古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「なぜ、偶然の出会いは人生に潤いを与えるのか?」について。(謎)
c0073737_0315196.jpgCDP-R3
SONY製
CDプレーヤー
1989年発売


私の所有している「CDプレーヤー」が調子悪くなりました。(;;)
SONYの1989年製です。
私が、こよなく愛してきた、「相棒」です。

なんで、ここまで、このCDプレーヤーを愛してやまないのかと言うと、それにはそれなりの理由があるのです。
それは手に入れるのに、かなり苦労したからです。
それと、ちょっとした、偶然の出会いもあったからです。

以下に、このCDプレーヤーとの出会いに関する、ちょっとしたエピソードを書きたいと思います。長文なってしまいましたが、最後まで読んで頂けると、幸いです。

でも、「心温まる」いいお話になりました。(多分


**********************************


あれは、今から5年も前になる・・・
雑誌で、このCDプレーヤーを初めて知った。
音色に関する専門家の解説を読んでいるうちに、どうしても欲しくなった。

しかし、今から5年前、つまり、2000年の時点でも、この製品は生産中止となっており、中古品を扱う店を探し回る以外、入手する方法はなかった。

本屋で何冊も、分厚い「オーディオ専門雑誌」を購入。
そして、それらの雑誌に掲載されている全国の中古ショップに、電話をかけまくった。
それこそ、北は北海道から、南は九州まで。

しかし、どの中古オーディオショップからも、
「ちょっと古いんでねー、ないっすねー。」
系の返答が返ってくるばかり。

全国の中古ショップに電話しまくっても、置いてある店を、ただの一軒も発見できなかった。
しかも、何冊分もの専門誌を1ページずつ調べ、そこに載っているほとんどの店に電話しまくったのだ。
まさに、ベストを尽くした。
あきらめる他なしだ。


そして、数日後、別の用事があり、偶然、秋葉原へ行く機会を得た。
しかし、全国の中古ショップに電話をかけまくって、ただの一軒も置いてある店を発見できなかったのだから、いくら秋葉原とは言っても、全く期待していなかった。

他の用事もあったし、友人もつき合わせていたので、2,3軒回って無かったら、諦めようと思っていた・・・

実際、その後、秋葉原をぶらぶらしながら、何軒か回ったが、まったく置いてなかった。
もうこの辺で終りにするかな・・・と思っていたところで、こじんまりとした中古オーディオショップを発見。

「この店に無かったら探すの辞めにするわ・・・」

と友人に告げて、小さな中古オーディオショップへと向かった。

「うわぁ・・・」

私は、思わず、奇妙な声を挙げてしまった。
それくらい「感動」した!

小さい店の軒先に、雑誌でしか見たことのなかった、そして、ずっと探し求めていた“CDP-R3”が、静かに佇んでいるではないかっ!!


まさしく「運命の出会い」であった・・・
この「感動」は、「偶然」の成せる業だ。
「偶然の出会い」って、なんて素晴らしいんだ・・・


**********************************


こうした経緯で我が家にやってきた、「CDプレーヤー」。
最近、どうも調子が悪いのだ。

「音とび」する頻度が高くなっており、老朽化しているのは明らかだった。
「SONYサービスセンター」に電話をし、修理を依頼。
しかし、何しろ1989年製だ。
部品が残っている確率はかなり低い。

そして、今日、SONYのサービスマンが、自宅にやってきた。
開口一番、

「現実的なことを申し上げますと・・・」

と、切り出してきた。
そして、そのサービスマンは一度、呼吸をおき、

「残念ながら、手の施しようがありません。ダマしダマし使っていく他ないですね。修理不可能です。部品がありません。」

と、告げてきた。
「そうですか・・・」
私は、無力にも、そう答えるしかなかった。
とても哀しかった・・・


**********************************


音とびは多くなってきたものの、再生にそれほど問題はない。
「偶然の出会い」によって我が家にやってきた、この愛すべき「CDプレーヤー」を、これからも、できり限り長く使っていきたい。

そう思う、今日この頃であった。


c0073737_142436.jpg←部屋の中でも存在感抜群の“CDP-R3”

[PR]
by nijibabu | 2005-04-09 01:04
<< 右股関節神経障害(疑 世界のマラソン中継 >>