古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:P・ラッタナルアーン ( 18 ) タグの人気記事
最近観た映画(2012.2.9)
【評点基準】
★★★★★★・・・滅多に出会えない超お気に入り作品
★★★★★・・・深い印象を残した傑作
★★★★・・・十分に満足できた作品
★★★・・・普通に楽しめた作品
★★・・・不満の残った作品
★・・・何らかの苦痛を強いられた作品
********************************************

c0073737_9545165.jpg『ゲルマニウムの夜』(2005/日本)
【監督】大森立嗣
★★★
元々、暗めのトーンでカメラが引き気味の映像って好みじゃないのだが、それ以上に内容が生理的に合わなかった。 ただグロテスクだけならともかく、生理的に合わない。 むしろ、はっちゃけたグロ映像ならそれはそれで刺激的で楽しめるが、本作のそれは地味にグロテスクな描写を間接的に映しているだけで、面白みや刺激性に欠けるのである。 退屈はしない内容だが、確実に観る人を選ぶ映画であり、私にとってはストーリーうんぬんより、クドイようだが生理的に合わなかった。


c0073737_1012557.jpg『ヘッドショット』(2011/タイ・フランス)
【監督】ぺンエーグ・ラッタナルアーン
★★★

こちらのレビューをご参照下さい。


c0073737_1061587.png『二百萬人還る(人生への回帰)』(1949/フランス)
【監督】アンドレ・カイヤット/アンリ=ジョルジュ・クルーゾー他
★★★
5話からなるオムニバス映画。 第二次大戦後、大量の捕虜がフランスへと帰還した。 戦勝国とはいえ、5年も町を離れていた帰還兵たちにとって、種類は違えど、様々な苦悩が彼らを待ち受けていた。 5話の中で、4話目と5話目を撮ったジャン・ドレヴィル監督の作品が素晴らしかった。 全く知らない監督だが、素晴らしい短編を撮る監督だ。 この監督の撮った長編映画を観てみたいものだ。 逆に期待していたアンドレ・カイヤットとアンリ=ジョルジュ・クルーゾーの作品は普通の出来で残念。 こういう何人もの監督が競作する形で作られたオムニバス映画って、短編でこそ力を発揮したりする監督がいたりして、意外性があって面白いという見方もある。 やはり、オムニバス映画はなんだかんだ言って好きだ。 次は同じくオムニバス映画の『七つの大罪』でも観よう!




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 
 
[PR]
by nijibabu | 2012-02-09 10:08 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
ニンフ
c0073737_22294820.jpgニンフ』(2009)

上映時間: 94分
製作国: タイ
ジャンル:
ドラマ/ファンタジー/ホラー

監督/脚本:
ペンエーグ・ラッタナルアーン

*****************************************************
 ビジネス・ウーマンのメイは、冷えた関係となっているカメラマンの夫にキャンプへ連れて来られるが、夫は姿を消してしまう…。神秘的な深い森を背景に、不条理なドラマが展開される。カンヌ映画祭「ある視点」で上映。
(「TOKYO FILMeX」作品解説より。)
*****************************************************

有楽町の映画館まで、ペンエーグ・ラッタナルアーン監督の新作を観てきた。

まさに待望だった、ペンエーグ監督の新作鑑賞である。


作品名は『ニンフ』。

たしか精霊とか、そういう感じの意味だったはず。


オカルト的な作品であることは分かってはいたが、これが奇想天外が過ぎる内容で、タイ特有の思想文化に対して理解がないので、ついていくのがなかなか苦しかった。


タイ映画というと、意外と神秘的なテーマを題材に扱った作品が多く、そういう作品は少し苦手だったのだが、本作はまさしくその神秘的なテーマをメインに据えた内容で、後半は特に混乱をきたすほどの突飛な内容だった。


それでも、ペンエーグ監督が大好きだから、何とかついてはいけたが、そうでない人はどう感じたんだろう。

そういう意味でも周囲の観客がどう感じていたか少し気になった。


さて、本作の最大のインパクトは、冒頭にステディカムで延々と森林の中を移動し続ける部分ではないだろうか。

ペンエーグ監督作品ならではの幻想的な音楽が背後に流れつつ、森林の中をじわじわじわじわと動き進んでいく。

これは、何とも不思議な味わいで、他では観たことのないオープニングだった。

これからして、改めてペンエーグ監督の天才ぶりを感じた。


c0073737_22331359.jpg先にも書いたように、タイの伝統的思想が背後にある神秘的なテーマを扱った作品だけに、入り込むのが難しく、ややクドイ印象も受けたが、それでも終始映像の美しさと音楽だけで見せてしまうだけの魅力を感じられる作品だった。


