようもなかったわけだ。 何たる悲劇。 戦争の愚かさと残酷さを、深刻に考えさせられた。 だが、何分、後味が悪すぎる。 戦争の何たるかについて真剣に考えさせられるし、フランキー堺の名演もあって、素晴らしい作品だが、とにもかくにも後味が悪すぎる。 あー、辛い。


c0073737_054324.jpg『鏡の中にある如く』(1961/スウェーデン)
【監督】イングマール・ベルイマン
★★★
精神病が不治の病という設定になっているので、現代の感覚からするとどうも入り込みにくいですね。 精神病患者の身の回りに起る出来事や心理的葛藤を解りやすく描いていますが、それでも解りにくいのです。 最後は神という言葉が連発し、観ているこちらは段々と頭が混乱してきます。 まるで、自分も精神病患者になったかの様に・・・ ベルイマン作品としては、特別映像が綺麗な方ではなかったのが残念です。


c0073737_0552280.jpg『シシリアン』(1969/フランス)
【監督】アンリ・ヴェルヌイユ
★★★
エンニオ・モリコーネの調べが間抜けな本作。 さて、最大の見所はやはりキャスティングでしょう。 ジャン・ギャバン、アラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ。 この3人が揃った時点ですごいのに、脚本にジョゼ・ジョヴァンニまで布陣する豪華さ。 しかし、キャスト・スタッフ負けしている。 どうも全体的に間延びしているし、緊迫感も中途半端。 それとジャン・ギャバンが度を超えて老けすぎ。 元々、俊敏なタイプの俳優ではないが、それにしても衰えすぎ。 セリフをしゃべるだけでかったるそうなギャバンが哀しい。 ジャック・ベッケル作品の様な鋭さもなければ、ジャン=ピエール・メルヴィル作品の様な陰鬱さもない。 アンリ・ヴェルヌイユって、どうも中途半端だなぁ。


c0073737_0564917.jpg『彼岸花』(1958/日本)
【監督】小津安二郎
★★★★

にじばぶのレビューをご参照下さい。


c0073737_0582218.jpg『ビルマの竪琴』(1956/日本)
【監督】市川崑
★★★★
市川崑監督の代表作に恥じない高いレベルの作品でした。 桟橋において、あの距離でかつての同志とすれ違ったなら、さすがに気付くでしょうに、ってツッコミは置いておいて、2時間たっぷり楽しめました。


c0073737_059561.jpg『雪国』(1957/日本)
【監督】豊田四郎
★★★★
岸恵子の演じた駒子。 これがどうも好みに合わない。 こういう女性は苦手。 妙に女くさすぎるというか。 しかし、それとは関係なく、豊田四郎の撮る映画は、実に「モノクロ映画」らしい叙情に溢れており、魅力は十分。 モノクロ映像による美しい雪国。 それを堪能できただけでも満足だ。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2008-08-08 01:04 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
四つの恋の物語(1947)
c0073737_21582811.jpg四つの恋の物語』(1947)

上映時間: 112分
製作国: 日本
ジャンル: ロマンス

監督:
豊田四郎(第一話「初恋」)
成瀬巳喜男(第二話「別れも愉し」)
山本嘉次郎(第三話「恋はやさし」)
衣笠貞之助(第四話「恋のサーカス」)
脚本:
黒澤明(第一話「初恋」)
小国英雄(第二話「別れも愉し」)
山崎謙太(第三話「恋はやさし」)
八住利雄(第四話「恋のサーカス」)

撮影:
川村清衛(第一話「初恋」)
木塚誠一(第二話「別れも愉し」)
伊藤武夫(第三話「恋はやさし」)
中井朝一(第四話「恋のサーカス」)

音楽: 早坂文雄/栗原重一

出演:
c0073737_2234528.jpg池部良(第一話「初恋」)
久我美子(第一話「初恋」)
志村喬(第一話「初恋」)
杉村春子(第一話「初恋」)
石田鉱(第一話「初恋」)
友坂四郎(第一話「初恋」)
木暮実千代(第二話「別れも愉し」)
沼崎勲(第二話「別れも愉し」)
英百合子(第二話「別れも愉し」)
菅井一郎(「第二話「別れも愉し」)
小林十九二(第二話「別れも愉し」)
竹久千恵子(第二話「別れも愉し」)
榎本健一(第三話「恋はやさし」)
若山セツコ(第三話「恋はやさし」)
飯田蝶子(第三話「恋はやさし」)
浜田百合子(第四話「恋のサーカス」)
c0073737_2224043.jpg河野秋武(第四話「恋のサーカス」)
田中筆子(第四話「恋のサーカス」)
清水将夫(第四話「恋のサーカス」)
久松保夫(第四話「恋のサーカス」)
進藤英太郎(第四話「恋のサーカス」)
浅田健三(第四話「恋のサーカス」)
花沢徳衛(第四話「恋のサーカス」)

*****************************************************
 恋をテーマにした4話のオムニバス。同じ家に住むことになった若者たちの恋を描く「初恋」(第一話)は、豊田四郎が監督し、黒澤明が脚本を担当。ほぼアパートの一室を舞台に進行する恋人たちの別れ話「別れも愉し」(第二話)は 成瀬巳喜男が監督。山本嘉次郎が監督し、エノケンのパフォーマンスが堪能できるラブコメディ「恋はやさし」(第三話)。空中ブランコ殺人事件の顛末からサーカス内の恋愛模様が明かされる「恋のサーカス」(第四話)。
(「日本映画専門チャンネル」解説より。)
*****************************************************

豊田四郎監督の第一話が圧倒的に良かった。
こういう純愛モノには弱い。

久我美子が若くてびっくり。

c0073737_2214854.jpg池部良も、相変わらず前髪が垂れていて良い(笑)。

二人のロマンスは、純情の極みで、観ていて清清しい気分になれる。

終り方も素晴らしく良い。


木暮実千代が魅力を発揮している成瀬巳喜男監督の第二話も、なかなかの出来栄え。


しかしながら、喜劇風な第三話やミステリーじかけの第四話は、「恋の物語」と銘打った本作からすると期待はずれ。


全体としては全くまとまりがないが、第一話が良かったので満足はできた。

改めて、豊田四郎監督の力量を感じたオムニバス作品であった。


そして、成瀬巳喜男監督の安定した底力を再確認できたのも、一つの収穫であった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2008-03-31 22:04 | ◆映画レビュー | Comments(10)