人気ブログランキング |

古今東西の名作・傑作をジャンルを問わず貪欲に鑑賞しています。オススメな作品のご推薦、コメントも大歓迎です!
by nijibabu
カテゴリ
◆お気に入り映画リスト
◆映画レビュー
◆映画レビュー索引
◆浅野忠信 作品リスト
◆F・フェリーニ 総括
◆各氏・各雑誌のベスト
◆映画関連 その他
◆ラーメン
Profile
◆なまえ
にじばぶ
◆性別

◆出身地
東京都下
◆現住所
東京都下

◆好きな映画監督
成瀬巳喜男
溝口健二
石井輝男
川島雄三
ペンエーグ・ラッタナルアーン
トラン・アン・ユン
ミケランジェロ・アントニオーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
ジャン・ユスターシュ
ジム・ジャームッシュ
ウォン・カーウァイ(王家衛)

◆好きな映画作品
★10点満点(順不同)
地球で最後のふたり
ナイト・オン・ザ・プラネット
太陽はひとりぼっち
キッズ・リターン
恋する惑星
ピクニック(1936)
乱れ雲
★9点(順不同)
[Focus]
ダウン・バイ・ロー
新・仁義の墓場
都会のアリス
網走番外地
ぼくの小さな恋人たち
他人の顔
ニュー・シネマ・パラダイス
祇園囃子
残菊物語(1939)
穴(1960)
ビューティフル・デイズ
幕末太陽傳
ある殺し屋
飢餓海峡

街の灯(1931)
晩菊
誓いの休暇(1959)
妻は告白する
眼には眼を
月はどっちに出ている
ゆきゆきて、神軍
モダン・タイムス
恐怖の報酬(1953)
君と別れて
劇場版 フランダースの犬
幸福の黄色いハンカチ
パイラン

◆好きなシリーズ映画
STAR WARS
男はつらいよ

◆お気に入り
【俳優】
浅野忠信
アラン・ドロン
レスリー・チャン
金城武
成田三樹夫
市川雷蔵
フランキー堺
池部良
内田裕也
【女優】
モニカ・ヴィッティ
デルフィーヌ・セイリグ
アヌーク・エーメ
ヘレン・ハント
ケリー・チャン
フィオナ・シッ
グイ・ルンメイ
木暮実千代
香川京子
橘ますみ
司葉子
杉葉子
佐藤友美
中山忍
原田知世
椋木美羽
【スポーツ選手】
レノックス・ルイス
ハリド・ハヌーシ
ヒシャム・エルゲルージ
坂本直子
【東京23区】
港区麻布永坂町
品川区東五反田5丁目
荒川区南千住8丁目
【建物】
同潤会アパート
九龍城砦
【乗り物】
都電荒川線

◆相互リンク
時代の情景
良い映画を褒める会。
タグ
(62)
(44)
(36)
(35)
(33)
(26)
(23)
(19)
(18)
(18)
(18)
(16)
(15)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
以前の記事
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タグ:池部良 ( 4 ) タグの人気記事
【訃報】存命90歳代、最後の大物俳優、池部良さん死去
先日、俳優の池部良さんが、敗血症のため92歳で亡くなられました。

個人的に大好きな俳優さんで、こちらのブログでも、自身の「お気に入り俳優」の中に入れさせて頂いていた俳優さんでした。
それだけに、今回の訃報は、とても喪失感でいっぱいです。

ほんと、今年は有名人の訃報が相次いでいます。
こうなったら、三國連太郎さんには、意地でも長く生きてもらいたい!
そんな思いで一杯です。

池部良さんのご冥福を、お祈り申し上げます。



管理人
にじばぶ
 
by nijibabu | 2010-10-12 00:35 | ◆映画関連 その他
黒い画集 第二話 寒流
c0073737_21115342.jpg黒い画集 第二話 寒流』(1961)