ヒロインの女性も、とっても魅力的で、特にスレンダーな肢体と豊満な胸の谷間を、露出の高いキャミスタイルで披露してくれたのは嬉しかった。


でも、この作品を今日映画館で観て、一番強く感じたことは、映画館のスクリーンで、“Pen-Ek Ratanaruang”の文字を観ることができるだけで大興奮であり、それだけで十分満足であるということだ。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2009-12-17 22:33 | ◆映画レビュー | Comments(2)
来週は映画館で4本鑑賞予定。
来週は、自分の中でずっと観たかった映画が連発して映画館で上映されます。
忙しいですが、これは何とも言えず楽しみです。
映画館で楽しみにしている映画を観ることのできる喜びは、映画ファンにとってかけがえのないものですよね。

さて、個人的鑑賞スケジュールです。


11/22(日)川崎市民ミュージアム
『三里塚 辺田部落』(1973/日本) 監督:小川紳介

11/23(月)川崎市民ミュージアム
『ニッポン国古屋敷村』(1982/日本) 監督:小川紳介

11/25(水)シネカノン有楽町1丁目
『ニンフ』(2009/タイ) 監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン

11/29(日)新文芸坐
『精神』(2008/日本) 監督:想田和弘


全て楽しみな作品ばかりです。
特に、小川紳介のドキュメンタリー2本は、両方ともずっと観たかった作品で、待ちに待った上映です。

11月の下旬に上映スケジュールが集中して嬉しい悲鳴ですが、有休もばっちし取ったことですし(笑)、準備万端です。


そういえば、2009年下半期鑑賞映画オールランキングの季節が近づいてきました。

今半期は、いまいちベスト10が自分的に層が薄い状態なので、これから11月、12月の1ヶ月ちょっとで、良さそうな作品を狙って観ていきたいと思っています。


管理人
にじばぶ

 
[PR]
by nijibabu | 2009-11-19 22:14 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
ペンエーグ・ラッタナルアーン監督の新作が久々に本邦公開!!
私の最も好きな監督を一人挙げるとすれば、タイのペンエーグ・ラッタナルアーン監督である。

c0073737_00596.jpgなんと、そのペンエーグ・ラッタナルアーン監督の新作が、久々に日本で上映されるというニュースが入った。

このニュースは、大部分の映画ファンにとっては、映画界の片隅での些細な出来事でしかないだろうが、私にとっては、これ以上ないほどのビッグニュースである。


アジア映画が大好きな私であるが、アジア映画界で好きな監督を3人挙げるとすれば、『夏至』のトラン・アン・ユン監督、『恋する惑星』のウォン・カーウァイ監督、そして、『地球で最後のふたり』のペンエーグ・ラッタナルアーン監督である。


「東京フィルメックス」の企画で上映されるが、場所と時間が極めて厳しい。

2つの映画館で上映されるが、いずれも有楽町、しかも、平日の昼間と、平日レイトショーという、実にサラリーマンにとっては厳しい上映スケジェールが組まれている。

もちろん観に行くつもりではあるが、うーん、正直しんどい。
もっと、サラリーマンに気配りした上映スケジュールを組んでほしいものだ(苦笑)。

**************************************************

詳細はこちらの公式ページで確認できます。

c0073737_2340498.jpg『ニンフ』(2009)

製作国:タイ
上映時間:94分

監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン


浅野忠信主演作「地球で最後のふたり」「インビジブル・ウェーブ」を手掛けたことで日本でも知名度の高いタイ人監督ペンエーグ・ラッタナルアーンによるファンタジック・ドラマ。キャリアウーマンのメイは、すっかり冷めた関係となっているカメラマンの夫に連れられて森へキャンプに訪れる。彼女を置いて森の奥深くへと入り込んでしまった夫は、神秘的な森の中で奇妙な体験に見舞われ……。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門にて上映。(「eiga.com」より。)
 
