古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
最新のコメント
>秋の田のさん こんに..
by nijibabu at 11:50
すみません、仕事中に再び..
by 秋の田の at 10:09
>かっぱ太郎さん ツイ..
by nijibabu at 01:34
最近ツイッターを始めたの..
by かっぱ太郎 at 10:50
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:41
お久しぶりです! 最近..
by かっぱ太郎 at 01:32
>ぁぉぃちゃん やっぱ..
by nijibabu at 23:59
わぁ~おひしー☆彡 覚..
by ぁぉぃちゃ at 23:51
ぁぉぃちゃん、お久しぶり..
by nijibabu at 22:18
映画たくさん見られていて..
by ぁぉぃちゃ at 21:33
>かっぱ太郎さん お久..
by nijibabu at 23:14
にじばぶさんこんばんは!..
by かっぱ太郎 at 23:32
>なるなるさん コメン..
by nijibabu at 22:56
成瀬の「雪崩」は、大佛次..
by なるなる at 22:29
>SSSDさん お久し..
by nijibabu at 00:22
お久し振りです sss..
by sssd18 at 14:22
>かっぱ太郎さん こん..
by nijibabu at 23:43
にじばぶさんお久しぶりで..
by かっぱ太郎 at 23:50
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:20
>Scarfaceさん ..
by nijibabu at 23:18
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


飲酒運転の報い 破滅への道
c0073737_1833176.jpg飲酒運転の報い 破滅への道』(2004)
R-20指定(未成年視聴禁止作品)

上映時間: 27分
製作国: 日本
公開情報: 東宝(劇場未公開)
ジャンル: 社会派ドラマ

監督: 金鐘守

出演: 里見浩太朗
原田龍二

*****************************************************
 無謀な飲酒運転による、悲惨な死亡事故、そして轢き逃げ。危険運転致死傷罪(刑法208条の2)の施行後も飲酒運転などの危険な運転者は後を絶ちません。このドラマは、危険な運転行為をしてしまったドライバーの心の軌跡、訪れる家庭の崩壊、被害者を襲う突然の悲劇、悪質な交通事故の犯罪を訴えます。
(「ふくおか生涯学習ネットワーク」より)
*****************************************************

今回は“劇場未公開”なこちらの短編を。


【注意】
今回のレビューは、ブラックジョークが過ぎる内容が続きます。
お読みになる方は、それを予めご承知の上、お読み下さい。
 



 
何を隠そう、本作は運転免許証の書き換え講習で観たもの。
しかも“違反者講習”。(爆)

したがって、不真面目な違反者のみに視聴が許された“まぼろし”の作品なのです。


、、というのは嘘です(笑)。

実際は、

「現在は、個人販売は行っていませんが、各都道府県によっては視聴覚ライブラリーで無料で見ることができますよ(東映株式会社 教育映像部)」

だそうです。


ちなみに本作はR-20

R-18なら聞いたことあるけど、R-20かぁ。
これは凄い・・・

実話に基づいている上に、“あなたの身にも襲いかかるかもしれない”的な恐怖度は、『リング』以上なのは間違いないので、そういう意味では確かにR-18を超えているかもしれません・・・(謎)

*****************************************************

飲酒運転をし、幼い子供を車で跳ねた上、更にひき逃げまでかますという凶悪犯を演じたのが原田龍二

それを調査する雑誌編集者に里見浩太郎。

そして製作は「東宝」と、運転試験場の違反者講習用ビデオとしては、何とも豪華な顔ぶれ。(笑)

映画好きの私にとっては、生まれて初めて楽しめた(失敬^^;)違反者講習であった。

*****************************************************

さて上記の様に凶悪犯を演じた原田龍二であるが、劇中では何故か“いい人”の設定に。(笑)

これはおそらく、“どんなに人柄のいい人でも、一歩間違えれば「破滅への道」を辿るハメになりますから、他人事ではないですよ!みなさん違反はしないように気をつけましょう”ということを伝えるが為の演出に違いない。

何とリアリズムに欠ける設定だろうか。(笑)

まっとうな人間は飲酒運転をした挙句に、幼い子をはねた(はねた直後はまだ生きていた!)上に、ひき逃げはしないだろうに・・・(一応、数日後に自首をしたことになってはいるが)

*****************************************************

2004年東宝製作、R-20、劇場未公開、幻の短編作品。


今日は“4250円”でいい作品を観させてもらいました。(爆)

ちなみに、講習者の中には泣いていた女性もいました。
私も目が潤みました。(マジです)

リアリティに欠ける部分はあるものの、なかなかに出来のいい作品だと思います。

なので、皆さんも是非、交通違反をして本作を鑑賞する権利を得ましょう!


失礼致しました<m(__)m>

実話に基づいているらしいので、不謹慎な冗談はこのくらいにしておきます。

お後が悪いようで・・・^^;



★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
宿題映画リスト
浅野忠信 作品リスト
 

 
[PR]
by nijibabu | 2007-04-10 18:47 | ◆映画レビュー | Comments(6)
Commented by micchii at 2007-04-13 13:32 x
世の中にR-20の映画が存在していたとは・・・、まだまだ修行が足りません。

むちゃくちゃ観たいんですが、残念ながら「減点0」なので、観れません・・・。

この映画を観るためだけに違反するのもどうかと思いますし(爆)
Commented by nijibabu at 2007-04-14 13:43
>micchiiさん
全体的にベタな展開ではありましたが、コンパクトにまとまっており、無難に楽しめます。
しかも、最後はプチ感動できますし。
なかなか良かったですよ。

「減点0」ですか・・・
羨ましいです。。
過去5年間の違反がカウントされるらしいので、次回も講習ビデオを観ることになるかもです。
次はどんな短編映画を観れるのかな?という前向きな気持ちでいきたいと思います。(爆)
Commented by ansoft at 2009-05-31 15:32
横入りすみません。

私は今回「初回更新」だったのですが、そこで上映されました。
減点0でも、見るチャンスはあるようです。

この映画…鬱になりますね(笑)

(ちなみに今日のBLOGにそのネタ書きました)
Commented by nijibabu at 2009-06-01 18:45
>ansoftさん
こんばんは!
はじめまして。

なんと!
減点0でも見れるんですか??
こりゃ、なんだか損した気分に・・・(笑)

確かに暗い話ではありますよね。
救いの無い話っていうか。
Commented by ケイン at 2010-05-12 23:50 x
はじめまして。
実は今日、私も違反者講習でこの里見さんのお話を拝見しました。

部屋に戻って、検索してここにたどり着いた次第です。

今までのありがちな安っぽいVTRではなく、ストーリーにリアリティがありすぎww
奥さんが昼間に皿洗いバイトときたもんだから、夜は場末のスナックというシチュエーションを密かに期待してしまいました(不謹慎ですみません)。

でも奥さんが踏切で立ち尽くすシーンでは、正直泣きそうになりましたよ。

うちの会社(製造業)にもこういうVTR(安全作業について)を見る機会があるのですが、この位の作品を見てみたいものですね。
Commented by nijibabu at 2010-05-13 22:29
>ケインさん
こんばんは、はじめまして。
違反者講習ですか。
2時間の拘束は、ほんと嫌なもんですよね(苦笑)
今回の免許更新は、ぎりぎり一般者講習区分だったので、何とか1時間で済みました。
その代わり、このときのような重厚な映画を観られませんでしたが(笑)。

会社で、これくらいの俳優にVTR作成を依頼したら、えらく高くつきそうですね。
<< 近日訪問予定のラーメン屋 鑑賞映画リストを更新。(200... >>