上映時間: 96分
製作国: 日本
ジャンル: サスペンス/ミステリー


監督: 鈴木英夫

原作: 松本清張
脚本: 若尾徳平
撮影: 逢沢譲
音楽: 斎藤一郎

出演: 池部良新珠三千代/平田昭彦/志村喬/宮口精二/丹波哲郎/中村伸郎

*****************************************************
 銀行支店長の沖野は料亭の美人女将と深い関係になるが、上役との三角関係の果てに左遷。憎悪と嫉妬に燃える彼は復讐を決意する…。松本清張原作の傑作サスペンス。一見貞淑そうな悪女に新珠三千代が扮し、抜群の味をだす。
(「ラピュタ阿佐ケ谷」作品解説より。)

 原作は松本清張。大手銀行の支店長は料亭の女将と深い関係になるが、そこに上司が割りこんでくる。嫉妬に狂った支店長は上司の不正を暴こうとするが……。打つ手が裏目に出て転落する主人公の姿を悪夢のように描いた不条理スリラー。モノクロの映像美が秀逸。
(「アテネ・フランセ文化センター」データベースより。)
*****************************************************

これはこれは、胸がすくほどの傑作バッドエンド。

これでもし都合よくラストで池部良が救われたなら、凡作となっていたに違いない。


二転三転する出来すぎた展開に、途中、不安になったが、ラストのひねりなし、情け容赦なしのバッドエンドで不安解消!

ストーリーを二転三転させて最後に悪者をやっつける、といった陳腐な娯楽サスペンスとなることなく、弱肉強食の世界を痛烈に表現したのは見事と言うほかない。


c0073737_21193943.jpg要するに池部良は新珠三千代に溺れさえしなければ何も起らなかった。

女に溺れたが為に、順調な出世街道から外れ“寒流”に流れされた。
家族にも逃げられた。

全ては女に溺れたのが原因だ。


男がその全人生をかけて築き上げてきた社会的地位が、たった一人の女性と懇意になったが為に、あっという間に崩壊してしまったのである。

なんという怖い話であろうか。

女というものの奪い合いから生じる人間関係の歪み。
そこから生まれる嫉妬や憎悪。
本当に怖い。


これはおそらく、守るべき物を沢山持っている人ほど怖い話なんじゃないだろうか。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

by nijibabu | 2009-06-02 21:19 | ◆映画レビュー
天上大風
c0073737_18475510.jpg天上大風』(1956)

監督: 瑞穂春海

原作: 源氏鶏太
脚本: 長瀬喜伴
撮影: 飯村正

出演: 池部良香川京子千秋実宝田明/中田康子/河内桃子/田中春男

*****************************************************
 南雲竜太郎は、親友の不動産会社社長に請われ、総務部長として悪玉専務と対決。しかし、社内刷新も一筋縄ではいかない状況で…。サラリーマンの悲哀と正義感が万人の共感を呼ぶ源氏鶏太の代表作を映画化。
(「ラピュタ阿佐ケ谷」作品解説より。)
*****************************************************

サラリーマンものだが、これがかなり面白かった!

特に前半は、サラリーマンの苦悩を生々しく描いており、日頃、仕事でマイっている私としては、苦しみや悩みを代弁してくれているかのようで、胸のすく思いだった。


ところが、池部良がスーパーマン的な活躍を見せるあたりから様子が一変。

私のような平凡なサラリーマンには到底参考にならないスーパーマンぶり。

池部良の様な才能と度胸があったら、誰も苦労しないよ!っていうような徹底した凄さとかっこよさ。

これが惚れ惚れする程かっこいい。
男が男惚れする程にかっこ良すぎなのだ。


元々、香川京子宝田明が共演ということで観に行った本作だが、主役である池部良の圧倒的な存在感とかっこ良さに圧倒されっぱなしだった。

おそらく私が今まで観てきた池部良出演作の中では、最も池部良がかっこよく映っていた作品ではないだろうか。

それくらい池部良がかっこいい!

