古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


家庭
c0073737_1642828.jpg家庭』(1970)

上映時間: 95分
製作国: フランス
ジャンル: ドラマ/ロマンス

監督: フランソワ・トリュフォー
脚本: フランソワ・トリュフォー
クロード・ド・ジヴレー
ベルナール・ルヴォン
撮影: ネストール・アルメンドロス
音楽: アントワーヌ・デュアメル
 
出演: ジャン=ピエール・レオ
クロード・ジャド
松本弘子
クレール・デュアメル
ダニエル・セカルディ
バルバラ・ラージュ
ダニエル・ブーランジェ

*****************************************************
【解説】
 新婚まもないクリスティーヌは、町で買い物をしても未だマドモワゼルと呼ばれる初々しさ。街角で花に染色を試みては売っている夫アントワーヌと、ささやかな幸福をかみしめていた。が、花屋事業は失敗に終わり、アントワーヌは米国資産の水力会社の実験係に雇われる。模型の船をプールに浮かべる、簡単な仕事だ。そして、そこに見学に現れた日本人女性キョーコの神秘性に惹かれた彼は、彼女と深い仲になってしまう。夫婦の間には男の子が誕生したばかりなのだが……。トリュフォー=レオの“ドワネル”シリーズ第4弾で、日本女性の描き方に偏見があったとして、監督自身“失敗作”とみなしている一編だが、出だしのルネ・クレール調のファンタジックなユーモア、“絞殺魔”と噂されるアパートの謎の住人が、実は優れた形態模写芸人だと分かるくだりなど、トリュフォーらしい細やかなディテールが楽しい。
(allcinema ONLINEより)
*****************************************************

監督であるフランソワ・トリュフォーの自伝的作品シリーズ“アントワーヌ・ドワネルもの”の第四弾。

トリュフォー作品は何本も観たが、全体的には好みに合わない作品が多かった。

しかし、“トリュフォー=レオ”コンビによる自伝シリーズは別格だ。

大人は判ってくれない』をはじめとして、『二十歳の恋』や『夜霧の恋人たち』と秀作ぞろいである。

*****************************************************

本作の主人公ドワネルを演じるのは、あのジャン=ピエール・レオ

元々かなり好きな俳優さんではあるが、このトリュフォー自伝シリーズ(ドワネルもの)においては、特に彼の魅力が発揮されているように感じる。

彼に男の“ダメダメぶり”を演じさせたら、右に出るものはいないからだ。

シリーズ前作『夜霧の恋人たち』で無事結婚したドワネルは、実に幸せそうな新婚生活を送っている。

この何気ない新婚生活を観ているだけでも、十分に楽しむことができる本作。

そして、撮影のネストール・アルメンドロスによる美しい映像も、花を添えている。

そんな中、日本人女性“キョーコ”さんというのが登場する・・・

*****************************************************

この登場人物が実におそろしい。

どう恐ろしいかって?
いやー、何とも表現しにくいが、トリュフォーによる日本人女性への偏見にみちたキャラなのだ。(苦笑)

まあこれはこれでジョークと割切れば、楽しく観れなくもないが・・・
(トリュフォー自身も、これに関連して、“失敗作”と本作を評価しているらしい。)

この日本人女性に関するエピソードがあるせいで、日本においては他の“ドワネルもの”に比べて極端に知名度の落ちる本作。

このゲテモノ(言ってしまった^^;)とも言える日本人女性に関するシーン以外は、なかなか魅力がある本作だけに、実にもったいないはなしだ。

*****************************************************
(追加)
ちなみに、本作は思わずニンマリしてしまうシーンが盛り沢山。

例えば、主人公が電話をするシーン。

「ジャン・ユスターシュさんですか?」


そして、“キョーコ”さんがドワネルに残した置き手紙の内容。

「勝手にしやがれ!」

などなど。

なかなかやってくれます。



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2006-07-28 17:05 | ◆映画レビュー
<< 「溝口健二」特集上映 “ラーメン屋ランキング”更新、... >>