古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


愛と宿命の泉 PARTⅠフロレット家のジャン/PARTⅡ泉のマノン
c0073737_912161.jpg愛と宿命の泉 PARTⅠ/フロレット家のジャン』(1986)

上映時間: 122分
製作国: フランス/イタリア
ジャンル: ドラマ

監督: クロード・ベリ

原作: マルセル・パニョル
脚本: クロード・ベリ/ジェラール・ブラッシュ
撮影: ブルーノ・ニュイッテン
音楽: ジャン=クロード・プティ

出演: イヴ・モンタンジェラール・ドパルデュー/ダニエル・オートゥイユ/マルガリータ・ロサーノ

◆英国アカデミー賞 作品賞/助演男優賞(ダニエル・オートゥイユ)/脚色賞/撮影賞
◆セザール賞 主演男優賞(ダニエル・オートゥイユ)


*****************************************************
 フランス、プロヴァンス地方の寒村。泉のある土地を所有する婦人が亡くなった事を知った農夫セザール(モンタン)とその甥ウゴラン(オートゥイユ)は、いずれ泉を手に入れられるようにその場所を埋めてしまう。やがて婦人の息子一家が街から越して来て新生活を始めるが、枯れた大地は想像以上の苦行を彼らに強いる……。厳しくも美しい自然を背景に展開される見応えある人間ドラマ。芸達者な役者の顔ぶれも素晴らしいが、このPARTIでは、ただでさえよそ者というハンデを背負っているセムシの都会人ジャンに扮したドパルデューが良い。10年後、美しく成長したジャンの娘マノンを中心に描いた続編「愛と宿命の泉 PARTII/泉のマノン」に続く。(「allcinema」より。)
*****************************************************

c0073737_9151883.jpg男の仕事にかける執念と情熱、それを理解し支える家族。

それらを豊かな自然を背景に描いたヒューマンドラマの逸品。

年齢の割には老けきったイヴ・モンタンには、かなり驚いた。

最初、どれがイヴ・モンタンなのか分からなかった程だ。


少女マノンを演じた8歳の少女が実に美しい。

大人の奮闘する様子を、静かに陰から見つめるその横顔に、純粋なる美しさを感じる。


第二部へと続いていく本作だが、続きを観たいと思わせるラストの演出も巧みだ。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


c0073737_913121.jpg愛と宿命の泉 PARTⅡ/泉のマノン』(1986)

上映時間: 122分
製作国: フランス/イタリア
ジャンル: ドラマ

監督: クロード・ベリ

原作: マルセル・パニョル
脚本: クロード・ベリ/ジェラール・ブラッシュ
撮影: ブルーノ・ニュイッテン
音楽: ジャン=クロード・プティ

出演: イヴ・モンタンジェラール・ドパルデュー/ダニエル・オートゥイユ/エマニュエル・ベアール/イポリット・ジラルド

◆英国アカデミー賞 作品賞/助演男優賞(ダニエル・オートゥイユ)/脚色賞/撮影賞
◆セザール賞 主演男優賞(ダニエル・オートゥイユ)


*****************************************************
c0073737_9153123.jpg 「愛と宿命の泉」の第2部。泉を利用した花の栽培で成功したウゴラン(オートゥイユ)は山で見かけた羊飼いの娘に恋するが、彼女こそジャン(ドパルデュー)の娘、美しく成長したマノン(ベアール)だった。父の復讐を誓うマノンが泉の源を止めたために、村全体に水が来なくなってしまった。村人の恐慌が高まる中、セザール(モンタン)とウゴランの過去の悪事が発覚する……。前作では多くない出番ながら悪どい農夫に扮して強烈な印象を残したモンタンの過去に迫る物語は壮絶な因果話で、前作同様ドラマチックである。(「allcinema」より。)
*****************************************************

c0073737_918124.jpgパートⅠが良かっただけに、どうなるものかと不安にかられつつ観ていたが、途中から予定調和な展開にがっかり。

全てが自分の予想通りの展開。

なんじゃこりゃ、ひでぇ勧善懲悪映画だなぁと、観る気力を失いつつあったところで・・・な、な、なんと、このラストの展開は凄い!

凄すぎる!!


数奇な人間の運命を、長い時間をかけてじっくりと描き、ラストで衝撃の展開へともっていった脚本は見事と言う他ない。


イヴ・モンタンの末期を、単なる孤独な哀しい老人として描くのではなく、若かりし頃の青春絵巻と、戦争にまつわる不運を下敷きにして、自分の唯一の血縁である甥っ子を幸せにしようと、泉を故意に枯れさせるが、その行為がかえって甥っ子を不幸のどん底に追い込むことになり、自分自身も自然に死んでしまうほどの悲しみを背負ってしまう。

まさに非業の死。


c0073737_9161846.jpg人は誰のためにどう生きるべきか?

そこに答えはないが、人は運命にあがなえないということを、この作品は強く観る者に訴えかけてくる。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2011-06-25 09:19 | ◆映画レビュー
<< お葬式 波止場(1954) >>