古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


愛のむきだし
c0073737_284840.jpg愛のむきだし』(2008)

上映時間:237分
製作国:日本
ジャンル:ドラマ/ロマンス

監督:園子温

原案:園子温
脚本:園子温
撮影:谷川創平
音楽:原田智英

主題歌:ゆらゆら帝国
挿入歌:ゆらゆら帝国

出演:西島隆弘満島ひかり/安藤サクラ/尾上寛之/清水優/永岡佑/広澤草/玄覺悠子/中村麻美/渡辺真起子/渡部篤郎/板尾創路/岩松了/大口広司/大久保鷹/岡田正/倉本美津留/ジェイ・ウェスト/深水元基/吹越満/古屋兎丸/堀部圭亮/宮台真司

◆ベルリン国際映画祭:国際批評家連盟賞/カリガリ映画賞
◆バルセロナアジア映画祭:観客賞
◆ニューヨークアジア映画祭:グランプリ/観客賞
◆モントリオール・ファンタジア国際映画祭:審査員賞特別賞/最優秀女優賞(満島ひかり)/最優秀アジア映画賞/最優秀革新映画賞
◆東京フィルメックス:観客賞


*****************************************************
 「紀子の食卓」の鬼才・園子温監督が実話をベースに、盗撮男の予測不能の純愛の行方を描いたエンタテインメント大作。主演はAAAの西島隆弘と「プライド」の満島ひかり。敬虔なクリスチャンの一家に生まれた青年、角田ユウ。母を早くに亡くし、神父の父テツと2人暮らしの彼は、理想の女性“マリア”に出会う日を夢見て満ち足りた毎日を送っていた。ところが、ある出来事をきっかけに優しかった父はユウに懺悔を強要するようになる。父の期待に応えねばと、罪作りに励むうち“盗撮”の世界に没入していくユウ。そんなある日、彼は仲間とのゲームに負けて罰ゲームで女装している最中に運命の女性ヨーコと出会い、一瞬で恋に落ちるのだったが…。(「TSUTAYA online」より。)
*****************************************************

あらゆるエログロ要素が詰め込まれた、エログロ百科事典の様な作品。

言わば、エログロ世界の宝石箱。


c0073737_2403777.jpg200分を超える長編だが、その分見応えも十分。

長くは感じたが、話が進むほどに、少しずつ登場人物たちに感情移入していく感覚をおぼえた。

この感覚が案外、新鮮。

この点において、200分を超える長尺も意味があると感じられた。


映像はシャープかつ綺麗。

展開も奇抜で、園子温監督の特性がよく出ている。

『奇妙なサーカス』や『紀子の食卓』などの、この監督の他の作品と同じ色合いを感じた。


個人的には、女装した男に惚れるという、少しメルヘンな内容が好きになれなかった。

突飛な女子高生のアクションシーンもどこか浮いた印象はぬぐえない。


しかーし、やっぱりこの監督は、無意味なエロスが最大の魅力。

「エロければそれで良い」

そう割り切って観れば楽しめるだろう。


c0073737_2394572.jpg幼少期に、父親に性的虐待を受けた女のコ。

それがトラウマとなって、男嫌いになる。

園子温監督は、こういう設定がたまらなく好きらしい。

まさに監督そのものが変態だ。

変態監督だからこそ描くことのできる、めくるめく変態ワールド。

変質に偏執した世界観。


そして、この性的虐待を行う父親役を演じた板尾創路が見事にハマり役。

女子高生となった娘に乗っかる、暴力をふるう・・・極楽の山本でも良かったかもしれないが。


c0073737_2401721.jpg終盤にかけてのたたみかけは気合い十分。

キチガイになってしまった主人公の青年。

その青年を呼び覚まそうと涙する女子高生。

光り輝く素晴らしい最終章だった。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

[PR]
by nijibabu | 2011-09-13 02:41 | ◆映画レビュー
<< 息もできない 接吻(2006) >>