古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ゴダールの決別
c0073737_20162723.jpgゴダールの決別』(1993)
上映時間: 84 分
製作国: フランス/スイス
ジャンル: ドラマ/アート

監督: ジャン=リュック・ゴダール
 Jean-Luc Godard


製作: アラン・サルド Alain Sarde
脚本: ジャン=リュック・ゴダール
撮影: カロリーヌ・シャンプティエ
 Caroline Champetier



 
出演: ジェラール・ドパルデュー Gerard Depardieu
ロランス・マスリア
ベルナール・ヴェルレー Bernerd Verley
ジャン=ルイ・ロカ
フランソワ・ガーマン
ジャン=ピエール・ミケル

*****************************************************
【解説】
 聖性と言うラディカルなテーマを扱うとき、ゴダール映画もまたごくシンプルに裸の実存を見せてくれる。もちろん夥しい引用と哲学的アフォリズムはなお盛んだが、それが一つのものに還元されていく勢いが全編に満ちていて、無神を信じるのではなく、神について考えないようにしている厭神論者でさえ、この作品の崇高さにはひれ伏して、自分なりの神の像を再び模索し始めるに違いない。スイス・レマン湖のほとりに暮らす平凡な夫婦のもとに、一陣の風のように神は姿を現わす。妻ラシェルはある日不安に襲われ神父に、“自分の相手が夫シモンなのか、神なのか分からない”と告白する。発端は、夫が一晩家を留守にした日。突然帰ってきた夫の様子がまるで別人のようなので、妻が疑惑を口にすると、夫は“僕は君の愛人”で“シモンの身体に乗り移った神”だと宣言し、熱烈に彼女の身体を奪う。それは久しく味わったことのない悦びで、彼女は確かに夫の不在を信じた。果たして、彼はどこに行ったのか? そして、神とはこのような形で実現してよいものか? ギリシア神話のゼウス神の人妻との浮気をモチーフに、陽光溢れるリゾート地の風景の中、ゴダールの深遠な問いかけはいつになくストレートに観る者の魂に響く。名優ドパルデューの圧倒的な存在感(近年の肥え方は王者的貫禄を備えさせている)も見もの。“他の遊星から落ちてきた隕石のかけらのように美しい”とのフィガロ紙の評も、まんざら誇張ではない、エンド・クレジットが流れてもなお続く、詩的な映像の連なりはまさに“映画の奇跡”と呼ぶに相応しい。
(allcinema ONLINEより)
*****************************************************

自身“ゴダール23作目”となる本作品。(短編作品も含む。)

DVD裏面の解説には、「ゴダール映画史上、最難解作品!」と書いてある。
その為、“ゴダールと決別するのに相応しい作品”と心の中に決めていた。(笑)

この作品を観てとことんゴダールを嫌いになり、きっぱりさっぱりゴダールを忘れてやろう!という寸法だ。

そうは言っても、かなりの数のゴダール作品を観てきた私である。
難解な晩年のゴダール映画には慣れてきたつもりだ。

「どんだけ難解なんだろう」と、逆に期待をしながら、いざDVDの再生ボタンを押したのだった・・・

*****************************************************

さて始まった。

いつもの“晩年のゴダール作品調”全開だった。
具体的には、

・唐突に挿入される画面いっぱいの文字(黒地に白い文字)。
・いきなり流れるクラシックなBGM。
・登場人物とは無関係に挿入される、気色の悪い音声(ガラガラ声)。
・やたらに綺麗な森の風景。
・海の風景。
・意味なく乱暴な動きや振る舞いをする登場人物。
・いきなり裸になる女性達。
・哲学的な言葉のむやみな引用。


などなどだ。(笑)
(ただし、今回は「鳥の鳴き声」みたいなのは無かった。)

しかし本作には、今までとは明らかに“違う”ことがあった。
それは、“あまりの難解さ”加減だ。

いやいや、これはいよいよ全くもって訳が分からんぞ。
さすがに焦ったね。

その他の晩年のゴダール作品は、難解な部分やセリフ回しがあっても、全体の中の一部分でしかなかった。
それがこの作品においては、全てがそんな感じなのである。(汗)

よくもまあ、こんだけ訳の分からんシーンを84分も“数珠つなぎ”にできたもんだ。(苦笑)
呆れるを通りこして、感心するばかりである。

*****************************************************

ただし、この作品、ただ難解なだけではない。
とにかく映像が美しいのだ。

他のゴダール作品と比べても、圧倒的に素晴らしい。
ゴダール作品の中で“最も美しい作品”だと私は感じた。

映画レビューサイトでも誰かが書いていたが、「字幕なし」で観たら最高だろう。
まあ、かと言って、それを実践するほどの魅力を感じた訳ではないが。(爆)

*****************************************************

さて、かくして私は、この作品にて“ゴダールとの決別”を果たしましたとさ。

だって、84分という短い尺なのに、観るのに「映画3本分のエネルギー」を使ったからね。

もういいよ、ゴダールは。
さようなら、愛すべきゴダール。(笑)

c0073737_10253373.jpg
c0073737_10254682.jpg
c0073737_10252658.jpg
c0073737_10253911.jpg
c0073737_10255244.jpg



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-04-07 20:38 | ◆映画レビュー
<< 鑑賞映画リストを更新。(200... “ラーメン屋ランキング”更新、... >>