古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


誰がために
c0073737_1019335.jpg誰がために』(2005)
上映時間: 97 分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ

監督: 日向寺太郎
脚本: 加藤正人
音楽: 矢野顕子
 
出演: 浅野忠信
エリカ
池脇千鶴
小池徹平
香川照之 ほか

*****************************************************
【解説】
 ある日突然最愛の人を理不尽な暴力によって失った男が、そのやり場のない怒りと悲しみとどう向き合っていくかを静かな眼差しで見つめた社会派人間ドラマ。主演は浅野忠信と「ワンダフルライフ」「美しい夏キリシマ」のエリカ、共演に池脇千鶴。監督は黒木和雄監督作品で助監督を担当、本作でデビューとなった日向寺太郎。
 東京の下町で、急死した父の後を継いで写真館を営む民郎。そのために諦めた報道カメラマンの仕事に未練を残し、満たされない日々を過ごしていた。そんなある日、幼なじみのマリが連れてきた友人、亜弥子と出会い心惹かれる民郎。そして2人は深く愛し合うようになり、やがて亜弥子は妊娠する。しかし、2人の幸せは唐突に終わりを告げる。亜弥子が見ず知らずの少年に殺されてしまったのだ。怒りと悲しみに押し潰されそうになりながらも、マリの励ましもあってなんとか日常を取り戻そうと懸命な民郎。そんな時、民郎は少年が予想外に軽い刑で出所したことを知ってしまう…。
(allcinema ONLINEより)
*****************************************************

これで浅野忠信の出演作を観るのは、「48作品目」となった。

なんかとっても久しぶりな気がする“新作”鑑賞。

TSUTAYAの半額キャンペーン期間中だというのに、“新作”であるはずの本作は、在庫3本とも全てレンタル可能であった。

要するにとっても「人気がない」のだ。

なんでだろう。
私にとっては、“久しぶりに新作を借りてみよう”という気になった魅力溢れる邦画の新作だというのに。(笑)

まあともかく、新作をあっさりレンタルできたんだから素直に喜びたい。

*****************************************************

映画の冒頭で見覚えのあるお店や景色がいくつも出てきた。
なんかとっても懐かしい、私が大好きな場所の様な気がした。

その何カットか後に、「都電荒川線」が登場!
やはりそうだったか。

この作品の主な舞台は、私の大好きな「都電荒川線」沿線の街なのだ。

同じく「都電荒川線」が効果的に出てくるホウ・シャオシェンの『珈琲時光』を私は思い出した。
あれも浅野忠信が出演していた。

内容を観る前に、この時点でこの作品を気に入ってしまった。

こういう「気に入り方」をしているから、レビューを書いても共感をあまり得られないのだろうな。(苦笑)

*****************************************************

前半はハッキリ言って、少し“居心地の悪い”雰囲気。

なんか、観てるこっちが恥ずかしくなる様な、ありがちで陳腐な感じの演出が目立っていた。
エリカ演ずるヒロインと、主人公である浅野忠信とのやりとりが特にそんな感じだった。

ただ、ヒロインが殺されてしまった後からは雰囲気がガラリと変わった。

浅野忠信の表情も“復讐”を誓った厳しい感じに激変。
作品自体が、サスペンス的な緊迫感を伴う空気へと変化した。

ここからはネタばれを避けたいと思う。
ただ、最後の部分について少しだけ・・・

私的にはあの終り方には大いに不満をおぼえた。
どうも優等生過ぎるのだ。
終り方が。

「映像特典」で監督インタビューがあってそれを見て合点がいったのだが、この日向寺太郎という監督さん、やっぱり優等生な雰囲気の方だった。

脚本は違う方が書いたにしても、こんな感じの人が撮る映画なら、こういう終り方になってしまうのは納得ができた。

しかし、作品の主題が主題だけに、もう少し過激というか、問題を投げかける様なインパクトの強い終り方の方が良かったのではないだろうか。

映画全体としてはかなり良かっただけに、この終り方にはかなり勿体なく感じた。





本作は、
「寸でのところで殺さずに帰る主人公。
居酒屋に行くと、池脇千鶴演ずる女のコと、その仲間たちが楽しそうに騒いでいる。
それを静かにみつめる主人公。」


という終り方だった。

それよりも、
「“復讐”なんか止めるように言われた主人公だったが、やはりその衝動を抑えきれず、加害者の少年を殺してしまう。
居酒屋に行くと、池脇千鶴演ずる女のコと、その仲間たちが楽しそうに騒いでいる。
それを見つめる主人公。
もう、自分の戻る場所はない。
“復讐”は成功したが、“復讐”に一体どんな意味があるのだろうか。
そしてこの先、主人公に幸せは訪れるのだろうか。」


という感じの終わり方が自分の好みに合っていたと思う。

確かに、殺さない方がいいに決まっている。

だけどこれは映画だ。
「この重い主題に対し疑問を投げかける」
それが重要だとするならば、私が提示した終り方が良かったように思うのだがどうだろう。

まあもしそんな終り方にしたならば、“問題作”という烙印を押されかねないが。
だけど、せっかくの監督デビュー作なんだから、それくらいセンセーショナルな作品でも良かったのではないだろうか。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-04-02 11:00 | ◆映画レビュー
<< “ラーメン屋ランキング”更新、... 浅野忠信の出演作、全てをレビュ... >>