古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アッカトーネ
c0073737_14284097.jpgアッカトーネ』(1961)
上映時間: 117 分
製作国: イタリア
公開情報: 日本未公開
ジャンル: ドラマ

監督: ピエル・パオロ・パゾリーニ
 Pier Paolo Pasolini

脚本: ピエル・パオロ・パゾリーニ
 セルジオ・チッティ 
撮影: トニーノ・デリ・コリ
出演: フランコ・チッティ Franco Citti
フランカ・パスット、ロベルト・スカリンジェッラ、アドリアーナ・アスティ、シルヴァーナ・コルシーニ

*****************************************************
【解説】
”アッカトーネ(乞食)”と呼ばれる娼婦のヒモ、ヴィットリオは職にも就かず優雅に暮らしていたが、金づるの娼婦マッダレーナが刑務所に入れられ運に見放される。うぶな娘に恋してようやく真面目に働き出したが…。
イタリア映画界史にひときわ異彩を放つピエル・パオロ・パゾリーニ監督のデビュー作。ローマのスラム街に住む最下層の人々の苛立ちに満ちた生活を真正面から描いた救いのない悲劇。
(TSUTAYA onlineより)

 まるで必然のように身を堕していく男を冷徹に描いたパゾリーニの劇場未公開作品。貧民街に暮らすアカトーネと呼ばれる男。彼は仕事もせず、気のあった仲間とその日暮らしを続けていた。やがてその生活は、彼の命までも奪っていく……。
(allcinema ONLINEより)
*****************************************************

イタリアの名匠、ピエル・パオロ・パゾリーニの監督デビュー作。

主演は、パゾリーニ映画の“常連”であるフランコ・チッティ
この人の顔は何度も見たことがあったけど、顔と名前をしっかり憶えたのは今回が初めて。

他の作品でもかなりの個性を発揮していた彼だが、本作においては主役ということもあって、存在感ありまくりだ。

舞台はローマのスラム街。
主人公であるアッカトーネは職にも就かず、プラプラと日々暮している。

彼の経済的根拠は“ヒモ”。
要するに、自分は毎日遊び呆け、女性に食わせてもらっているのだ。
なんという羨ましい暮らしぶりだろう。(爆)

「仕事なんて堕落した人間のすることだ。」

と、彼は劇中でのたまう。
なかなか哲学的なプータローだ。(笑)

自分も多分にプータロー気質な部分があるからして(爆)、こういった「怠け者の若者」を題材にした作品は、それだけで自分のツボにハマってしまう。

*****************************************************

袖まくりをしながら、ガタイのいい(体格のいい)彼は街をブラブラとしている。
ロクに働いてもいないのに、無意味に体格がよろしい。

とあるきっかけで肉体労働を一日だけすることになるが、すぐにバテテしまう。

あのガタイは一体、何の意味が!
見かけ倒しかよ、おい!

そんなとこも自分に似てて楽しかったりする。(笑)

そんな彼もついには奥さんに見捨てられ、家を追い出されてしまう。

それでも彼は働かない。
ガタイを活かさない。(笑)

しかしながら、さすがにそんな彼でも飯なしでは生きていけない。

「お腹が空くのは、食べることが習慣になってしまった証拠だ。」

と、またしても哲学的なことをのたまうが、要するに腹ペコな彼。
ついには、子供をあやすフリをして、子供の首にかかったネックレスを盗んでしまう。

そうして堕落の道をひたすら突き進んでいくのだが・・・

*****************************************************

上の「解説」でかなりネタバレしているが、結果として救いようのない形で終りを迎える。

この時代の「イタリアン・ネオリアリスモ」作品の終わり方としては王道とも言えよう。

話としては、ただ「堕ちていくスラム街の男」を描いただけだ。
しかし、私は最初から最後までこの作品に引き込まれ続けた。

なぜだろう。

おそらく、この作品が最初から最後まで、“純粋なるパゾリーニ一色”だったからだろう。

後期の彼の作品群に比べると、過激な描写はほとんど無い本作。
それだけに、パゾリーニの描き出す独特の映像世界にどっぷりと浸ることができた。

パゾリーニ映画のモノクロ世界は、見ていてとても心地良くなる。
彼の作品群の中で、それを最も強く感じさせたのは、この『アッカトーネ』という作品だった。

巷のレビューサイト等で、非常に評判が良かった為、観ることを決めた本作。
どうやらその「口コミ評判」に間違いはなかった様だ。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-03-30 15:04 | ◆映画レビュー
<< 新文芸坐の日本映画特集 フェリーニ 大いなる嘘つき >>