古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ボッカチオ'70
c0073737_1517402.jpgボッカチオ'70』(1962)
上映時間: 204 分
製作国: イタリア/フランス
ジャンル: ドラマ

監督: マリオ・モニチェリ Mario Monicelli  第1話「レンツォとルチアーナ」
フェデリコ・フェリーニ Federico Fellini  第2話「アントニオ博士の誘惑」
ルキノ・ヴィスコンティ Luchino Visconti  第3話「仕事中」
ヴィットリオ・デ・シーカ Vittorio De Sica  第4話「くじ引き」
音楽: ニーノ・ロータ Nino Rota  第3話「仕事中」、第2話「アントニオ博士の誘惑」
 
出演: ソフィア・ローレン Sophia Loren  第4話「くじ引き」
ルイジ・ジュリアーニ Luigi Giuliani  第4話「くじ引き」
アニタ・エクバーグ Anita Ekberg  第2話「アントニオ博士の誘惑」
ペッピノ・デ・フィリッポ Peppino De Filippo  第2話「アントニオ博士の誘惑」
ロミー・シュナイダー Romy Schneider  第3話「仕事中」
トーマス・ミリアン Tomas Milian  第3話「仕事中」
マリサ・ソリナス Marisa Solinas  第1話「レンツォとルチアーナ」
ジェルマーノ・ジリオーリ Germano Gilioli  第1話「レンツォとルチアーナ」
ロモロ・ヴァリ Romolo Valli  第3話「仕事中」

*****************************************************
【解説】
元々は4編のオムニバスだが、日本劇場公開版はマリオ・モニチェッリの監督したエピソードをカット(現在、発売されているビデオには収録。『デカメロン』の中世イタリアの作家ボッカチオが現代に生きていたら、こんな挿話をその著書に書き入れたかも知れない--。そんな発想で生まれた物語四編を、イタリア映画お得意のオムニバス形式で映画化した62年度作品(だから題名の“'70”は当時から見たら近未来を指していたのだ)。日本では無名のM・モニチェッリの担当作(結婚間近の男女の日常を明るく描いたもので、日本人には親しみやすい素直な青春譚だ)はカットされ、残るすでに知られた巨匠たちの三編で公開となった。現在は1・2巻に分かれビデオで完全な形で観られる。第一話デ・シーカの「くじびき」。北イタリアの片田舎で、遊園地の射的場を営む父の借金のカタに、クジの一等賞にされる娘ゾーエ(ローレン)をめぐっての男たちの狂騒をペーソスを漂わせつつコミカルに綴っている。ゾーエには隣村に恋人がいたが、一等を当てた冴えない寺男の母に“一生の想い出に一夜だけでも息子とつきあってくれ”と懇願される……。第二話は「誘惑」、フェリーニ作。熱心なカソリックの道徳家アントニオ博士は、部屋の前の広場に建てられた大看板のグラマー美女(エクバーグ)に激昂するが、いつしかそれは夢にまで現われ……というフェリーニ的な大らかなユーモアが実に楽しい。三話目はヴィスコンティ「現金」で、貴族の若夫婦の倦怠を皮肉っぽく描く。浮気性の夫をやりこめようと、娼婦に化けて誘惑の電話をしたはいいが、あまりに素っ気なく話に乗ったので、シラけた妻はそれから夫と寝る際には報酬を要求することに決める。いずれも作者の持ち味の出た作品の並んだ好企画と言えよう。(allcinema ONLINEより)
*****************************************************

デ・シーカ、ヴィスコンティ、フェリーニという豪華な監督陣によるオムニバス映画。

上の3人にマリオ・モニチェリという監督の作品を加えた、全4作品によって構成されている。
なんと、上映時間はあわせて“204分”という超豪華版。

しかも長いだけでなく、個々の監督の個性が十二分に発揮されており、かなり「濃い」内容となっている。

私はビデオをレンタルしたのだが、上巻・下巻を二日に分けてやっと観終えることができた。(汗)

*****************************************************

この4作品の中で、巷で一番評判がいいのが、第1話のモニチェリによる作品だ。

私も“面白さ”という基準だけで選べば、この作品が一番。

主人公夫婦の働く工場での「人、人、人」の混雑ぶりも圧巻だし、新婚夫婦の奮闘ぶりや、貧乏だけどひたむきな暮らしぶりなどは共感が持てるし、観ていて楽しい。

この作品だけでも観る価値はおおいにあるだろう。

しかし、このオムニバス作品の凄いところは、そこに更に巨匠3人の作品が加わることである。

1話目のモニチェリのライトな良作を楽しんだ後、二話目にはフェリーニの渾身の一撃を食らうことになる。

フェリーニのは55分なのだが、彼のその他の長編と比較しても勝るとも劣らない、凄まじいエネルギーを放っている。
はっきり言って見終えた後は、“グッタリ”だ。(笑)

開始早々から「フェリーニ節」全開で、飛ばしまくる。

そしてアニータ・エクバーグの不気味なボディ(謎)と笑い声。
そんでもって、相変わらずの“乱痴気騒ぎ”。

たった55分でも、ものの見事に観てる者を「フェリーニ・ワールド」へと誘ってくれる。

*****************************************************

そして、その後の3話目にくるのが、ヴィスコンティの短編。

これもまた容赦はしてくれない。
短編なのに、相変わらず“豪華絢爛”だ。

そして「貴族的退廃ムード」も全開である。
フェリーニ作品みたいに疲労はしないが、これはこれでお腹いっぱいにさせてくれる。

*****************************************************

最後の4話目は、デ・シーカの短編。

フェリーニやヴィスコンティに比べれば、まだ“薄い”ものの、そこは巨匠。
最後のいかにもな感じの“大円団”に到るまで、ぬかりは無し。

楽しいのは1話目かもしれないが、残りの3話ともそれぞれの巨匠の個性が強烈に発揮されており、どれも素晴らしい。

しかしながら、これらを一気にまとめて観たならば、体力と気力が奪われるであろうことは明白。

「1日1話」でもいいくらいかもしれない。(笑)

*****************************************************

フェリーニやヴィスコンティの作品を既に何個も観たことがあり、それぞれの監督の個性とアクを知っている人にオススメしたいオムニバス映画だ。

そういった人ならば、この作品のボリュームと豪華さに、必ずや大満足できるであろう。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-03-13 15:48 | ◆映画レビュー
<< “ラーメン屋ランキング”更新、... 2006年名古屋国際女子マラソン >>