古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:麻生久美子 ( 5 ) タグの人気記事
シーサイドモーテル(2010/日本)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_2326452.jpg『シーサイドモーテル』(2010/日本)
【監督】守屋健太郎
★★★★
脱力して観られる日本映画で、個人的には素直に楽しめた。 「人を不幸にする真実よりは、人を幸福にする嘘の方が良い」 これが本作のテーマ。 群像劇スタイルでもって、このテーマをとことん突き詰めるというより、散乱させる。 とにかく登場人物が豪華で、めまぐるしい展開も飽きさせない。 ただ、少々疲れたかな。 なんというか、「人を幸福にする真実」が一番にいいに決まってるからね。 そういう意味では、不毛なテーマの掘り下げかもしれない。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2015-05-06 23:27 | ◆映画関連 その他
インスタント沼
c0073737_2018152.jpgインスタント沼』(2009)

上映時間: 120分
製作国: 日本
ジャンル: コメディ/ドラマ

監督: 三木聡

脚本: 三木聡
撮影: 木村信也
音楽: 坂口修
主題歌: YUKI 『ミス・イエスタデイ』

出演: 麻生久美子/風間杜夫/加瀬亮/相田翔子/笹野高史/ふせえり/白石美帆/松岡俊介/温水洋一/宮藤官九郎/渡辺哲/村松利史/松重豊/森下能幸/岩松了/松坂慶子

*****************************************************
c0073737_20204290.jpg 「転々」の三木聡監督が、「時効警察」の麻生久美子を主演に迎えて贈る奇想天外ハートウォーミング・コメディ。不運続きで人生下り坂のヒロインが、奇妙な骨董屋との出会いをきっかけに辿る予測不能の幸せ探しの旅路をコミカルに綴る。担当していた雑誌が廃刊になり、退職することになったOL、沈丁花ハナメ。ある時、ひょんなことから自分の全く知らない実の父親の存在を知ることに。真偽を確かめるため、その男のもとを訪ねたハナメだったが、そこにいたのは“電球”と名乗る怪しげな骨董屋の主人だった。それでも電球の不思議なアドバイスでちょっとだけ光が差し込んできたハナメは、いつしか骨董の魅力にハマり出すのだが…。(「TSUTAYA online」より。)
*****************************************************

終始テンション高めで、わざとらしいボケ発言の数々。

なんか胡散臭いし狙っている感があってどこか居心地が悪いんだけど、最後まで観てみると、意外と完成度が高いことに気付かされる。


c0073737_20173371.jpg冒頭とラストに出てくる松坂慶子と麻生久美子が住んでいる家の色使いが抜群に良い。

麻生久美子の黄緑色のワンピースも綺麗だし、室内の小物の色もそれに似たグリーン系のものが使われていたりして、映像センスの良さを感じさせる監督である。


麻生久美子は、外見的にどうもおばさん臭くていまいちだけど、声のトーンとしゃべり方が魅力的で、どうしても気になってしまう魅力をもった女優だ。


c0073737_20224628.jpg話としては、龍のCGが飛び出したりで、取るに足らない内容だが、映像のセンスがそれを補っている。

作品全体の出来としてみれば、それなりのレベルに達している。

2000年代の邦画の雰囲気をそのままに、終始テンションの高い麻生久美子に圧倒された一本。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2010-11-02 20:23 | ◆映画レビュー
Stereo Future
c0073737_2195934.jpg「Stereo Future~episode 2002」オリジナル・サウンドトラックを買った。
これはその名の通り、映画『Stereo Future』のサウンド・トラックCDだ。
なんか知らないけど、勢いで買ってしまった。


c0073737_21121022.jpg映画の方もなかなか良かった。
だけど、突っ込みどころも満載の映画だった。
何しろ、巷の評判通りストーリーはあってない様なもんだし、竹中直人がらみの部分が面白くもなんともない。

だけど、「桃生亜希子 、麻生久美子 、緒川たまき」という、女優陣が素晴らしかった。
特に、桃生亜希子がサイコー。
一体いくつなんだろうと、調べたところ当時25歳と判明。
これが19、20の女のコだったらある意味フツーだけど、20代中盤だったので少し感動。

でも、どこかムカツク。(謎)
唇のとがりとか、表情の作りかたとかが。

でも、何故かひかれてしまった。
なんだろこの感覚、自分でもよーわからん。ヽ( ´ー`)ノ

要するに好きなんだろ、ってことでよろしく。(笑)
嫌よ嫌よも好きのうち。(違)

完全によっぱモード。(汗)
下戸のクセに、ボンベイサファイア飲んだりしてるから当たり前か。。
シラフになったら、この記事削除したくなるかも。(素)