[PR]
by nijibabu | 2009-11-12 23:34 | ◆映画関連 その他 | Comments(6)
ヤモリ発生!
我が部屋にヤモリが発生しました。

優しく手がつかまえてあげたら、「キューキュー」言っててかわいかったです(笑)
wikipediaによると、ニホンヤモリは「つかまえた時にしか鳴かない」そうです。)

映画地球で最後のふたりでは、ヤモリがキー・キャラクターとして何度か出てきますが、『地球で最後のふたり』を愛するあまり、ヤモリにも愛されてしまったのでしょうか・・・

だとすれば、“相思相愛”ですね^^;


(追伸)
ヤモリの画像を撮ろうと思いましたが、ヤモリ君の肖像権に関わるので止めておきました。


c0073737_023152.jpgc0073737_023892.jpg『地球で最後のふたり』
DVDの表ジャケットと裏ジャケット



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2007-09-21 23:46 | ◆映画関連 その他 | Comments(2)
インビジブル・ウェーブ
c0073737_18113580.jpgインビジブル・ウェーブ』(2006)

上映時間: 115分
製作国: タイ/オランダ/香港/韓国
初公開年月: 2007/05/26
ジャンル: ドラマ/犯罪


監督: ペンエーグ・ラッタナルアーン

脚本: プラープダー・ユン
撮影: クリストファー・ドイル
美術: サクシー・ジャンランシー
音楽: フアラムポーン・リッディム
出演: 浅野忠信
カン・ヘジョン
エリック・ツァン
光石研
マリア・コルデーロ
トゥーン・ヒランヤサップ
久我朋乃
***********************************************
 「地球で最後のふたり」のペンエーグ・ラッタナルアーン監督が再び浅野忠信を主演に迎えて贈る国際色豊かなアジアン・ロードムービー。脚本のプラープダー・ユン、撮影のクリストファー・ドイルはじめスタッフ陣も再結集。
 共演には韓国のカン・ヘジョン、香港のエリック・ツァン、日本の光石研。愛する人を自ら殺した男が、罪悪感を抱えて旅立った異国の地で不思議な人々と出会うさまを描く。
 香港のレストランで料理人として働くキョウジは、店主であるボスの妻と秘密の情事に溺れていた。しかし、ボスから彼女の殺害を命じられ、やむなく毒殺を実行する。任務を果たしたキョウジは、ボスから休暇を言い渡され、タイのプーケット島へと向かう船に乗り込む。船上で彼は、ミステリアスな女性ノイと出会うが…。
(「allcinema」より)
***********************************************

『地球で最後のふたり』は私にとってマイベストな映画。

その『地球で最後のふたり』と同じ監督、同じカメラマン、同じ脚本家、そして主演も同じ浅野忠信で撮られた本作。


『地球で最後のふたり』で感動し、「次回作も同じスタッフで撮る」というニュースを入手してから待つこと、実に3年余り。

この『インビジブル・ウェーブ』という作品を観るために、私は3歳も歳を取ってしまったのです。

そして2007年5月26日は、記念すべき日本での初公開日。

気合いを入れて前売り券を前売り発売日に入手し、それを握り締めて公開初日に映画館に行ってまいりました!

***********************************************

まずは映画館から。

席数は60席程度で、かなり小さめの映画館。
そしてこの日は公開初日。

普通ならあっという間に満席となるところであろうが、なんと埋まったのは全体の3分の1程度。

公開初日というのに、である。

まあ仕方ない。
これが現実。

別に人気がなくたって関係ない。
賞を逃したからといって関係ない。

何故なら、監督がペンエーグ・ラッタナルアーンで、撮影がクリストファー・ドイルで、原作・脚本がプラープダー・ユンで、主演が浅野忠信なのだから。

***********************************************

前売り券を渡したら、券と一緒に“プーケット・ビール”をもらった。

本作の舞台にもなっているタイ・プーケットの地ビールだ。

いやぁ、いいじゃないですか。
粋な計らいですよ。
気分が盛り上がります!


