古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


街の恋
街の恋』(1953)
上映時間: 103 分
製作国: イタリア
公開情報: 劇場未公開
ジャンル: ドキュメンタリー

監督: フェデリコ・フェリーニ Federico Fellini
ミケランジェロ・アントニオーニ Michelangelo Antonioni
カルロ・リッツァーニ Carlo Lizzani
ディノ・リージ Dino Risi
フランチェスコ・マゼッリ Francesco Maselli
チェザーレ・ザヴァッティーニ Cesare Zavattini
アルベルト・ラトゥアーダ Alberto Lattuada
製作: チェザーレ・ザヴァッティーニ Cesare Zavattini
撮影: ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ Gianni Di Venanzo
音楽: マリオ・ナシンベーネ Mario Nascimbene
 
出演: アントニオ・チファリエッロ Antonio Cifariello
リヴィア・ヴェントリーニ

*****************************************************

奇跡的に観れたドキュメンタリー・オムニバス。

参加監督は全部で6人。
そのうち、ミケランジェロ・アントニオーニが目当てで、この作品をレンタルした。

都内広しと言えど、散々探し回ってこちらの作品があったTSUTAYAは「新宿 TSUTAYA」のみ。

胸を高鳴らせながら、ビデオをデッキへ挿入した。
なんせ、未見のアントニオーニ作品を観るのは久しぶりだったからだ。

というか、未見のアントニオーニ作品なんかもう観れないと思っていた。
それが叶ったのだから、ワクワクを超えてドキドキもんである。

アントニオーニの短編は二番目だった。
しかし、私にとっては不満足な作品だった。

得てして「期待過剰」だとこんなもんだ。
仕方ない。

意気消沈しながらも、残りの4作品を観ていった。
そこで、衝撃の作品に出会った。

4番目の短編だった。
作品名は『結婚相談所』。
それは、かのフェデリコ・フェリーニの作品だった。

*****************************************************

彼の名前がクレジットされていたのは知っていたが、何しろアントニオーニの名前にばかり気を取られていて、ノーマークだったのだ。

フェリーニの作品群の中で、一番好きな作品と言えば『崖(1955)』であり、それ以外で好きなフェリーニ作品を挙げれば、『寄席の脚光(1950)』や『青春群像(1953)』や『甘い生活(1959)』である。

これらは全て“1950年代”の作品だ。
自分が大好きなフェリーニ作品は、絶対的に1950年代の作品なのである。

そこでこの『街の恋』が作られた年をチェックしてみたら・・・

見事なまでに1950年代の作品であった。(笑)
どうりでストライクなはずだ。

1950年代のフェリーニ作品における“必殺技”である、「純粋な少女(女性)」がまたしても登場。

完全にノックアウトされてしまった。

「感動に打ちひしがれた」


まさにそんな感じ。

*****************************************************

貧しい家庭の8人兄弟の長女に生まれた女性は、貧困にあえぐ家族の為に実家を出た。
彼女はパリに身を置き、毎日ギリギリの生活を送っていた。

そこで彼女の目に留まったのは「結婚相談所」。
結婚をすることによって、現状を打開できるのでは、と彼女は思った。

まだ若い彼女に、思いもかけない“いい相手”が紹介されることとなる。
紹介された男性は、「金持ちで大地主」だというのだ。

結婚相談所の仲介人は半信半疑な彼女を説得し、その男性との待ち合わせの場へ彼女を連れていった。

しかし、「医者」と名乗る代理人の男がいるだけで、本人の姿は見えない。
だけど、とりあえず彼の車へ乗ってくれ、と仲介人。

わけも分からずとりあえず車へと彼女は乗り込んだ。

「医者」と名乗る代理人との会話。
どうやら相手の男性は直接来れない深い事情があるのだそう。

その男が言うには、「奇病で重病。夜になると発狂する、いわゆる狼病」であるらしいのだ。
しかし、その医者が言うには、結婚すればこの病気も治るかもしれない、らしい。

だけど、治らなかった場合には、一度結婚した以上、一生その男の面倒を看なければならないというのだ。

ここで決断を迫られる彼女。

しかし、彼女は少し間を置いて、きっぱりと言い放った。

「その方と結婚します。そして看病します。」

「大丈夫なのかい?奇病なんだよ?夜中になると、暴れ出すんだよ?興奮して母親さえ分からなくなるんだ。それで本当にやっていけるのかい?」

「はい。それで私の家族とその方が幸せになるのなら・・・。それにその方は重い病に苦しんでおられるんです。本当に可哀そうなのはその男性なんです。それにそこには安定した生活が待っています。経済面では保障されるはずです。」

「・・・・」


彼女の真っ直ぐな気持ちに、言葉を失う男。

*****************************************************

実は、この仲介人、嘘を言っていたのだった。

彼は医者でもないし、そんな重病人など存在しない。
すべて嘘っぱちなのだ。
彼は大した意味もなく結婚相談所を訪れただけだったのだ。

彼は、
「あなたにこの話は向いていない。この話は忘れて下さい。」
と彼女に言う。

すると彼女は、
「そうですか。おそらく無理だとわかっていました。」
と残念そうに言う。

それを聞いてその男は、何とも言えない哀しい表情に。

その表情の意味は、罪悪感を感じてのことなのだろうか。
それとも、そんな純粋な彼女が貧しさに追われ不幸な毎日を過ごしていることに対する不憫さを思ってのことなのか。

男は女性を車から降ろし、物悲しい表情のまま車を走らせた・・・

*****************************************************

こうして20分足らずの短編は終幕する。

3時間を越える大作にも負けない素晴らしき一編であった。

晩年に“悪ノリ”しまくるフェリーニであるが、初期の初期にこういう短編を作っているのだから驚きだ。

フェリーニ作品は、短編を含めてもほぼ全て観てしまったが、最後の最後でこの名作に出会えたことを嬉しく思う。


★鑑賞済みフェリーニ作品
ボイス・オブ・ムーン(1990)
インテルビスタ(1987)
ジンジャーとフレッド(1985)
そして船は行く(1983)
女の都(1980)
フェリーニの都(1980)
オーケストラ・リハーサル(1978)
カサノバ(1976)
フェリーニのアマルコルド(1974)
フェリーニのローマ(1972)
フェリーニの道化師(1970)
サテリコン(1969)
世にも怪奇な物語(1967)
魂のジュリエッタ(1964)
8 1/2(1963)
ボッカチオ'70(1962)
甘い生活(1959)
カビリアの夜(1957)
崖(1955)
道(1954)
青春群像(1953)
街の恋(1953)
白い酋長(1951)
寄席の脚光(1950)




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-03-19 17:37 | ◆映画レビュー
<< “ラーメン屋ランキング”更新、... “ラーメン屋ランキング”更新、... >>