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2005-08-22 21:02 | ◆映画レビュー
Jam Films 2
c0073737_9274986.jpgJam Films 2』(2003)

上映時間: 115分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ/ファンタジー
映倫: R-15

監督: 小島淳二 「机上の空論」
高橋栄樹 「CLEAN ROOM」
井上秀憲 「HOOPS MEN SOUL」
丹下絋希 「FASTENER」

出演: 片桐仁「机上の空論」
小林賢太郎「机上の空論」
市川実日子「机上の空論」
斉木しげる「机上の空論」

韓英恵「CLEAN ROOM」
麻生久美子「CLEAN ROOM」
角田紳太朗「CLEAN ROOM」
手塚眞「CLEAN ROOM」
津田寛治「CLEAN ROOM」

須賀貴匡「HOOPS MEN SOUL」
すほうれいこ「HOOPS MEN SOUL」
日村勇紀「HOOPS MEN SOUL」
西尾季隆「HOOPS MEN SOUL」
大森南朋「HOOPS MEN SOUL」
水橋研二「HOOPS MEN SOUL」
杉本彩「HOOPS MEN SOUL」

有岡大貴「FASTENER」
高木りな「FASTENER」
河野智典「FASTENER」
三浦由衣「FASTENER」
椎名英姫「FASTENER」
諏訪太朗「FASTENER」
森下能幸「FASTENER」
嶋田久作

***********************************************
 個性的な作風の映画監督たちが集結し、独自の手法で短編を手掛けるコンピレーション・オムニバス・フィルムの第2弾。今回は、ミュージック・ビデオやCMなどの分野で活躍する気鋭の映像クリエイター4人を起用。普段は数分の短い映像を手掛けてきた彼らが30分前後の長い作品に挑むというコンセプトの下、個性豊かな4作品が出揃う。
 「机上の空論」――世の日本人男性に向けて、真の愛を掴むその成就法を教訓編と実践編で分析、解説していく。「CLEAN ROOM」――無菌室“CLEAN ROOM”に籠もり、心を閉ざすユカ。そんな彼女の前に不思議な“温もり”を持った女性が現われる…。「HOOPS MEN SOUL」――ヒロシは、父親の借金の肩代わりとして取立て屋の黒木にさらわれたミクを救おうと奔走するが…。「FASTENER」――ファーストキスを経験した瞬間、大人になるための現実と幻想の世界を浮遊し始める少年。そこで、大人というものを次々と目の当たりにしていく…。
(「allcinema」より)
***********************************************

・公式サイト
・作品解説サイト

“Jam Films”シリーズ第二弾にあたる、コンピレーション・フィルム集。
今作には、1本が約30分の作品、計4本が収録されている。

ラインナップは、「机上の空論」「CLEAN ROOM」「HOOPS MEN SOUL」「FASTENER」。

この中で、“CLEAN ROOM”という作品が圧倒的に気に入った。
劇中で描かれている「クリーン・ルーム」は無菌室という設定なのだが、色彩鮮やかで思わず画面の中に吸い込まれそうなほど。

そのクリーンルームの周りを囲っている透明のカーテン(?)の様なものがあるのだが、これもおそろしく透明感があって、どうやったらあんなに透明になるんだろう・・・って観ていて考えちゃったほど。(笑)

麻生久美子本人はさておき(爆)、その衣装も素晴らしかった。
(その不自然にとんがったアゴのラインに「?」となり、そこにも目が釘付けになったわけだが・・・謎)


そして・・・
「何より」自分がこの作品に引き込まれた理由・・・
それは、“エンディング・テーマ曲”だった。

エンドロールと共に流れる、瑞々しい歌声と素敵な楽曲。
チェックしたところ、“Hiroto Otsubo ft. Rie:「BREATHING」”の文字が。

で、“RIE”とは一体、誰?!
知らないぞ?
とりあえず、いんたーねっつにて、必死こいて検索した。
しかし、大した情報も入ってこず。
かろうじて見つけたのが、この『CLEAN ROOM』という作品の、サウンド・トラックCDが発売されているという情報。
“Jam Films 2”内の他の作品とは無関係に、『CLEAN ROOM』についてだけのサウンド・トラックがあるらしい。をぉぉ・・・(笑)

c0073737_165582.jpg【CD】 Clean Room (Jam Films 2)
ジャンル: サウンドトラック
フォーマット: CD
組み枚数: 1
発売日: 2004年03月24日
カタログNo: MYTN2001
レーベル: Mytrix Music
発売国: 日本
その他: 編集盤



迷わずインターネット通販にて購入。
そして本日、到着!
さっそく、気合いを入れてCDプレーヤーのトレーに置いた・・・

す、すばらしい・・・
4分という短い曲だが、自分のツボにはまる一曲だった。

そして、おもむろにCDケースについていた「帯」を見ると・・・
あれだけネットで調べても正体不明だったヴォーカルの“RIE”に関する情報がそこに!