さて、前置きが長くなりましたが、簡単にレビューを書いてみたいと思います。

なんせ、公開したばかりですし、ネタバレしてしまうのもこわいので。

さわりだけ語ってみましょう。

***********************************************

映画は極めて静かにスタート。

最初は上記あらすじにもあるように、浅野忠信演じる主人公が、“ボス”の女性を殺めるシーンから始まる。

地下室の様な、独特の暗い感じのする部屋で、これがいい雰囲気を出している。

既にドイルのカメラのニオイを感じる。
素晴らしい。

この冒頭のシーンでは直接出てこなかったが、作品の中盤に突如映される毒殺シーン。

“ボス”の妻は浅野忠信に毒をもられ、苦しみもがきながら死んでいく。

これがなかなかに迫真の演技。

最後に“ビクッ、ビクッ”と痙攣。
あー、コワイ。

***********************************************

予定通り“ボス”の妻を毒殺した浅野忠信は、“ボス”の手配した船に乗って、香港からタイのプーケットへと渡る。

ここからいよいよ、私の大好きな“ロード・ムーヴィ”のはじまりはじまり。


えらい汚い船で、何故か人気(ひとけ)が感じられない。
誰もいないのだ。

間接的に窓の向こうに人影が見えたり、部屋を船員などが訪れたりはするが、基本的に浅野忠信以外の人間が出てこないのだ。

後に甲板に出てカン・ヘジョン演ずる女性と出会うまでは、こんな調子でずっと一人きり。

これがとても気味悪く、奇妙な雰囲気を演出することに成功していた。

***********************************************

あ、そういえば、エレベーターの中でも浅野忠信の旧友と名乗る奇妙な日本人男性と遭遇したっけ。

ここでの浅野忠信の振る舞いやリアクションがとても良かった。

別に普通に聞いてる分には、特別、面白くもない会話なのだが、浅野忠信のリアクションが面白かったのだ。

この辺りは浅野忠信ファンでないとなかなか理解してもらえないところなので、詳細な説明は割愛させて頂く。

逆に、浅野忠信ファンならば、この奇妙な男性に対する浅野忠信のとぼけた対応に注目すべし。

これを演じた浅野忠信、そしてこれを演出したペンエーグ監督はさすがのセンスである。

***********************************************

その後、部屋に戻った浅野忠信。

シャワー・ルームに入るが、そこでシャワーの操作の仕方が分からず、頭に水をかぶったりしてしまう。

これ自体も結構ウケたが、もっとウケたのは浅野忠信の伝家の宝刀“独り言のつぶやき”である。

「わけわかんねーよ。」

ともらす浅野忠信。

やっぱり浅野忠信のツブヤキ系演技はサイコーです。

***********************************************

さてさて、こんな調子でずっと見所を全て書いていくと、あまりに長くなり過ぎてしまうので、この辺でやめておきます。

ところで本作では、香港島やタイ・プーケットの風景を名カメラマン、クリストファー・ドイルが見事なまでに美しく、そして独創的に映しています。

これは見事の一言。
というか、彼はやっぱり天才ですね!

あんな映像、彼以外の誰にも撮ることはできませんよ。

***********************************************

そして音楽。

『地球で最後のふたり』と同じ感じの音楽が本作でもずっと流れ続けます。

同じ感じの音楽なんで、おそらく同じ人が音楽を担当したんじゃないかと思います。

静かなBGMでしたが、ペンエーグ監督とドイルが描き出す世界観に見事にマッチしており、これまた最高でした。

***********************************************

本作ですが、結論から言うと満足はできました。

ただ、前作『地球で最後のふたり』と比べてしまうとさすがに見劣りはします。


ですが、『地球で最後のふたり』は私にとってマイベストな映画です。

ですから『地球で最後のふたり』より見劣りするとは言っても、それは“つまらない”という意味ではありません。念のため。

ロード・ムーヴィちっくなところも良かったですし、ドイルの撮ったアジア各国の映像美も感動しましたし、浅野忠信の魅力も十二分に発揮されていた久しぶりの作品でした。

ただ、ストーリーにそれ程の厚みはありませんし、話も淡々とゆっくり進むので、人によっては退屈な映画に感じてしまうかもしれません。

この辺が賞を逃したことを含め、本国タイでも観客から支持を受けることができなかった理由なんじゃないかと思います。


c0073737_1975144.jpg

c0073737_198219.jpg

c0073737_1981269.jpg



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2007-05-27 19:08 | ◆映画レビュー | Comments(7)
『インビジブル・ウェーブ』を公開初日に鑑賞!
『地球で最後のふたり』のペンエーグ・ラッタナルアーン監督最新作インビジブル・ウェーブが日本で公開されました!

