古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ぼくの小さな恋人たち
c0073737_101695.jpgぼくの小さな恋人たち』(1974)
上映時間: 123 分
製作国: フランス
ジャンル: ドラマ

監督: ジャン・ユスターシュ
 Jean Eustache

製作: ピエール・コトレル
脚本: ジャン・ユスターシュ
撮影: ネストール・アルメンドロス
 
出演: マルタン・ローブ Martin Loeb
イングリット・カーフェン Ingrid Caven


*****************************************************
【解説】
 「ママと娼婦」のジャン・ユスターシュが監督・脚本を手がけた、少年の成長を描いた作品。13歳のダニエルは祖母と一緒にフランス南部の小さな村で友人たちに囲まれて幸せな日々を過ごしていた。そこへ突然、他の男と暮らしている母親が現れ、彼をナルボンヌの街に連れ去ってしまう。村とは違う都会の暮らしに戸惑うダニエル。母親は高校に行かす金はないと、ダニエルに働くことを命じ、ダニエルはバイクの修理屋で働き始める……。
(allcinema ONLINEより)

 13歳のダニエルは、祖母と一緒にフランス南部の小さな町ペサックに住んでいる。やさしい祖母や友人たちに囲まれ、幸せな日々を送っていた。両親はすでに離婚。ある日突然戻ってきた母は、男と暮らしているナルボンヌへ引っ越して一緒に暮らすよう、ダニエルに強制する。一人で汽車に乗り、町へ向かうダニエル。母の言いつけで学校へは行かず、彼のバイクの修理工として働く単調な日々が始まる…。
 「サンタクロースの眼は青い」のジャン・ユスターシュ監督による人間ドラマ。フランス南部の小さな村から都会へ移り住んだ少年・ダニエルの心の成長を描く。
(TSUTAYA onlineより)
*****************************************************

この作品は、自分のお気に入り映画の一つとなった。
(左側のProfile欄、“好きな映画作品”に追加しました。)


なんともいえない余韻を残す、ユスターシュの美しき遺作。

ジャン・ユスターシュという監督は、とのさんのブログで知るきかっけを得た監督である。
とのさんと知り合うことがなかったら、この監督の作品は観る機会が無かっただろう。

*****************************************************

あまり観ている人は多くないであろうユスターシュの作品。
フランス映画っぽいけど、他のフランス映画とはどこかが違う。

何が違うのかよく分からないけど、何故か観ていて飽きない。
フランス映画って、雰囲気は良くても、観ていて飽きてしまう作品が少なくない。
その中にあって、ユスターシュ作品は観ていても時間を感じさせないのだ。

でも、その理由は全く分からない。
摩訶不思議だ。

この不可思議さが、この監督の最大の謎であり魅力でもある。

*****************************************************

さて、本作はそのオープニングからして心を奪われた。

淡いピンク色の文字に、背景にはフランスの美しい村の映像。
そしてバックに流れるシャンソンな歌。

映像に関しては、ヴィスコンティ作品の様な豪奢感のあるTechnicolorでもないし、現代のDVD映像の様なシャープさがあるわけでもない。

だけど、それらにも劣らない美しさが本作にはある。
全く飾り気ないのに、それでいて美しいのだ。

センスがいい人が、ストレートに画を撮るとこうなるのかな。
とにかく観ていて心地のいい映像の数々。

そして、出演者がみな美しい。
男女に限らずだ。
来ている服もさり気なく美しいし、センスも抜群。

ココ・シャネルがどうのとか、モードファッションがどうのとか、そういう類いの“衣装”の美しさでは決してない。
あくまで出演者の着ている“服”が、自然でいてセンスがよく、ユスターシュが描く本作の世界観にマッチしているのだ。

特筆すべきは、主演の幼い男女二人。
とても画になる二人。
こういうのを観てると、自分が日本人に生まれたのを恨めしく思うね。(笑)

*****************************************************

思春期特有、特に男子に特有の「歯がゆさ」というか「やりきれなさ」みたいなものがうまく表現されている。
それは痛々しいほど繊細に描かれていて、観ているこっちも辛くなるほどだ。

これはユスターシュの自伝的作品であるとも言われており、彼の思春期の頃の想いを垣間見ることができる。

若くして自殺したユスターシュ。
あぁ、もっと彼の作品が観たかった。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-04-16 10:16 | ◆映画レビュー
<< 鑑賞映画リストを更新。(200... “ラーメン屋ランキング”更新、... >>