いやぁ、これにはマジでビビりました。
なんかやられた!って感じと、ちょっとした衝撃感が・・・(汗)

やっと判明した“RIE”に関する衝撃の事実とは?!
[PR]
by nijibabu | 2005-06-21 16:41 | ◆映画レビュー
アイデン&ティティ
c0073737_13323536.jpgアイデン&ティティ』(2003)
上映時間: 118 分
製作国: 日本
ジャンル: 青春/音楽/ロマンス

監督: 田口トモロヲ
製作: 瀬崎巖
甲斐真樹
村山創太郎
プロデューサー: 小西啓介
代情明彦
原作: みうらじゅん  『アイデン&ティティ』(角川文庫刊『アイデン&ティティ 24歳/27歳』収蔵)
脚本: 宮藤官九郎
撮影: 高間賢治
美術: 丸尾知行
編集: 上野聡一
音楽: 白井良明
大友良英
遠藤賢司
照明: 上保正道
録音: 岩倉雅之
助監督: 崎田憲一
 
出演: 峯田和伸 中島
麻生久美子 彼女
中村獅童 ジョニー
大森南朋 トシ
マギー 豆蔵
コタニキンヤ 岩本
岸部四郎 事務所社長
平岩紙 しおり
野村祐人 タカハシ
夏木ゆたか 司会者
大杉漣 編集者
小林麻子 ミサ
村上連 サトウ
三上寛 居酒屋『なまず』の店長
ポカスカジャン ストリートミュージシャン
大久保乃武夫  (ポカスカジャン)
玉井伸也  (ポカスカジャン)
中山省吾  (ポカスカジャン)
声 アケミ
あき竹城 中島の母
塩見三省 中島の父

*****************************************************
【解説】
突如巻き起こったアマチュアバンド・ブームの渦中に放り込まれたロック青年が、周囲の思惑に翻弄されながらもやがて自分たちの音楽を見出していく姿を青臭いほどストレートに描いた本格青春ロック・ムービー。自身80年代後半の一大ブームを間近に体験したみうらじゅんが92年に刊行した同名コミックを、同氏のユニット“ブロンソンズ”の盟友でもある田口トモロヲが初監督で映画化。脚本は「GO」「ピンポン」の宮藤官九郎。
 ギターの中島、ボーカルのジョニー、ベースのトシ、ドラムの豆蔵の4人組ロックバンド“SPEED WAY”は、一大バンド・ブームに乗ってメジャーデビューを果たし、ファーストシングルもヒットして順調な滑り出しを切っていた。だが同時に、彼らは“売れる歌”と“ほんとうに歌いたい歌”の狭間で悩み続けていた。そんなある日の夜、創作活動の行き詰まりに苦しむ中島の前に、ボブ・ディランに似た風貌の“ロックの神様”が現われる。以来自分の前にだけ頻繁に現われるその姿を見て、中島はロックから遠ざかっていく自分を否応なく自覚してしまうのだった…。(allcinema ONLINEより)
*****************************************************

自分にとっての、浅野忠信作品『34作品目』
まあ、よくここまで来たものだ。
『男はつらいよ』シリーズを全制覇した時と同じくらい、大掛かりな“シリーズ制覇”となりつつある。

ところで、この作品、浅野忠信はいわゆる“カメオ出演”だ。
つまりは、チョイ役。
その作品が自分に合った作品ならば、別にチョイ役でも全然構わない。
純粋にその作品を楽しめばいいからだ。
だけど、チョイ役であるにも関わらず、その作品が自分に合わなかった時は、ちとキビシイ。

最後まで観るのが苦痛になる。
この作品はと言えば、“微妙”なところ。
やや、ハズレかもしれない。

かなり昔に、『イカ天』という深夜番組があった。
“バンドブームの火付け役”と言われた深夜番組だ。
この作品は、その“バンドブーム”を題材に扱っている。

私は年代的に『イカ天』はもちろん知っているし、深夜番組を当時見まくっていたので、この番組も見ていた。(ちなみに、その後にやってた『エビ天』の方が好きだった。)
しかし、個人的に音楽をテーマに扱った映画というのが苦手なので、いまいちハマれなかった。
あと、みうらじゅんとか好きじゃないし。(爆)
よく知らないけど、主人公の男も好きになれなかった。(目つきが特に。笑)



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2005-06-09 13:30 | ◆映画レビュー