その公開初日に観てきました。

本当はいますぐレビューを書きたいんですが、深夜遅いので明日以降にレビューを書き上げたいと思います。

先立って、感想を一言。

“クリストファー・ドイルが切り取るアジアの映像は、独創的であり、そしてあまりに美しすぎた!”

です。

それでは後日^^


c0073737_1112467.jpg



★参照★
浅野忠信 作品リスト

作品レビュー目次
お気に入り映画一覧
映画採点表
宿題映画リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2007-05-27 01:11 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
新作『インビジブル・ウェーブ』の次の新作が先に公開?!
ブログ『サイアム系で行こう!』にて、タイのペンエーグ・ラッタナルアーン監督最新作『Ploy』がタイで公開されるとのニュースを知りました。


そうです、『インビジブル・ウェーブ』ではないのです。

本邦では“最新作”『インビジブル・ウェーブ』の公開はまだだというのに、本国タイでは“その最新作のもっと最新作”が公開されるというのです・・・

これは何とも複雑な気分。

比較的、寡作な監督であるペンエーグ・ラッタナルアーン監督が早くも次の長編を完成させたという意味では、最高に嬉しいニュースです。

しかし、その一個手前の作品が日本では未公開というのは、とても哀しい気持ちにさせられます。

しかも日本人の浅野忠信が主演の作品だというのに。


でも下の映像を見る限りは、今作もいい感じの作品になったっぽいですね。

もっとも、ペンエーグ・ラッタナルアーンが作った映画なら、私にとってはハズレなんぞあり得ませんけどね!


c0073737_0394936.jpg

c0073737_0564769.jpg

c0073737_0565928.jpg

c0073737_0571128.jpg

c0073737_0573464.jpg

c0073737_0574371.jpg

c0073737_0575288.jpg

c0073737_058244.jpg

『Ploy』の公式HPはコチラ


★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
映画採点表
宿題映画リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2007-05-10 00:40 | ◆映画関連 その他 | Comments(4)
『インビジブル・ウェーブ』の前売り券購入!
映画『インビジブル・ウェーブ』の特別鑑賞券(前売り券)を新宿の映画館で購入してきました!

映画館で前売り券を購入すると、もれなく

1.B2ポスター
2.ポストカード3枚
3.マウスパッド


のどれか一つをもらえるとのこと。

迷った結果、「B2ポスター」を選びました。(絵柄はリンク先公式HPのTOP画像です)

早速、部屋に貼りました!
かなり、いい感じです♪

新宿駅から、わざわざ明治通りまで歩いた甲斐がありました。(笑)


さて、公開は5月26日から。

待ち遠しくて仕方ないですよね??

いや、私だけかな。(笑)


c0073737_23214833.jpg



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
映画採点表
宿題映画リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2007-04-29 23:32 | ◆映画関連 その他 | Comments(0)
『インビジブル・ウェーブ』公開日決定!
再三、当ブログでも紹介してきました、ペンエーグ・ラッタナルアーン監督の最新作『インビジブル・ウェーブ』の公開日が決定しました!!

5月26日から全国順次ロードショーだそうです。

とりあえず公式HPはコチラ

やっとって感じです。
かなり待ち侘びました。

賞を取れなかったからダメみたいな批評を目にしますが、私にとっては関係ありません。(ただ、浅野忠信が『地球で最後のふたり』の頃と比べると雰囲気的にも見た目的にも“丸くなってしまった”感があるので、多少不安ですが・・・)

『地球で最後のふたり』の監督ペンエーグ・ラッタナルアーン、撮影のクリストファー・ドイル、原作のプラプダー・ユン、そして主演の浅野忠信の4人が再集結して撮られた新作なのですから。

しかも、私が実際行ったことのあるバンコクやマカオ、香港島などでロケされたらしく、余計に楽しみです。

当日はどんなにワクワクするんでしょうか。
これだけ公開が楽しみなのは、スターウォーズ以来ですねぇ~

c0073737_0571497.jpg

c0073737_1112566.jpg


【参考】
浅野忠信出演作全レビュー

 
 
[PR]
by nijibabu | 2007-03-30 00:57 | ◆映画関連 その他 | Comments(4)