しかも、劇中で実際にモテまくり。

体格も良く、相変わらず独自のヘアースタイルもキマりまくりだ。

私は毎回、池部良の「時代を超越したヘアースタイル」に注目しながら、池部良の出演作を観ているのだが(笑)、今回もバリバリに髪の毛がキマっていた。

シーンによって、微妙にヘアースタイルが違ったり、なかなか楽しませてくれる。


内容にふれると、先に池部良が超人的な活躍を見せると語った通り、男なら誰でも憧れる見本の様なサラリーマンを演じている。

ヘッドハンティングされて、いきなり総務部長に就任。
そして、社内を浄化して、常務取締役へ昇進。
そしてアッサリ引退。
女性と共に故郷へ・・・

という流れ。


これがあまりに凄すぎて、日々の仕事に追われて働いているサラリーマンにとっては参考にはならない活躍ぶり。

前半は、サラリーマンや上役の苦労を体現してくれて共感もできただけに、映画的な超人的活躍をみせる後半は、少しひいてしまった。


しかし、それほど有名でない作品の割には、なかなか良くできた社会劇ではないだろうか。

香川京子も上品な女性を演じていて良かったし、池部良はかっこよかったし、内容だけでなく、キャスティングでも楽しめる作品であった。


最後になるが、千秋実はすさまじく情けない!
これが堂に入った情けなさ!

これはこれで素晴らしい(笑)。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

by nijibabu | 2009-03-24 18:50 | ◆映画レビュー
若い人(1952)
c0073737_19281762.jpg若い人』(1952)

上映時間: 114分
製作国: 日本
ジャンル: ドラマ/ロマンス/青春

監督: 市川崑

原作: 石坂洋次郎(『若い人』)
脚本: 内村直也/和田夏十/市川崑
撮影: 山田一夫
音楽: 芥川也寸志

出演: 池部良/久慈あさみ/島崎雪子/杉村春子/小沢栄/ジャンヌ・プッシュ/斎藤達雄/伊藤雄之助/三好栄子/南美江/村上冬樹/見明凡太郎/堺左千夫/江島和子/松本光男/沢村貞子/榊田敬/蘭かず子/竹内章子/多田昭子/石井麗子/内村照子/若杉美子/北野八代子/河崎堅男

*****************************************************
 戦前、豊田四郎監督によって作られた石坂洋次郎原作の『若い人』の再映画化である。脚本は、「結婚行進曲」の市川崑、和田夏十のコンビに、「えり子とともに」の内村直也が協力して書き、監督は市川崑が当たっている。撮影は、「お国と五平」の山田一夫。「朝の波紋」の池部良、「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の久慈あさみ、「金の卵」の島崎雪子のほか、杉村春子、二本柳寛、沢村貞子、斎藤達雄、伊藤雄之助などである。
(「Variety Japan」より。)
*****************************************************

c0073737_19341170.jpg池部良と吹雪。

これはまさしく豊田四郎監督の『雪国』を想起させる雰囲気だ。

、、と思ったら、豊田四郎も同じタイトルの作品を1930年代に既に作っていたのかぁ。


女子校の教員で28歳の独身男と、17歳の女子生徒との恋愛を描いた文芸ドラマ。

骨太な感じではなく、どことなく軽く仕上がっている。

*****************************************************

同僚の女教師の扱いがどうも中途半端で、その存在意義が理解できなかった。

教師と生徒との恋愛を描く上で、あの女教師を出す意味が分からない。
話の筋に女教師は要らない気がした。


杉村春子は相変わらず巧く、二重人格の様な母親役を貫禄十分に演じている。

酔いつぶれたろくでなしの母親、献身的に男を看病する女性。

その全く対照的な二役を、本作では見事演じきっていた。

さすがと言わざるを得ない。


そして市川崑監督。

初期の頃には本作のような文芸作品を作りながらも、戦争映画、ドキュメンタリー、そして後期には『犬神家の一族』の様な娯楽サスペンスまで作ってしまう辺り、底知れぬ幅の広さを感じた。




★参照★
作品レビュー目次

お気に入り映画一覧
浅野忠信 作品リスト
 

by nijibabu | 2009-02-23 19:36 | ◆映画レビュー